2017年衆議院選挙が終わりました。20211021日までの国政を付託された465人の衆議院議員が決定。結果は自民党の圧勝でしたが、この結果は日本のIRや既存のカジノ、ポーカー業界にどのような影響があるのでしょう。

IR法案はざっくりと下記のような状況にあります。このブログを訪れる人はIRやカジノ専門外の若い人たちも大勢いるので、輪郭を捉えられるよう簡単に書きます。

IR推進法(カジノ法案)は「議員立法」で昨年暮れ(2016年12月)に成立している。
→ 次のステップとして、 IR実施法の提出に期待がかかる。IR実施法は「閣法」。
・議員立法とは・・?  立法府に所属する議員の発議により成立した法律。
・閣法とは・・?    内閣が提出する法案のこと。内閣提出法案とも。

法案成立までの流れを知りたい人は下記HPへどうぞ。わかりやすい言葉で説明してくれています。
国会議員チェックリスト -法律の作成と成立の流れ- 

ほとんどの国民は法案を作ることは出来ませんが、こうやって、少しずつでも政治や政策に興味を持ち、知識を深め、関わっていくことは国民に与えられている権利です。過去は変えられませんが、未来はまだ誰にも分かりません。未来は未知数であり無限大です。

この度の衆議院選挙は、皆さんにはどのような結果でしたか?
ボランティアや演説を聞くなど、積極的に政治に関わりましたか? それとも傍観者でしたか・・?
私個人としては、都議選後の衆院選ということもあり、かなり注目をしていました。IR議連の先生方の当落もあり、皆さんの今後の活動も気になっています。

 

大企業を退職し、ライターやカジノコンサルタントのフリーランス業務を初めてから4年2ヵ月が経過しました。フリーの仕事はスポット案件が多くあります。スポットは小さなものが多いので、ほとんど表に出ません。また、コンサルタントの仕事は守秘義務があるので、こちらも表に出ません。

「古賀さんは、どんな仕事をしているんですか?」と聞かれるたびに、抽象的な説明になってしまいます。ネームバリューのある企業で働いていたときは、名刺を出せば信用してもらえましたが、今は組織のバックアップがありません。初対面では信用していただきにくい立場です。
明日もわからないような生活で計画性がないと他人には言われますが、だけど、もう終身雇用の時代でもないですよね。「働き方改革」も起こっています。これからは、自分の働き方を選択していく時代なのだと感じています。私の主な略歴を掲載します。私の仕事や活動はこんな感じです。

古賀 美子 (Yoshiko Mimi Koga) 略歴
現職
日本ポーカー連盟 理事長(2017年10月就任)
古賀美子のLINE公式ブログ運営

最終学歴
2011年度 立教大学院ビジネスデザイン研究科(MBA)修士課程修了
主な経歴
カジノ及びIR業歴26年。10歳から5年間インド・ボンベイで育つ。1991年アメリカ留学後、都内でディーラー研修を受け業務開始。ディーラー業と並行して、東京ディズニーシーやジュピターショップチャンネル、MTV、ロードランナーなどで通訳業務を行う。2001年、ラスベガス PCIディーラーズスクールにて日本人初としてBJ、ルーレット、バカラのディーラーライセンス取得。2002年、都庁 『新たな観光資源カジノ』 のカジノ企画運営と責任者を担当。2003年、㈱マツイ・ゲーミング・マシン にてカジノ商品広報・イベント事業部立ち上げチーフ担当。2008年3月、Wynn Internationalマーケティング入社。日本と韓国のVIP顧客のFM/CRトランザクション、ホスピタリティ、社内通訳、経理を担う。20137月、IR(カジノ)誘致活動に専念するためフリーになる。

主なプレゼンター実績
20141月 『JAPIC』 複合観光事業研究会 IR(カジノ)講師担当 (鉄鋼会館)
20145月 JGC IR国際会議モデレーターとして登壇 『地方IRについて』 (コンラッド東京) 
20149月 『ビジネスクリエーター研究学会』 IRシンポジウム登壇 (立教大学) 
-登壇者:大商大・美原融教授、維新・松浪健太代議士、立教・亀川雅人教授、古賀よしこ-
20149月~ 『IRカジノビジネス研究学会』 立ち上げ IR勉強会(開催6)、模擬カジノ(開催2)
201410月 維新・松浪健太代議士のIR勉強会 『松浪塾』 IR講師(3)、司会(1)  
20152月 ホスピタリティ産業シンポジウム登壇 『海外カジノホテルにおけるホスピタリティ』
20153月 国士舘大学 アジア・日本研究センタープロジェクト研究会 IR講師
20158月 相模女子大学 英語文化コミュニケーション学科 観光コース IR講師
20162月 ロンドンICE IR国際会議 Japan IRに英語で登壇 『Recent Casino Operation in Japan  
201611月 長崎県立大学/佐世保市政策推進センターIR意見交換会 IR講師 (佐世保市役所)
201612月 小池百合子政経塾 「希望の塾」 入塾、20172月「都議選対策講座」試験合格
2017 5月 ジャパン・ゲーミング・コングレス国際会議にて英語登壇 (グランドハイアット東京)  
登壇者:①Adam Pliska, President, World Poker Tour、②Ichiro Tanioka, President, Osaka University of Commerce、③Tsuyoshi Tanaka, Chief Editor, Amusement Japan、④Eric Persson, General Manager and Senior Advisor of Product Development, Aruze Gaming、⑤Koji Ishikawa, Tokyo Managing Shareholder, GreenbergTraurig、⑥Raymond Chan, Co-Founder and CEO, TGG Interactive
・2017年東京都議会議員選挙にて、江東区より無所属で初出馬。9日間で3,172票を獲得。結果:落選。

執筆実績
200512月 『カジノ&イングリッシュ -ブラックジャックをやっつけろ-』 出版 (碧天舎)
20138月~ 『CASINO JAPAN Vol.28,29ヨーロッパカジノ、イベント取材執筆 (プリンツ21
20145月~ 日刊スポーツアミューズメント コラム 『カジノ超ミクロばなし』 (15連載/日刊ウェブ)
20146  『カジノで学ぶ英会話』 電子書籍出版 (Sonyグループ OtoCoto)
20149月~ 月刊誌MADURO 『ジジイのカジノロワイヤル』 コラム (6連載/セブン&アイ出版)
201510月 月刊誌STORY11月号 『あなたの服にはストーリーがある』 登場 (5ページ/光文社)
20157-20173月 有料メルマガ 鍛野ミミの 『カジノの目線で』 (41連載/株式会社まぐまぐ)

7d496b37b624b60bafc244a3705074e5.png
 
https://pokerjapan.jp/
-------------------------------------------------------

事長就任のご挨拶

この度、一般社団法人日本ポーカー連盟の理事会において理事長を拝命いたしました。大変、光栄であるとともに、将来性のある業界に携われることを嬉しく思います。そして業界の発展に貢献できるよう、全力を尽させていただく所存です。

皆さまもご承知のとおり、日本のポーカー及びカジノシーンは、ここ数年間で目覚ましい成長を遂げております。2017 10 月現在、風営五号営業のもとで「アミューズメント カジノ」として運営を行っている店舗は 15 軒以上あります。フジロックやサマーソニック、ホテルなどで活動を行い 10 年間で累計 120 万人を超える顧客を開拓、人をつなぐ「コミュニティー空間」としてのカジノを提供してまいりました。

昨年 12 月には IR 推進法が成立し、昨今では次のステップとなる IR 実施法の提出が期待されております。正式なカジノ(IR)の施行に向けた活動を円滑に行うためにも、これからの数年間は関係機関と連携を図りながら、準備を進めていく大切な時期でもあります。ポーカーやカジノを愛する方々と共に「人とゲームの融合」を改めて実践し、ポーカーを含む日本型IRを世界に提案していく時であると実感しております。
皆さまにおかれましては、今後とも当連盟の活動にご支援とご協力を賜りたく、何卒よろしくお願い申し上げます。


2017年10月 吉日
一般社団法人日本ポーカー連盟
理事長 古賀美子

↑このページのトップへ