18-09-26-12-05-25-426_deco.jpg
セルフネイルを楽しむために!

よくコメントでもあるのが


  • どうすれば綺麗に塗れるのか!
  • なにかコツとかありますか?

など聞かれますw

こればかしは、

経験、慣れ!しかねぇーーー!!!!
と、言っております。


んが!!!!!

まぁ、案外、一度は私なりの伝え方でやると、そこか!!そんな違うか!え?ていう気づきもあるかもなので!

まずはこの動画を見てください。
細かく後で説明します。ʕ•ᴥ•ʔ✨

 
二、三部作?になる予定w

まずは、
18-09-26-12-23-56-460_deco.jpg
平筆(左)    丸筆(右)

種類があります。


刷毛先も、
ラウンド(左)   スクエア(右)

種類があります。

一般的に塗りやすいと言われるのが
平筆。
そして、ラウンドだとなおよろし。とされている気がする。

100均ネイル、付録ネイル、プチプラネイルも平筆が増えてる気が!
※勝手に思っているのだがほかの方はどう思っているのだろうか・・・・



では、普通に塗る説明します。
なんだ普通ってw





エッジからぬる。
ハゲ防止策☺️
18-09-26-12-34-09-483_deco.jpg


実はスタートは一歩手前から✨
18-09-26-12-34-40-853_deco.jpg

↓矢印へむかって押し広げる!
これポイント!
18-09-26-12-35-15-842_deco.jpg

動画でもう一度確認してね?
押し広げることで、刷毛が扇型になるの!
しかも、角度で扇のでき方が違うのです!

まず、刷毛を爪にのせてない時はこれ。
18-09-26-12-12-15-813_deco.jpg



これを、爪にのせるが

少し寝かせて塗るときの刷毛の扇具合。(上)
かなり縦らかせて塗る扇具合。(下)

18-09-26-13-03-34-171_deco.jpg
18-09-26-13-04-11-578_deco.jpg
こんなに違うのですよ。

なので、ラウンドだとはじめから丸い上に、塗り方次第でラウンドでなくても
爪の面にあわせて
キューティクルラインのあの丸さを調整できるのですね。





できればこのキューティクルラインの形成は一発でやりたい!!!
そのためにど真ん中スタートなんでしょうかね?





一発で出来ないなら別に真ん中からやる必要があんのか?とういう疑問があり別のぬり方も判明したのでそれはまた次回へ続くって感じなのだ。ブツブツ・・・独り言をよく言います。









あとはこのようにエッジに向けて塗ります。
18-09-26-12-35-49-157_deco.jpg


サイドも塗りますが
平筆だとサイドの塗りしろも少なくて済む。
18-09-26-12-36-32-495_deco.jpg
一度塗りのときに、この
キューティクルラインやサイドのぐるりを
綺麗に決めておくべきらしく、

気合いをいれて塗りたいのですよ。


この画像のように、
若干塗りムラ?
少しかすれたり透けてたりでも
縁取りがしっかり決まってたら良いのです。

これくらいのほうが一度塗りが早く乾く。
厚塗りになると二度塗り目にムラや、乾かなさすぎるなどヨレの原因にもなるので!

18-09-26-12-36-59-014_deco.jpg


平筆は
次の画像を見てもわかるように
幅がひろーい!
18-09-26-12-40-18-192_deco.jpg
素早く
塗りやすいイメージ。


勿論、爪の面積も個人差あるので
平筆苦手!て方もいて当然!

実際、私でも親指と小指の差があり

先程の平筆をそのまま塗るとはみ出ますw
18-09-26-13-17-52-478_deco.jpg

なので、平筆の場合は
縦にすると、かなりほっそらしてくれますので、小指はそのようにして塗ります。
18-09-26-13-17-21-188_deco.jpg
18-09-26-13-16-59-229_deco.jpg
縦にすると丁度良い。





ただね、どの指もですが、


ベースコートで爪の表面を整えてない、凹凸があると
いくら扇に丸みを作り、キューティクルライン攻めこんでも、刷毛が届かないでガタガタすることがあります。


なので、ベースコートで表面を整える必要はやはり大事で、
そのつるつるのベースコートの上だからこそ、きれいな扇に広がり、丸いキューティクルラインが形成されやすいのだろうなと、やっていくうちにわかってきました。
刷毛に乗せてる液量も関係しますけどねw


失敗して
はみ出ることもある。
すかさずブラシでとって欲しい!
鋭利な爪楊枝とかでキューティクルラインはとらない方がよいです。




ポケットに。。。入ってきたないし、
それでやりすぎると危ないよ?
炎症起こしたことあります私w
※ポケットは甘皮処理したらできる、歯周病になるようなポケットのイメージわかる?あれだよあれwだから甘皮処理でもやりすぎはバイキンはいるから危ないのw歯周ポケットはむしろ掃除しろってやつだけども、甘皮の部分のポケットは気をつけて!!!








綿棒も頑張るもののやっぱこんななるし。
まぁ、これは、大袈裟な失敗例を作ったのですけどねw
18-09-26-12-06-07-710_deco.jpg


乾きすぎると、はみ出た部分をぬぐうのが一苦労。

早めの対処が大事だけども、

一番ははみ出さないで塗る!!!!!

慣れ!
経験!大事!

それまでの努力過程ではみ出たときの対処なども、やはり、ブラシでが一番良さそうなんですよねー。。。

それはまた後に!動画にしてみます!








今回は
  • 平筆・丸筆の違いからの平筆メイン!
  • キューティクルラインの攻め方!


などでしたが、


次回は、丸筆!!
実はね?
塗り方、キューティクルラインの作り方、他にもあるんです!

むしろこれを覚えてる方が綺麗にできるかもしれない!

いや、すんごく個人差あるけどね。


何事も!
絶対これが正解なんてない!

だって、人それぞれで

人には人の爪がある。←
人間なんだも。←


色々とまぁ、聞いたことあるげなあれですが、こうでなければならないってことではなく、いかに自分を知り、それ似合うものを見つけ出すか!!!

ここが楽しめる秘訣。
綺麗に塗れる秘訣。

だと、私は思ってます。
なので、私は私。でよいのですよね!

ちなみに、刷毛は
ボトルについているもので選べない。。。
だけど、マニキュア専用の刷毛キュアブラシが登場してますからね!

今回はその刷毛を使って分かりやすく説明してみましたので!!


キュアブラシはこちら!
↓↓↓

付属の丸筆で
上手く塗る方法をまたやりますね!


これで少しでも伝わればなー✨ʕ•ᴥ•ʔ

綺麗に塗れると、楽しくなっちゃうから!

自分でできる楽しさを味わってもらいたいし、学生さんも、主婦さんも、キャリアウーマンもw
男性も!!!ジェンダレスなかたも!


みーんな、
心をときめかせて美しいってことに心を踊らせて欲しいな✨


指先ってガン見しないけど、
さりげなく影響力たかい名脇役て存在。


所作を品よく見せるのも指先、手の動きですもんね。


c channelフォロー✨
❤️いつもありがとうございますʕ•ᴥ•ʔ


ではまたねー!