月別アーカイブ / 2018年05月

これは傑作
読まない人は
子どもだった自分も
大人になった自分も
大切に扱えていない

生徒にオススメされた
かがみの孤城

最強。


保護者の方々は
絶対必読書


子どもたちがなぜ親に
悩みを言えないのか

気持ちが分かるはず


そして
仲間や誰かに
話せるから

親にも話せる

それも分かるはず


私は
今までのクライエントさんに
本当により添えていたかな…

たくさん反省もしました…


絶対必読書
wB5D1aRy28.jpg

ご相談にいらっしゃる方の多くは

「私みたいな悩みの方いますか?」
と聞かれることが多いです


それはうつの方
不妊の方
摂食障害の方
不登校の場合
いじめの場合
それぞれ言葉は違えど


こんな状態なの
私だけ?
と苦しみを語られます


学校での勤務の場合
休み時間に
子どもたちが利用していたり
ご自身の相談の前に
別の保護者がいたりすると

どうやら
ホッとするようで


他にもいらっしゃるんですね

とほとんどの方が
話します


みんな
孤独感と戦っている最中なのかも
しれません


同じ境遇の人と会うと
ホッとする方も多いので

自助グループを調べて
お知らせすることもあります

お子様を小児がんでなくされた保護者の会
双子の会
不妊の方の会
ADHDのお子様の会

アルコールやシングルマザー・ファザーの
サポートを行っているところも…


参加して癒される時も
参加して辛くなる時もあるそう



皆さんはどちらでしょうか?


私は孤独感は誰しもが
持つものなので

ちょっとだけ
それを楽しめたら…と

自分のココロと
向き合ってみています

CWK8josBSI.jpg

皆さんは
困った時に

誰に相談しますか?

親?
友だち?
先生?
上司?


最近では
ネットで調べる人が
多いのでは
ないのでしょうか?


私はすぐに聞いてしまいますね、
先輩たちに
仲間に。

考え不足で
聞きすぎなのかもしれないです

自分で考えろって
感じかしらね


もう何回も何回も
考えてから
言葉にしているつもりですが
整理できてないから

もっと
考えなさいって
アドバイスも
あるんでしょうね



さて。
最近では
SOSの出し方教育
なんてものも。


↑このページのトップへ