楽しみにしていた研修

開催場所は、東京大学
附属病院はお邪魔したことが
あったのですが

構内ははじめて

紅葉がキレイでした



xD3nvt2Dif.jpg


(遅すぎる紅葉…)



研修のテーマは、
「いじめの本質を理解し、予防するために」でした

登壇された先生方
全てのお話が興味深く、

時に涙が出る内容で、
いじめを理由として
自殺という選択肢を選ぶ子どもが
本当に1人でもでないよう、
絶対大人が予防しなければと
固く決意しました


加害者・被害者と表現するのは
あまり良くありませんが、
わかりやすく用いると、


その加害者・被害者、
そのクラスの子ども(傍観者)、
あおる子ども(観衆)、

その保護者、

担任とも面談する
スクールカウンセラーとして、
どういうステップで、予防をしていくか、
また、対応を即座にしていくか、

やるぞ!と、

火がつきました。


さらには、
「大人が何気なく作り出すいじめ」や
「ソーシャルスキルのなさが、
いじめと捉えてしまう」など、
普段から心がけていたけれど、
見落としがちな視点、
SNSの怖さ、 
遺書を用いた法教育、
道徳の授業の工夫、
など伺えました。



はじめての東大赤門と、
遅すぎる紅葉のイチョウとともに、
自分の生きる道を
まっすぐ進もうと
決意した一日となりました。



XtMPkU46gz.jpg



学校教育にヨガを。
candrika promovel