毎週日曜日の朝8時半からニルヴァーナ ヨガスタジオ 光ヶ丘にて
リラックスヨガを担当しているチズです

これまでこちらのヨガクラスにご参加の方は、色々な方がいて、季節やご参加の方の体調に合わせてレッスン内容を工夫して参りました
一方で、臨床心理士が行うヨガって?
他のヨガとどう違うの?
リラックスヨガって、どんな内容なのかな?
という疑問を生徒さんが持たれているのではないかなと考えたり、充分満足できるヨガクラスを提供できていないのではと私自身がモヤモヤすることがあったりしました
もちろんどの方とも楽しくヨガを通して学びを得たり、「スッキリした」と言っていただけて、良かったと思うことも多くありましたが、私の持つ心理学の知識や経験とヨガの奥深さをつなげたヨガクラスを行いたいと考えました

そこで、今月からは3つのグナとポリフェーガル理論を組み合わせた視点から、生徒さんたちのストレス度合いを見立て、クラスの1番始めのポーズとシャバアーサナに入る前のポーズを選択できるように工夫したシークエンスを提供していきます

つまり、ヨガ・セラピーの視点を盛り込んだヨガクラスになります
通常、ヨガ・セラピーと言われるものは充分なカウンセリングがあったり、1対1であったりと、その方に合わせてクラスの内容が提供されるものです
しかし、「なんとなく不調」という方やストレスを多角的に説明出来る方は、そう多くはないと思います
また、他の生徒さんもいる中で、大きな悩みを抱えていても、「これで悩んでいます」なんて言いづらいでしょう
生徒さんの体調を確認するために、「肩は痛いですか?」や「腰はどうですか?」という視点ではないところから、
相手のストレス値を測る(見とっていく)ことは、臨床心理士としての手腕が問われるところです

あまり考えずにヨガに来てみたらまるでカウンセリングも受けたみたい!という感覚になるお手伝いをこのリラックスヨガでしていきます


〈クラス内容〉
3つのグナの特徴や気持ちの表現の仕方から
4つのポーズのうちいずれかを選択してはじめに自分を味わう時間を取ります
右・左、上・下、の固有感覚の癖を見つけながらポーズを味わいます
バランスポーズとねじりのポーズから
それらのポーズに向かう感情を観察し、
心のクセを防衛機制(フロイトが提唱した精神分析で用いられている考え方)の種類から整理していきます
自分の心のクセを見つけたら
私とともに選ぶ自分の軸を作るポーズを選びます
手放すためのボディスキャンをして、
最後は全てを手放すシャバアーサナです

マットの上で、ご自身の心と体をゆっくり丁寧に見ていく時間を共に分かち合います



木曜のリラックスヨガは趣きが異なります
マタニティさんOK
子連れの産後の方OK
季節や気候に合わせてヨガクラスを準備しています
テーマは波立てない心


金曜のシニアヨガはとにかくおしゃべり長め
がんばるタイムとおやすみタイムをうま〜くバランスよくとっています
最近では難しいポーズにも挑戦!
諦めないをテーマに行っています
もう一呼吸!と粘ります


お問い合わせ・ご予約などは
こちらから
お待ちしております