Cal

前回紹介したiPhoneに外付けマイクとヘッドホンを繋いでカラオケや配信する機材ですが
Amazonで早速買ってみました。

結論を申しますと
マイクが認識出来ませんでした。

先ずは
iPhoneの充電しながらLightningのイヤホンマイクが使えるやつです
これは使えました
充電しながらLightningイヤホンマイクを使うことができます。

そして次に
Lightningイヤホンマイク端子を
ミニジャック端子に変換するやつも
大丈夫でした。

iPhoneに付属しているやつも使えました。

このミニジャックのイヤホンマイク端子に
古い機種のiPhoneに付属のミニジャックの
イヤホンマイク
これを繋いでも使えました。
コントロールも出来ます。

先ずここまでは大丈夫

_var_mobile_Media_DCIM_104APPLE_IMG_4711.JPG

まあこれだけでも充電しながらiPhoneでカラオケも配信も出来ますけど

でも外付けマイクをつなぎたい
_var_mobile_Media_DCIM_104APPLE_IMG_4715.JPG
このミニジャックからマイクとヘッドホンに分けるやつのマイクが認識されませんでした

_var_mobile_Media_DCIM_104APPLE_IMG_4714.JPG
ミニジャックのヘッドホンは使えますので
マイクが認識されませんでした

前回のブログでこれを紹介してしまい
本当に申し訳ありません

これからは実際に確認してから
ブログに書きたいと思います。

次の方法を考えてみます

では
これで失礼します

追記
他の方が書いた記事等見ても
方法は間違えてないようですが
どうやらマイクがモノラルのピンジャックではダメらしくそれが原因かもしれません

そこでステレオピンジャックのマイクを
買ってみたいと思います。


自分で使う訳では無いのですけど
昨日ゆりちゃんの配信見てて
ヤマハのAG06買ったって言う話で
なんやそれ
って思ったのがきっかけで
自分もオーディオマニア(古いw)で
カラオケも好きなので
昔はアナログのミキサーは使ってました

今や時代はディジタル時代
(言い方が古いw)

パソコンのUSBオーディオ機能で
音を取り込み
アプリでいろいろと遊べるんですね

もちろん配信にも使えます

でもお高い
もっと簡単に外付けマイクやヘッドホンを使えないかと
調べてみました

先ず配信では
皆んな大体iPhoneのイヤホンマイク使ってそのまま配信してますよね

しかしながら
マイクがイヤホンと一緒なので
コードのガサガサ音とか
特にカラオケの時は口元に近づけないと
音が小さかったり

そこで本格的な人は
ちゃんとしたマイク使って配信してます

しかし
iPhoneに外付けマイク使う為には

簡単にやるなら
ヘッドセット使うのが簡単ですね

マイクを手で持たなくてもいいからです
まあアイドルさんの配信は
ヘッドセット使ってる人は皆無
見た目が可愛くないからでしょうね

いずれにせよ
iPhone使って外付けマイクで配信するには
iPhone6まではイヤホン端子あるので
楽ですが
iPhone7からの機種はLightning端子しか有りません
そこで
Lightning端子に外付けのヘッドホンを接続する
ケーブルが必要になります

そしてその前に大切なんですが
配信してる方の殆どが
配信中にバッテリー切れになってしまう
それを解決するには

これを使います
充電器繋げて イヤホンマイク繋いで使うだけで充電切れにはならないでしょう

似た物がたくさん売られてますが
充電と通話対応になってるやつでないと
イヤホンのマイクが使えません
外付けマイクでも同じです

これも対応しています
しかしこれらは
Lightning端子のイヤホンマイク用なので

もし外付けで本格的マイクとイヤホンとかヘッドホンを繋ぎたいならば

Lightning端子を普通のイヤホンジャックに変換して

さらにイヤホンジャックを
マイク入力とヘッドホン出力に分けるプラグを使う必要があります

先ずは
Lightning端子をイヤホンジャックに変換
通話対応タイプしかダメです
これも対応してます

そして
このイヤホンジャックを
マイク入力とヘッドホン出力に分けるやつは

Amazon | 3.5mm オーディオ 変換 アダプタケーブル オーディオ変換ケーブル ヘッドホン ヘッドセット ヘッドフォン マイク変換用 Y分岐 ジャックコネクタケーブル PC/PS4/Xbox One/Androidスマホ対応「iPhone/Xperiaに不対応」 | Oriku | ステレオケーブル
3.5mm オーディオ 変換 アダプタケーブル オーディオ変換ケーブル ヘッドホン ヘッドセット ヘッドフォン マイク変換用 Y分岐 ジャックコネクタケーブル PC/PS4/Xbox One/Androidスマホ対応「iPhone/Xperiaに不対応」がステレオケーブルストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。
www.amazon.co.jp
追記
マイクはモノラルミニジャックではなく
ステレオミニジャックでないとダメでした
ですので下記のマイクは
モノラルタイプなので使用出来ませんでした。
またダイナミックマイクは使えますが
音量が不足気味でした。


マイク入力には
ダイナミックマイクが使えます
マイクはいろいろありますけど
コンデンサー型は音が良いのですが
専用のアンプが必要になりますので
先ずはダイナミックマイクで手持ちで使えば
いいと思います。
例えば
端子が3.5mmのミニジャックのタイプですが
標準ジャックをステレオミニジャックに変換すれば
他のマイクでも使えます。
このマイクは標準ジャックですので
変換には
これを使います

そしてヘッドホンは
ミニジャックのタイプならイヤホンでも使えます

追記
マイクが認識しない原因が
どうやらマイクがモノラルタイプのピンジャックでは対応しないようです
しかもダイナミック式では感度が足らないのかもしれません
マイクも実際に使えるやつを探してみたいと思います。

以上がiPhoneを使って外付けマイクとヘッドホンを使う方法ですが

ヘッドセットを使いたい方は
こう言うのがあります

Lightning端子につなげます
充電しながら使う場合は
先の説明で充電しながら使えるアダプターに
このヘッドセット繋げば使えるはずです
(実際に試してないのであくまでも予測です)


さらに本格的に
ヤマハのAG-3とかのミキサーを使えば
コンデンサーマイクも使えますし
ギターなどもミキサーでミックスして配信できます。

AG-3はiPhoneにカメラアダプターケーブルを使ってUSB接続できるらしいので
iPhoneも使えます


格安のデジタルミキサーもあります
5278円ですからねかなり安いですね
でも音は良いらしいです

しかしiPhoneには繋げられないらしいです

デジタルミキサーって
USB接続で
USBオーディオの機能で
マイクやヘッドホンとして認識させるんですけど
USBから電源をもらうので
パワーが足らないらしいですし
元々iPhone側も対応していない

対応しているのは
やはりWindowsとかMACとかのパソコンです

パソコン使えば対応するデジタルミキサーが
たくさんあります。

そしてshowroom もパソコンで配信出来ますし
画面も大きくて電源の心配も無しで
使うことが出来ます。

私はパソコン好きなので沢山持ってますが
ヤフオクで中古で買ったのばかり
MacAirも3万円出せば買えるので
やはりパソコンは中古ですね
もちろん新品がベストですけど
お高いですから

以上 簡単ですが
調べた結果です。
自分は配信しないけど
もし配信で簡単に外付けマイク使いたい方は
参考にしてみてください

最後に
Lightning端子に繋ぐマイクも売ってますけど
showroom の場合カラオケ機能で
カラオケ音声をヘッドホンで聴きながら歌うので
マイクだけの接続ではダメなんですよね

と言う事で
いろいろ調べてみましたが
自分で実際に買って使ってないので
保証出来なくて申し訳ないです
なので
そのうち自分でも遊んでみたいので
試してみたいと思います
いろいろ試すのが好きなんです

では
ここまで読んで頂きありがとうございました
失礼します

Showroomの話です
今まで星を集めるのは毎回やってました
推しの配信が始まるまでに
他の人の配信を見に行って
30秒待つと5種類の星全て10個づつ貰えます
アマチュアの人の配信は星ではなくて種?が貰えます。種が育って星になるって事なんでしょうね


まあ星の方を集めてるので種の場合は
申し訳ないけど直ぐ出ます

そして これを10回繰り返せば
星が満タンになります
星は最大99個で満タンです。

それを配信始まったら
全部投げて、そしてまた他の配信を観に行って
星を集めてまた投げる
(10個単位で投げるとポイントアップされます)
この時 推しの配信見てコメントもしながら
他の配信観に行くと言うのが
めちゃくちゃ大変ですね
スマホ二台あるので
一台で観ながら、もう一台は星集め専用にしてました。それでも大変ですね。

星集めして投げてまた集める場合
1時間待たないと集められません
なので1時間以内しか配信がない場合
事前に集めて投げた分と
新たに集めに行った分の二回しか星を投げられ無いんです。

つまりこれで二周したと言う事なんですが
なんと三周する方法があって
ここに星捨てと言う言葉が出てきます
最初 星捨てるの?
せっかく集めたのに?
全部?

いろいろ謎だったんですが
理屈が分かれば、なるほどの世界

配信時間中に3回目の星集めに行けるのが
この星捨ての方法なんですね

配信時間中なので
配信が始まって貯めておいた星を投げて
また集めに行って投げる
普通はここから1時間待たないとダメなんですが

このタイミングで3回目の星集めを可能にするため
このタイミングつまり
2回目の星を投げ終わる時間
そこからあらかじめ1時間前に星を捨てておく

その1時間前って あらかじめ星が満タンになってなければダメなんですが
満タンの状態で他の配信を観に行って
30秒経つと星が満タンなので溢れて捨てられるんですね。だから星捨てって言うんですね

ここで星捨てのタイミングから
1時間前までに満タンにしておく必要があるんです

つまり星捨てのタイミングから
1時間後に
次の星集めが可能になるようにするんですね

そうすれば
配信始まって
満タンの星を投げて
星集めに行って投げて

そこのタイミングで次の星が集められるようになる
遡るとその1時間前に星を捨ててるからなんですね

まあ分かってしまえば簡単なんですが
分かるまでが大変

星捨てのタイミングが重要になります
配信が始まって2回目の星集めと星を投げ終わるまでの時間を自分のペースで計っておいて
それが10分で終わるなら
余裕を持って15分で終わるとして
配信から15分後に3回目の星集めに行けるには
その1時間前に星を捨てておく
つまり配信開始の45分前です。
配信の45分前に 他の配信を観に行って
星を溢れさせて捨てる

でも実は45分前だと実は危険なんです
配信開始が遅れる場合があるからです

3回目の星集めが始められる時間迄に
2回目の星集めと投げる二周目が終わっておかないとダメなんですね
そうしないと
2回目の星集めやってる時間の時に
最初の1時間のリミットが解除されて
次のリミットの時間がスタートしてしまうからなんです
リミットがスタートすると二回目の満タンで
リミットが来てしまい
もう1時間待たないとリミット解除されなくて
三周目の星集めに行けなくなる

だから配信の遅れも予測して
星捨てのタイミングを決める必要が有ります

まあ1時間配信なら
30分後に三周目の星集め行けるようにするのが安全ですね。
45分後でも良いけど
そうすると三周目の星集めが大変になります。

今ちょうど30分の配信時間である
配信イベントやってます

_var_mobile_Media_DCIM_104APPLE_IMG_4670.JPG
これに参加してますけど
30分しか配信がないので
これで三周するには
配信開始から15分後に三周目行けるようにしたいですね。

それを推しのめうちゃんが説明してくれてます
配信開始から15分後に三周目行けるようにするので
そこから遡って1時間前の配信開始45分前に星捨てておく
つまり他の配信観に行って満タンの星を溢れさせる

そしてその星捨てのタイミングから1時間前迄に
星を満タンにしておく
つまり配信の1時間45分前までに満タンにしておく

30分配信での三周はかなりキツイです
星集めと星投げる時間を短縮したい

その為にアプリも出てます
パソコンアプリなんですけど
スマホもあります

ここを読めばアプリの説明が有ります
実は私も使い始めました
星を投げるのに最初私も手で連打してたんですが。500個連打するのは疲れますからねw
他の人が一瞬で星を投げてる様子観て
調べたんです。
そしたらアプリが有りました

使い方とか覚えるのが大変でしたね
やっと使えるようになった
星集めも自動でやってくれるんですが
パソコンでしか出来ません

しかも10個も他の配信ルームを同時に開くので
パソコンの能力と回線の速度が重要
自分の場合 一つしか開けなかったw

回線速度も遅いしパソコンも遅い
そのためまずはパソコン買いましたw
それでやっと二つ開けるようになったんですが
やっぱ回線速度が遅いので
光回線とかに変えたいですね

でも昼間の配信なら
回線速度も落ちてないので大丈夫

夜がダメなんです
モバイル回線のWiFiルーターは特に
回線混んできて速度が落ちます

最近の自粛生活で家で仕事するので
回線が激混みですからね

これからの世の中
5Gとか高速なモバイル回線も出てきてますし
個人も投資しないとですね

と言う事で
星捨て初体験の話でした

長くなってすみません
読んで頂きありがとうございました

では失礼します

追記
書き忘れてましたが
showroom で
半角数字でコメントで1から50まで
コメント書いて出すと
コメント欄には現れずに
コメントのポイントになります
実は最初自分も手で書いてて
途中でどこまでカウントしたか分からなくなったりしてたんですが(歳w)
これもアプリで出来てしまうんですね
世の中楽になったもんです

↑このページのトップへ