今年の4月、5月で大好きだったアイドルが立て続けに引退して、どうしようかと路頭に迷ったオタクは、桜エビ~ずによく行くようになって昨日は新宿BLAZEツーマン&ワンマンだった。

2部はワンマンで桜エビにとってこの段階での最大キャパにもかかわらず満員で、みっぴちゃんの喉の不調があったにしても素晴らしいライブだった。

1000人キャパの初ホールワンマンが発表された。今年の夏の勢いから見ると少ないような気もするけどそこは色々と考えがあるのだろうと思う。

 

なんで桜エビ~ずに行くようになったかというと12ヶ月連続配信の曲がどれもよくてライブで聞きたかったから。

特におねがいよとか214とかのスローテンポの曲が自分的にはかなりグッとくる。

リンドバーグは振りも簡単で無条件に盛り上がる曲だけど、音が少ないから歌唱力がないと露骨に実力が表れてカバーすると大変なことになりそう。

音源化されていないcan't go back summerが軽快な曲調でまたいい。

 

曲がいいのは周知の事実だから、自分なりに各メンバーの所感を書いてみる。

 

めっちことあやめちゃん

第一印象は歌がうまくて気が強そう。

この印象は今も変わらず、特に好きなのが声の伸びでおねがいよの2番サビ最後の"あなたのことをいまも"はぜひライブで聞いて欲しい。

昨日のホールワンマン発表のときも、他のメンバーが泣いて喋れなくなるなか(みっぴちゃんはただ単に喋れなかった)しっかりとMCをこなして流石自称リーダーだと思った。

あとは一番ライブ中オタクのことを見ているように感じる。

 

水春ちゃん

スタプラの中だったら声量と歌の表現力で1番だと思う。

それに加えてダンスがかっこいい。

頭のてっぺんから指先、つま先までを使ってダンスしている。

214とかで見せるかわいい振り付けでのギャップにドキッとするときがある。

MCとかブログ、握手会で喋った印象から頭がいい子だろうなと思った。

 

もあちゃん

中2で完成された顔立ちをしている。

綺麗な顔なのに天然なところがまたかわいい。

ライブ中のオフ・ザ・ボーカル(球技のオフ・ザ・ボールみたいな感じで歌っていないとき)の表情がすごく豊かで見ていて楽しい。

昨日の最後の挨拶で喋り終わったあとに堪えきれなくなって泣いてしまったときは、あそこにいたみんなが"あぁ、もあちゃん"となったと思う。

 

みっぴちゃんこと美里ちゃん

無邪気なところがかわいい。

爆笑したときに口を思いっきり開けて肩を落として笑っている姿がすごく好き。

かわいいの押し売りをされるけど、本当にかわいいから自分がそれでキャッキャ騒げる人間ではないので反応に困ってしまって申し訳なくなるときがある。

ライブ中に遠くを見つめているときのせつない表情がいい。

みっぴちゃん曲のグラジェネが1番好き。

 

りじゅちゃん

ザ・美人。

一生懸命で真面目な姿に心を打たれる。

ライブでよかったところを褒めると本当に嬉しそうにしてくれて幸せになる。

リンドバーグのりじゅちゃんパートは体感で1番コールが大きいように感じる。なんなら自分がライブ中で1番声を出すのがそこ。

意外と交友関係が広いから聞いたら、自分からではなくよく声をかけられるらしい。一緒にいるてずっと見ていたい感じがある。

あとインスタのストーリーがかわいすぎる。

 

空ちゃん

推し。

自由なところがすごく好き。

決まった振り付けをしっかりとやることも大事だけど、空ちゃんはそんなの関係なしにその日その時にしか見れないことをやってくれるからライブが見逃せなくなる。

何がそんなに面白いのかライブ中よく笑っている。アクションカメラをつけて茜空目線の映像を見てみたい。

自己肯定感が低いのか向上心が高いのか褒めるとまだやれるといつも言う。

歌、ダンス、表情すべての表現力が素晴らしい。

 

だいたいそんな感じ