2022年1月公開予定 
宅建ダイナマイト合格スクールBチー
ムがお送りする、
【世界一面白い宅建士登録実務講習】
のテキスト類を鋭意?制作中!

業務総論、受付業務、調査総論の初稿
が上がり、現在は公簿調査。
こちらは1コマ半(90+45)くらいかけて
講義しているところでもあって力入れて
ビッシビシやっているというアレ。
このあとは現地調査・聞き取り調査、法
令上の制限調査を月内くらいに。
価格査定、媒介契約、広告をGW明けく
らいまでに仕上げていこう。
5末にテキスト編の初稿を終わらせる
予定でやっていくというアレ。
6月には資料編と演習ワークブックが
くっついている(又は分冊)ほうを。
7月は校正やれるか?やるって!
やってやるって!

わしが講義するなら、どんな会社のどん
なテキストでも面白くやれる自信はある
のだけど、自前のテキスト作って、あとは
後進の育成なんていうのもある。
なんせ、わしが今年で波平さんと同い年w

そういう訳で5月中旬くらいからは、
宅建ダイナマイト合格スクールBチーム
【世界一面白い賃貸不動産経営管理士】
のテキストにも取り掛かるから、
予定通りに終わらせないとイケナイ!

賃管も賃貸管理業法の業務管理者にな
れる資格に宅建士があったこともあり、
去年までのバブルに歯止めがかかる?
なんていう懸念はなきにしもあらずだけ
れど、我々Bチームの目的は、本家の宅建
ダイナマイト合格スクールと同じく

試験勉強のエンターテイメント化

だったりする。
面白くなければ試験勉強じゃない。

あなただけの試験勉強劇場になりたいw

そしてなぜかアンダーテイカーw

ゴールデンウィークでは
毎年沢山の人たちが
試験勉強を挫折する。
生き残れた人だけが、
確変の夏を迎えることができる。

解説
4月に勉強を始めた人の
最初の関所はゴールデンウィーク。
民法がわけわからなかったり、
過去問についていけなかったり、
色々と理由はあると思うのだけど
10日間も教材を開かないのが
一番の原因になる。
試験勉強はある意味、生活習慣だ。
一度やめた習慣は
なかなかもとには戻れない。
ゴールデンウィーク中も1日30分、
試験勉強を続けていこう。
夏まで続けていくことができれば、
次の展開がやってくる。

宅建試験合格のヒント 210417

債務不履行とは、
違約とか、
契約違反のこと。

解説
民法の最初に、
民法の契約について学ぶ。
当事者の意思表示の合致による
約束ごとのことだ。
契約となった約束ごとが
破棄された場合、
裁判所に申し立てて、
強制執行をしてもらうことなども
できる、と学ぶ。
いわゆる契約違反であるが、
宅建民法では、
債務不履行という名前で出てくる。

↑このページのトップへ