みれば見るほどハマってしまう作品。
ずっとキャストスケジュールをにらめっこしちゃう…
残りの公演もあと少しになっちゃったな…

12月24日のアフタートーク、クリスマス仕様でみんな凄く可愛くてほっこりしたし、話の内容は楽しかったし裏話、もっと聞きたかったな…
そして25日の公演、裏話も聞いたからかな、一生兄弟のやり取りが凄く心臓を締め付けられる感じ…
その辺りからもうストーリーにのめり込んで普段は泣かないようなところから泣き始め、最後は号泣だったよ…

初めの方の公演と比べても、キャストさん達がもう役と一体化してて、色んな動きやセリフの間の何かしらが増えててリアルなやり取りになってるし、舞台としても熱が増してるし、そうすると感情をダイレクトに受け取ってしまうのだよね…25日の公演はほんとに凄かった…
そしてマモトニーのれなマリアへの声がとんでもなく甘かった…
それまで、演技中の登場人物とか、共演者やラジオネームとか、自分と同じ名前が時々マモちゃんから発せられる事があるけれど、ビックリする方のドキドキはしてもきゅんきゅんした事は無かったんだよね。自分では無いし。
でもマリアを呼ぶ声やマリアを想って歌う声に、その時は凄くきゅんきゅんしちゃった…
25日公演、もしかしたらキャスト的にも受け取ったものにしても、ベストな公演になるかもしれない…
今後の観劇予定はあと3回。あの日に匹敵する、超える公演はあるかな〜( ´艸`)
楽しみ♪

あの日、あの席で観れた事に感謝☆*

MVチラ見せ、曲も衣装も良い感じでフル配信が楽しみ…(-^艸^-)
年末から年始、色んな番組で見れて嬉しいし、本当に忙しい中でお疲れ様でした!だよね。
お正月少しは休めたかな?

まずはMV…
最近のマモハットに関して言うと、レスキーリーさんとのコラボでは私の好みで言えばもっとつばの広いものが良かったし、写真集では、好みとしてはハット要らないよ〜…とか思ってしまったけれど、今回のMVの衣装や雰囲気でのあのハット、も少しつば狭いのでも良さそうか?と思いながらも良い感じにセクシーさを引き立てているなと…♪
カメラアングルドキドキするね、未公開部分がとても気になります!

最近はテレビでの歌唱も色んなところで聴けましたが、まだ少し音程がフワッとなるところがありながらもかなり安定してるな…と嬉しくなって聴き入ってます。

ただ、ここ最近色んな歌の歌唱を聴いててちょっと思うのは、フレーズの合間の息の処理に癖が出てきてて、この辺りが不安定に聴こえるのを増長させているような気もします。突然低い声をふっとと入れたりとか。味になる表現だとはおもうのだけれど、難しい表現だなと思う。
力が入りすぎているように聴こえるので、もう少し抜くところは抜いた方が、テレビで聴く分にはスマートでカッコよく聴こえそうだな、とも思ったり(o´艸`)

そしてパフォーマンス。
これももっとスマートに程よくした方が見栄えが良いと思うのだけど、他の方から見たらどうなんだろ…
LAST DANCEは曲調も大人の雰囲気だし、ダンスの振り付けが付いていないのなら動きを抑えた方が大人なセクシーさが出そうな気がします。MVではスタンドマイクを使用してて、ほぼその場で動いてて、あ…この雰囲気最高かも…と思いました。
腰振りって、マモちゃんはカッコイイよね!って言ってたけど、ファンじゃない人もそう思うのかな?
私はスタジオ歌唱の時はも少し控えめにした方がいいのではないかと思ってます。
腰の部分だけの振りにした方がグッとくる。
マモちゃん長身で足長さんだから特に動きが大きくてテレビで見るとセクシー!と思うよりもビックリしちゃう…(^◇^;)
ライブ会場ではきゃ〜♥なんだけれどね♪

もっと動きを少なく?小さく?しての魅せ方も研究してみては…ともどかしく思ってしまいます。
だって、立ってるだけで絵になる人。少し動くだけでセクシーだな…と思える人。
何だか少し、勿体なく感じます。

ライブでの全力パフォーマンスでの会場全体へと届ける魅力、テレビの前の一視聴者へ届ける魅力、微妙に違うのではないかなと個人的には思ってるもので…( ´艸`)

辛口かな?
あくまで私の個人的な好みであり、個人的な見方なので、他の人はそんな事無い!カッコイイってなるのかな(o^^o)💦

凄い人だと思ってるからこそ、ついつい多くを求めてしまうのだよね…
これからも、歌番組に普通にいる存在へとなってくれたらいいな…(o´艸`)

DSC_0219.JPG
DSC_0220.JPG
DSC_0222.JPG

髑髏城への登城以来のステージアラウンド行ってきました。

DSC_0223.JPG
初日観劇。
映画のDVDも持ってるからどちらを先に見るか迷ったけれど、初日を先に見てから…という事で、何となくは知っていてもかなりと新鮮な気持ちで見てきました。

(ネタバレ気にせず赤裸々な感想)

出だしはみなさん緊張してるかな…という感じの空気でしたが、すぐに世界観へ突入…
ストーリーとしては本当にしんどいよね💦
人種的な問題や女性の立場の弱さだったり…
色んな問題が突きつけられる。ステージ上といえ容赦ない。
それでもきっと舞台用に表現はマイルドにはなっているのだろうけれど。

トニーとマリアの恋、10代後半くらいの年齢なのかな、ひと目見た瞬間から恋に落ちて、その二人のやり取りが可愛らしくて、応援したくなる。
恋に一生懸命でお互いしか見れなくなって、完全に二人の世界。

だから周りとすれ違いになってしまうのかな…
色んな人の思いのすれ違いがどんどん重なって…ああああああああああああぁぁぁってなる;;

辛いね…

そんなしんどいストーリーですが、役者さま方のパフォーマンス、歌はとても素晴らしい。
まだ振りが少し乱れたり、歌が不安定な場面もあったけれど、そんなに気になるほどではなく、最後までしっかり物語に入れました。
聴いたことのある歌がかなりあったし、ダンスはかなり激しく踊られるので見応えある。

そんな中でのマモトニー、チームを抜けたからか、擦れた感じも無く何か夢中になれるものを探しているガタイの良い青年って感じでした(o^^o)
スタイルの良さで言えば、海外版に混ざっていても違和感を感じないのではないかな?
上着を脱いだ時の胸筋の素晴らしさに、あ、やっぱりこの人はJETSの中核だったのであり、頼れる兄貴だったんだな、いざ喧嘩となればめちゃくちゃ強いんだ…と納得しました。
そうやって多くを語らなくても見た目で納得させられるって凄いよね!
見た目からも世界観にバッチリ合わせてくるの凄いなと毎回感動するし、楽しみな部分でもあります。
戯伝写楽から見てるけれど、音楽劇も王家の紋章も髑髏城の七人も今回も、それぞれに時代や格好も違うのに見た目の違和感を感じた事が無いって何なんだろ…役者さんってミステリー( 'ω')?

歌はまだ少し緊張の為か、不安定な時もあったけれど、歌い上げる歌声は素晴らしかったです。
笹本さんも結構強めの歌声なので、二人で歌う時に少しばかり歌声の競い合いになりそうな部分もあったけれど、これが回を重ねて綺麗に絡め合う歌声になれば最強の恋人達の歌になるのではないかな…(-^艸^-)
歌声の相性、とても良いと思っています。

今後新しい組み合わせで見て新しい役者さんに出会えるのが楽しみだし、これからのマモトニーの進化、カンパニー全体の進化が楽しみです!
まだ観劇一回目、表情が見えない中での感想なので、次に見た時、表情が見える位置で見た時はどう思うんだろな♪


作品としては、辛い場面も多いけれど、二人が恋に落ちてからのやり取りがとても可愛い。
コミカルな部分もあって笑いを誘ったり♪
素晴らしい歌やダンス✨
マモファンとして観劇しても、みなさんとても素晴らしい歌声だし、笹本さんのマリアもだけど、特に樋口さんのアニータ、見ないと損だと思うくらいのはまり役だと思いました。

ただひとつ、どうしても気になる演出が最後…
トニーがあんな事になってから…の本当に最後の最後、あそこだけはもう少ししっくりくる終わり方に変更して欲しいな…と思ってしまいます。
来日版もあの形だったのだろうから変わることは無いのかもしれないけれど、何だか「この過ちを胸に刻む」というより「この過ちを忘れる」に思えてしまうんだよな…
多分、転がったまま放置なのが、そう思ってしまう要因だと思います。

他の人はどう受け止めるのかな…

でも、役者さま方の表現には惜しみない拍手を送りたい!
何度も見に行くよ✨
マモちゃんを中心に、全役者さまを見れる日程組んでるよ✨
一月の千穐楽まで、豊洲のマンハッタンに住みたい…(o^^o)



追加…

マモちゃん、両腕を左右に広げて静かに踊る振り付けの部分、も少し肩や腕を後ろに引っ張られるようにした方が綺麗に見えそうだなと思いました。私がずっと気になってる猫背気味なところがちょっと出てる?初日だけかもしれないけれど💦

長い手足、素敵な声を存分に活かして素晴らしい公演を作り上げてください。

私の感想って、文章が纏まらなくて下手だし、内容もラジオ向きじゃないの分かってるからこちらに書いちゃうよね、ごめんね(o^^o)💦

↑このページのトップへ