亀城公園に本丸跡と堀の一部が残っています。

ミニチュアや地図と同じ形のままです。

本丸に登ります。

明治時代の廃城令で城壁や櫓は解体されていますが、土塁の高さを感じます。

松平清康を失った三河は、それまで押さえつけられていた各地の豪族が次々と独立を図ります。
松平家内では、家督を継いだとは言え何も準備も心構えも無かった、嫡男の広忠。
その広忠を巡って激しい権力争いが起こります。
その混乱を狙って、尾張の虎・織田信秀が動く。
水野信元、松平信孝らと組み、安祥城を攻め落とします。
松平宗家は、元は安祥松平家。
広忠にとって安祥城を奪われるのは、屈辱でしかありません。
父、清康と常に比較され続けて来た広忠には、戦って奪い返すしか自らの立場を守る術はありませんでした。
広忠は自ら出陣するのでした。