月別アーカイブ / 2016年06月

ジューシーで柔らかいお肉
(*ΦωΦ*)


最近、ローストビーフが
大人気ですね
(*ΦωΦ*)


都内では、
ローストビーフ専門店が
沢山オープンしているみたいです


これまでは、
それ程馴染みのなかった方も
いるかも知れませんが。。。


実は

このローストビーフ
(*ΦωΦ*)


同じロースト料理でも、
チキンやポークに比べると

低カロリー&高タンパクで
ダイエットにピッタリなのです
。:゚*+;(●´・д・`●);+*゚:。






では


他の肉料理と比較した場合の、
カロリーはどうでしょうか


100g単位

・ローストビーフ➡️196kcal
・からあげ➡️220kcal
・ハンバーグ➡️224kcal
・カルビ➡️517kcal
・とんかつ(肉)➡️263kcal

どうでしょうか
(*ΦωΦ*)



やっぱり食べるなら、
ローストビーフ ですね


余計な脂分も抑えられているし、
本当にオススメです
。:゚*+;(●´・д・`●);+*゚:。


でも


ソースには気を付けてくださいね
(。+・`д・。)


ホースラディッシュ(西洋わさび)に
生クリームを加えられたものなどが
ありますが。。。

ダイエット中は、
避けた方がベターです
(*ΦωΦ*)

オススメは、

おろしにんにく醤油や
クレイジーペッパー&ハーブソルト等が
ダイエット中はベストです

ぐっとカロリーが抑えられます
(。+・`д・。)


人気のローストビーフ


ダイエット中も、

先日ですが、

お友達のヴィジュアル系バンドの
ライブを観てきました
。:゚*+;(●´・д・`●);+*゚:。







曲 も最高でしたが、

お客様の一体感が凄くて
感動しちゃいました
(*ΦωΦ*)


なかなか観に行く機会がなかったので

ダイエット中ですが、

メチャメチャ美味しいチョコの
差し入れをいただきました
。:゚*+;(●´・д・`●);+*゚:。



嬉しい
o(*´д`*)o


ダイエット中のチョコは、
少しずつ食べるようにしましょう



しかも

当たり前ですが、
食べる時間は日中がベストです

ちょっと前の写真ですが。。。

元SDNの光上せあらちゃんが、

私がオーナーを務める
オカオカハウスに

遊びに来てくれました
(*ΦωΦ*)


夏 になると見かける機会が
増えるもの


枝豆
(*ΦωΦ*)


茹でたての枝豆は、
最高に美味しいですよね




今回は

夏のおつまみの定番

枝豆 を

うまくダイエットに
活用しちゃいましょう
(*´ω`*)
 
枝豆 は、
ビタミンA・ビタミンC・ビタミンB1
・ビタミンB2・ビタミンE・カリウム
・カルシウム・タンパク質
・食物繊維などが豊富で栄養満点
。:゚*+;(●´・д・`●);+*゚:。

中でも

ビタミンB2は➡️脂質燃焼サポート
ビタミンB1は➡️糖質燃焼をサポート
してくれます

また

カリウムには➡️むくみの原因、
ナトリウムを排出する働きがあります
(*´ω`*)

そして

食物繊維が、
胃の調子を整えてくれるのです

他にも

脂肪代謝を高める「コリン」
余分な脂肪を排出する「レシチン」
などの成分も含まれていて

ダイエットには最適
。:゚*+;(●´・д・`●);+*゚:。




そして
気になる枝豆 のカロリーは。。。

冷凍タイプ➡️159cal/100g
茹でタイプ➡️134kcal/100g

低カロリーなのに、
栄養たっぷりのダイエット向きの
食材なのです


おやつ代わりにするのも良いですね
(*´ω`*)


ダイエット中の適量は、
50~100g程度と言われています

最近人気の、
コンビニの枝豆が約125gなので
あれを2回にわけて食べるくらいが
ちょうど良い感じです
(*´ω`*)

また

おかずの一品を枝豆に変えるのも
ひとつの手

例えば肉類のおかず
(ハンバーグや肉団子など)に
枝豆を混ぜたりすることで、

タンパク質はそのまま、
脂質量を減らすことができるので

カロリー量を自然に減らすことが
できるのです
。:゚*+;(●´・д・`●);+*゚:。

サラダの一部や、
スープなどに混ぜても美味しく
無理なく続けられます


ただ
ひとつだけ注意が必要なのは。。。

食べ過ぎ


枝豆 には、
痛風の原因となるプリン体も
比較的多く含まれているので

尿酸値が高めの人は
特に注意してください

↑このページのトップへ