月別アーカイブ / 2018年10月

貴秋です。



昨日はビルボード東京にて、サザンソウルシンガーのウィリー・ハイタワーのライブへ。

w2yd1esVz0.jpg

俺のソウルの先生、HOME MADE 家族 / eNBANDのKUROさんと鑑賞。

ViPV7Rqrzm.jpg



飯、ライブ、男のコース。



ウィリー・ハイタワーはサム・クック フォロワーのシンガーでいろんな場面でダブって見えた。



ホッジズ兄弟のハイリズムセクションにスティーヴクロッパーも一緒だったのでメンフィス臭がムンムン。



ギターのスティーヴ・クロッパーはディープ・サザンソウルの歴史を勉強するとすげー出てくる人なので、言い換えるならば、「やべー、織田信長、生で見ちゃった!」って感覚と同じ。はず。



至福であります。



そしてKUROさん繋がりでeNBANDのBIG LuckさんとChakoさん、そしてImaniとコーラス隊のリハーサルを本日。

MzP8yA__3H.jpg


仕上がってきてます。



過去にも無かった、今回初のコーラス3人体制です。


ツアーのラスト3公演でお披露目なのでお楽しみに。ψ(`∇´)ψ



YES Release tour 2018
〜ORE to OMAE de BOOM BOOM BOOM〜

11/3( 土 ) 新潟:LOTS
11/4( 日 ) 宮城:仙台 darwin
11/10( 土 ) 北海道:PENNY LANE 24
11/16( 金 ) 愛知:DIAMOND HALL
11/18( 日 ) 大阪:なんば Hatch


11/22( 木 ) 東京:NHK ホール 



今週末は第64回東海大学学園祭「TOKAI UTAGE STAGE」でのライブとりょーすけとそーいちの地元新潟からツアー再開で、前回のツアーでズンダズンズズンダ、ギュウタンタタンとかいうスキャットをかましてしまって1人申し訳なくなった記憶がまだ残る仙台に参ります。


来られる方、エールを送りながらBRADIO今頃やってんなって思ってくれる方、等々、楽しみましょう。ψ(`∇´)ψ

貴秋です。


昨日はチャンプ(SCOOBIE DO)プレゼンツ『QUATTRO MONTHLY SERIES』@渋谷クアトロサンキュでした!


IMG_2167.JPG


兄者達
(SCOOBIE DO)はやっぱすげーや。
昨日もいろんなシーンで心持ってかれて込み上げて音楽に恋しました。



IMG_2166.JPG


ほんとかっこいい寛大な人だ。俺はデカイの顔だけ。ψ(`∇´)ψ






ただいま広島への移動中、明日からYESツアーのワンマン公演。



YES Release tour 2018

ORE to OMAE de BOOM BOOM BOOM


《ワンマン公演》 

10/20( ) 広島:CLUB QUATTRO 

10/21( ) 香川:高松 MONSTER 

10/27( ) 福岡:DRUM LOGOS 

11/3( ) 新潟:LOTS 

11/4( ) 宮城:仙台 darwin

11/10( ) 北海道:PENNY LANE 24 

11/16( ) 愛知:DIAMOND HALL 

11/18( ) 大阪:なんば Hatch
11/22( ) 東京:NHKホール




ロング尺の公演は意外と久しぶりな気がする。


そして2マンがここんとこ続いて色んな人達と"密"でそれが余りにも楽しかったんでだったんでロスがすごい。


ここからもお楽しみに。




あ、話戻って昨日SCOOBIE DOと一緒にカバーしたOtis Reddingの原曲。



Otis Redding / Hard To Handle





ソウル史にその名を刻んだ偉大なシンガー。



中々こういう曲は人前でやれる事ないんで、しかもシュウさん俺とやりたかった曲だってさ!ψ(`∇´)ψ




「Hard To Handle」=扱いずらい→一筋縄ではいかない男って意味合いがあるって話、シュウさんとしてて、


そしたらシュウさん「今これ邦題にしたら"クセが凄い"かもね」って。笑



まさにそうかも。笑







あ、今月末はビルボードライブ東京でウィリーハイタワー公演行く。
メンフィス meets マッスル・ショールズ featuring ウィリー・ハイタワー, スティーヴ・クロッパー & ハイ・リズム


サムクックフォロワーのシンガーってこともあるし78才初来日。
バンドもスペンサーウィギンスとカーラトーマスの時も来てたから自分にはもうお馴染みになりつつあるホッジズ兄弟を中心としたソウルファンには馴染みの深いサザンソウル、ハイサウンドを築いたハイリズムセクション、そこにオーティスレディングとも関わりのある作曲家ギターリスト、スタックスのレジェンド、スティーヴクロッパーが加わるんだから楽しみ。

ウィリーハイタワーは2018年夏にまさかのニューアルバムリリースもあったし確かサムクックの「A Change Is Gonna Come」のアンサーソングがあったからやるかな。



行かれる方は一緒に楽しみましょう。







後、ずっと待ってたクイーンの映画「ボヘミアンラプソディ」がもうすぐ公開。





映画「ナイトミュージアム」のエジプトの王様の役?のラミマレックがフレディマーキュリー役!

JBの映画の時は「ブラックパンサー」とか「42」とかのチャドウィックボーズマンがめちゃくちゃカッコよかったし、これも楽しみ。




広島まだかなーψ(`∇´)ψ




貴秋です。



『YES Release tour 2018 ORE to OMAE de BOOM BOOM BOOM』の2マンで巡った前半12本が皆様のファンクネスのおかげで、いや、もう1つ2つ、ファンクネスネスのおかげで無事終えることができました。

メンバーもチームも元気です。

2マンのお相手の方々には大変感謝しております。この場を借りて、、、
UNCHAIN、OKAMOTO'S、Creepy Nuts、夜の本気ダンス、感覚ピエロ、UNISON SQUARE GARDEN、グッドモーニングアメリカ、BLUE ENCOUNT、とにかく刺激的だったしたくさんのラヴライクライヴをもらいまして、あなた方の楽曲にはたくさん恋をしたし人間性にも改めて惚れ惚れしました。ありがとう!

ここから1マンが始まるので彼らからももらったファンクネスネスも合わせワザでソウルトレインを走らせたいと思います。

FPPのみんな、乗車お待ちしてます。


そんで今回の2マンはそれぞれのアーティストの楽曲を各会場でカバーしてました。
FPPにはもちろん、2マン相手にも内緒で。本人たちを前にしてやるのはやっぱり緊張するね。笑
でも大好きな人達の事をもっと知りたいって気持ちでカバーしてみるといろんな発見がある。ここのメロディこんなすげーフィジカルでやってんのかとか、「声」一つにしても一人一人違うので  なりきれないし、逆にモノマネしたり、自分らしくいったり、非常にいい経験だったし何よりFPP&2マンアーティストに喜んでもらえたんじゃないかなと反応受けとってます。
来れなかった聴けなかったなんてFPPは想像してみてね。笑



-YESツアーでカバーした2マン相手の楽曲-


make it glow / UNCHAIN

NO MORE MUSIC / OKAMOTO'S


助演男優賞 / Creepy Nuts


Oh Yeah / 夜の本気ダンス


A BANANA / 感覚ピエロ


オリオンをなぞる / UNISON SQUARE GARDEN


ミサイルをぶちかましてぇな / グッドモーニングアメリカ


もっと光を / BLUE ENCOUNT



どれもこれもたくさんある中の好きな曲から選んだ好きな曲。
またなんか機会があればやりたいね。




さて今日はBRADIO、これからワンマンに向けてゲネです。
FPPのみんなも一緒に素敵な月曜日をψ(`∇´)ψ


IMG_2154.JPG



↑このページのトップへ