なんかの飲み会の帰りだったと思うんですが、結構酔っ払ってしまった帰り道、終電間近の地下鉄でビックリすることが起きました。

そしてその後、「俺って心広いなあ」としみじ思うことになります…

あれはたしか銀座から地下鉄に乗ったと思うんですが、ちょうどタイミングがよくてシートに座ることができました。両隣も空いていて、はじめは比較的楽に座ることができました。酔っ払っていたと言うのもあり、窮屈なくらいなら立ったほうがマシとも思っていましたので。

しばらく乗ってると、ある駅で左の席におじさんリーマンが座ってきました。確かトレンチコートを着ていた気がするんですが、もうその時点で結構キツキツな状態で座っていました。

次の駅くらいで、若い女性が右側に座ってきました。もう結構両隣キツキツです。もちろん肩はぶつかる程度です。で、その女性はスマホのゲームをやっていたようで、はじめは結構手元の画面に夢中のようでした。

しばらくすると、(右側にいる) 女性の右手が僕の右肩をつまむように押し込んできました。「ん?」となりましたが、結構キツキツな状態なので自分はどうすることもできません。

またしばらくすると、いかにも嫌そうな顔でまた僕の右肩を今度はかなり強い力で押してきました。「そんなことされてもなぁ」と心の中で思いましたが、やはり両隣キツキツな状態はどう見ても変わらないで、これまたどうすることも出来ませんでした。むしろほぼ動けないと言ったほうがわかりやすいと思います。

で、その次の瞬間ビックリしたんですが、その女性はあろうことか (彼女の) カバンを、僕と彼女との間に無理矢理ねじ込んできて、犯罪者を扱うような雰囲気でこれまた僕を全身で押してくるという行為に出てきました。

「もうこれは我慢できへん!」と思いましたが、この場で冷静に注意しても多分その女性はさらにヒステリーになるだけで悪循環になることが目に見えてましたので、しばらく黙っていました。

が、その女性の態度はやはりエスカレートしていき、「もう…」と咳を鳴らしてまで (何かを) 主張するようになってきたので、ここで変なことでも叫ばれたらシャレにならんな…と思い不本意ですが次の四谷三丁目駅で電車を降りて「このことは絶対ブログに書こう」と思って歩いて帰りました。

それがようやく書けたという話です。

だってね。

初めから座れるスペースは狭かったんだから、そんなに人と触れるのが嫌なんだったらはじめから座らなければいいのに…。

いまだになぜ彼女がああいう行為に出たのか意味がわからないのですが、ボク自身も変に痴漢扱いされたり、通報とかされずによかったなと今では思います。

そして「俺って心広いなぁ」と思いました。






先日、自宅からだいぶ遠いところにタクシーで行くことになった。

行ったことない場所だったので、道順は運転手さんに任せることにしていたが、そうもいかなかった…。

単純に、お年を召したお爺ちゃんで、耳もだいぶ遠かったようで時々聞こえづらさそうだった。

行き先を伝えると、聞こえたようで、「そこだったらこういう道順で行ける」というのと最後に「いいの?!」って念を押されて聞いてきた。

「道順がわからないので、お任せします」と伝えると「いいの?」って何回も聞かれた…。

こっちは、その道がいいか悪いかわからないから任せとんねん、と (汗)。

目的地の近くになると、これまたヤヤコシイ場所にあるらしく「こっちの道は駅が遠回りになるで」と「行きたい所に行くにはこの細い道を行かないといけないわ」と言われた。

この爺さんと細かい道に入って迷子にでもなったら最悪なので、遠回りでもいいから「駅の方でいいです」と伝えると「いいの?!」ってまた何回も聞かれた。

降りるとき「あ、ここで大丈夫です」と言うと「いいの?!」って大きな声で聞かれた。

そういえば「いいよ!」ってスリムクラブのネタであったなあと思いながら、目的地にたどり着きましたとさ。




結構ぎゅうぎゅうの地下鉄
座席が空いていたので座っていると
ほどなくして次の駅に着いた

前の座席が全部空くほど大勢の人が降りた
ボクが座るシートの左側もみんな降りた
前にいた親子連れが、空いた左側に移動してきた

ボクの左側に座ろうとしたんだが

完全に、ボクの半身にドカっと大きなお尻が座った

慌ててズレてはくれたんだが…

自分の体積くらいわかっとけよ…
自分の幅

ある時、エレベーターに乗り込んだ時

一番後ろに立っていたんだが
結構大勢が乗り込んできた

後ろに詰めて入ろうとしているのはわかるんだが
ドンドン詰めてくれてようやく全員箱に収まった

ボクが背伸びをしないと立てないくらい
もちろん手は挙げられない
顔も動かそうモンなら前の人にあたる
満員電車状態

と思いきや、前の人はケータイをいじる

その空間あるならチューニングしろよ!
自分の幅

↑このページのトップへ