㊙︎展を観た翌日は、横浜で開催されている、ヨコハマトリエンナーレ2020「AFTERGLOWー光の破片をつかまえる」を観に行きました。

主会場:横浜美術館/プロット48
会期:2020/07/17(金)~10/11(日)
横浜美術館への入場は、日時指定予約制です
【展覧会概要】
3年に一度開催される現代アートの国際展。第7回展となるヨコハマトリエンナーレ2020では、「AFTERGLOWー光の破片をつかまえる」と題し、 目まぐるしく変化する世界の中で、大切な光を自ら発見してつかみ取る力と、他者を排除することなく、共生のための道を探るすべについて、みなさんと一緒に考えます。 本展を企画するのは、長年にわたって世界で活躍するインドの3人組アーティスト集団 「ラクス・メディア・コレクティヴ」です。 日本で初めて作品を発表するアーティストはもちろん、本展のために新たに制作される 作品やプロジェクトを多数紹介し、いま最も刺激に満ちた現代アートをお楽しみいただきます。

横浜美術館の入口からエントランスに足を踏み入れると、吹き抜け一面に飾られたニック・ケイヴによる《回転する森》(2016/2020)という作品に目を奪われました!
アメリカの住宅の庭に装飾として飾られる「ガーデン・ウインド・スピナー」が、天井から無数に吊り上げられていて、その中に身を置くと光に包まれているようでした。しかし、よく見るとスピナーの中には銃や弾丸といったモチーフもあり、光に対峙する現代の困難な状況も表されていました。
3階通路には、エヴァ・ファブレガスによる巨大な腸のような立体作品《からみあい》(2020)が展示されていました。ふかふかとした作品に座ることができます。ラクス・メディア・コレクティヴは、腸内細菌がつくり出す世界を想像し、体内の1000腸個の細菌に思いを馳せながら、展示をキュレーションしたそうです。
その他にも興味をそそられる作品がいろいろあって楽しめました。

国内外の現代アートを展示する芸術祭や国際展を観に行くのが大好きです。2年毎や3年毎に各地で開催されていますが、今年はコロナ禍の中どこも開催が難しくなっています。
心置きなく芸術祭を楽しめる世の中が戻ってくることを、切に願っています。

横浜のホテルの部屋から見た夜景に感動しました✨🎡⛴🌃

#ヨコハマトリエンナーレ2020 #横浜 #夫婦 #60代 #ファッション #コーディネート #リンクコーデ #夫婦コーデ #グレイヘア #白髪 #共白髪 #couple #over60 #fashion #coordinate #instafashion #instagramjapan #greyhair #bonpon511