こんばんわ。先週はインフルエンザA型と診断されて苦しんでいたボブです。
先週の水曜日に熱が38.6度ぐらいになり救急病院へ行ったらインフルエンザA型と診断されたけれど、
「おそらく今日がピークですね」という理由でインフルエンザの薬をもらえず、解熱剤をもらいました。
結局水曜日は熱が39・8度まであがり、解熱剤を飲んで就寝。
木曜日の夜にもまた熱が39・6度と、熱は改善されず解熱剤を飲んで就寝。
金曜日もまた熱が39度超えてつらかったのと救急病院で処方された解熱剤がなくなってしまったので、違う病院へ伺いました。
そしたらその違う病院のアシスタントの女性の方とお医者さんに、
最初の病院でインフルエンザの薬を処方されなかった事を話したら、とても驚かれました。

2回目に行った病院のお医者さんは、私の症状もひどく辛かったため、慰めてくれるように、
「よく耐えたね、うちはちゃんとインフルエンザの薬出してあげるから安心してね」と言われ、
お医者さんが天使に見えました。

そんなこんなで月日は流れて月曜日頃には熱も引き、頭痛、喉の痛みや鼻のムズムズも改善されてきました。辛かったですが、インフルエンザ効果で体重がちょっと減ってたのでうれしかったりします(汗
みなさんも、インフルエンザには気を付けてくださいませ。


話変わりますが、作曲家の友達が作った曲のボーカルをお願いされまして、
12月頃に何回かボイトレを重ね、レコーディングしたりした曲のMVが本日公開されました。
下記URLのMVにボーカルとして出演しているので、お暇な方は是非見てみてくださいね。

https://www.youtube.com/watch?v=8gTSrgHwnKo&feature=youtu.be


this.jpg

だいぶ遅れましたが明けましておめでとうございます、そして今年もよろしくお願い致します。

自分はここ3ヶ月ほどスマホのゲームにハマっており、ゲーム人生を満喫しております。

12月は作曲家のお友達が作った歌を歌ってそのミュージックビデオの撮影をしたりと楽しく過ごし、大晦日にはちょっとだけコミケでコスプレをし、ガキの使いを見ながら寝落ちしてしまい、0時過ぎに起床という昼夜逆転な生活を新年早々送っておりました。
(コミケでは色づく世界の明日からの月白瞳美のコスプレをしました↓)
_var_mobile_Media_DCIM_126APPLE_IMG_6618.JPG
ミュージック動画撮影の時に風担当をした私↓
風作るの上手だと褒められ、内心上機嫌でした。
そういえば、年末年始といえば年末ジャンボですが、私はジャンボ宝くじを買いそびれて、初夢宝くじを購入しました。
初夢宝くじの抽選日は本日!ということで、
さきほど初夢宝くじの抽選番号を確認したら
_var_mobile_Media_DCIM_126APPLE_IMG_6613.JPG
ODB71a2WS2.jpg
・・・あれ?あれれ???
惜しくないですか?
連番でもうちょっと買ってたら、1等の組違い賞当たったかと思うとちょっとがっかり(^◇^;)

今回の宝くじは、
5等が4口、4等が1口当たりました。
今まで5等以外当てたことないので、まあ良しとしますヽ(´▽`)/


そういえばタイトルに書いてある嬉しかったことですが、つい最近誕生日だったのですが、その際に私が好きなゲームのギルドメンバーの方々がサプライズを企画してくれたみたいで、自分のギルドメンバーと他のギルドの方まで集まって頂き祝って貰えて嬉しかったですヽ(´▽`)/

_var_mobile_Media_DCIM_126APPLE_IMG_6522.PNG

今年は良い気分でスタートをきれたので、負のオーラに負けぬよう今年は良い年にしていきたいと思いました。

ここ最近仕事で忙しかったり、免疫力が落ちてるのか外出するたびに80%ぐらいの確率で風邪になってるシャスです。皆さんはいかがお過ごしでしょうか?

実は今日は親が海外移住へ旅立つ日でして、姉と一緒に空港まで見送りをしてきました。

今までずっと海外転勤で色々な国へ引っ越しばかりの生活を過ごしてきた幼少期。空港へは一年に一回以上は訪れていた人生。しかし、見慣れていたはずの空港が今日はいつもと違く感じた。

私が高校を卒業してからは家族みんな違う国に住んでおり、家族と会えるのも一年に一回日本へ帰国するタイミングが合った時に会うぐらい。

私は5年ほど前に一人で日本に本帰国してからは、親が一年に一回日本へ一時帰国するたびに会いに行っていました。

今年に入ってから親は日本にしばらくいたので、タイミングが合う時に月1ぐらいのペースで会いにいってました。

それが今日からそんな頻繁に気軽に会える距離じゃなくなる。もう親のホームは日本じゃないんだって思うと悲しくて。

ガラス張りのエスカレーターの前でお見送り。
下ってくエスカレーターに乗っていた親の顔が視界から消えたら、何か自分の中で我慢してたものがプツンと切れたように、姉と二人でしばらく抱き合いながら号泣。人目を気にせず豪快に泣きはらした姉妹。泣くとは思ってなかったので自分でもびっくり。

その後姉と2人でご飯を食べ、色々と会話をしてから自宅へ帰宅。

今更ながら家族の大切さをしみじみと噛み締めています。
しばらく日本にいる姉とももっと会って時間を共有していきたいなと。
色々と親にも心配かけないように、頑張って生きていきたいな。と思えた1日でした。











↑このページのトップへ