Silver week の四日間の後半
藤澤ノリマサさんのスペシャルコンサートの名古屋、大阪公演がありました。
(9月21日、22日)

いつもはどちらかにしてましたが、今回は貴重なホールコンサートということもあり両日
まだ東京が残っているので詳しくは書けないけど
やっぱりホールに響くノリマサさんの歌声は格別で、そこにノリマサさんがいるってだけで違いますから

コロナ禍の制限のある開催は少し物寂しく、遠い。それでも一生懸命拍手を送りました。届いたかな?
しかし、マスクというものは表情を出しにくいな〜😷

一泊は京都に泊まりました。
翌日、大阪公演の前にアマン京都のアマンスパに行きたくて予約を入れました
DSC_0557.JPG

昨年オープンしたアマン京都
とても宿泊は出来ないけど
和の素材を取り入れたトリートメントに興味があったので

60分の夏の疲れをとるというコース
温泉に入り身体を温めて施術に入ります。
とても丁寧にトリートメントしてくださいました。
お茶を炊いたアロマただよう中
音楽はアマン専用に作られた癒しの曲
モンゴルのお経を読んでいるようなメロディーでした。
2020-09-22-19-52-41.jpg
2020-09-22-19-54-48.jpg
ウェルカムドリンクを飲んで
DSC_0560.JPG
日本人なら嗅いだことのある落ち着くアロマ緑茶です
ハッカのようなすーとしたアロマをかいで、息を整え 金の音をきくと
波動を感じながら癒しの世界へ吸い込まれてゆく。
これってノリマサさんの声の波動にも感じる感覚だな〜って思いました。
圧を強めにお願いしたので、いた気持ち良かったです。オイルは椿油にハッカをブレンドしているとか
たっぷり癒されました。
最後はやはり金の音の波動を聞いて終了
終わった時は身体が軽くなった感覚でした。
DSC_0561.JPG
DSC_0562.JPG
お菓子を頂いてリラックス😌
どれもこだわって厳選された素材で作られています。お茶にあうチョコレートと抹茶がし
上質な時間
ちょっと周りを散策
苔の緑が落ち着きますね
アマンのスタッフの方々はおひとりおひとりの印象が残る感じでホスピタリティーに溢れていました。
DSC_0541.JPG
DSC_0542.JPG
DSC_0543.JPG
DSC_0547.JPG
DSC_0549.JPG
DSC_0556.JPG
DSC_0555.JPG
DSC_0559.JPG
アフタヌーンティーも良さそうですが、
心は大阪へ
身体の癒しの次は
心の癒しへ(笑)
ノリマサさんの大阪公演にむかいました。💕

なかなかの贅沢な2日間
いろいろ日常頑張らなくては

1年ぶりの八ヶ岳高原音楽堂
ピアノ角脇さん
ベース 竜さん
バイオリン 真部さん
ボーカル ノリマサさん
DSC_0429.JPG
はじまる前の緊張感
静を意識する空気感の中
バンドメンバーが現れ真部さんのviolinの音色ではじまった
そしてノリマサさん
懐かしさと嬉しさがこみ上げる

音楽堂はいままで以上に共鳴しているように感じられて、
暖かい音色と声に包まれたひとときだった🎻🎹🎤
そしてノリマサさんの笑顔も忘れられない😌
アーティストもオーディエンスも
ライブの幸福感を実感したサマーコンサートでした
ノリマサさんは暫くぶりの感覚を確かめるように丁寧に
言葉も一言一言 発するスローな感じで(笑)(こんな感じのノリマサさん好きだけど☺️)
各々の思いを拍手に込めて演者へ送った
🥺

DSC_0430.JPG
DSC_0432.JPG
真夜中目が覚めてからいろいろ考えてしまい
どうしたのか寝付けない
殆ど寝れたのか寝たのか記憶が飛んでるってことは寝たのか(笑)

翌朝ぼーっとしながらはじめてネーチャーウォークに参加
参加は我々3名のみでした。
気持ちよかった
八ヶ岳高原ロッジと言えば
このカラ松の林
DSC_0436.JPG
DSC_0437.JPG
美鈴池
この池を更に高台へ行くと、かつて仕事で携わった別荘地域がある
案内してくれた人が別荘地を管理している方で、富士見地区のことを少し伺えた。

そして余韻に浸るべく
音楽堂へ
DSC_0438.JPG
昨日あそこで歌ってたなーと📸
DSC_0439.JPG
DSC_0442.JPG
ステージからはこんな感じに見えるのね
お隣、前と距離を保ちながらマスク装着の光景😷

言ってみれば贅沢に空間を使うソーシャルディスタンス

雨というインステゥルメンタルの曲が紹介され、映画の挿入歌か何かかと思ったら、ノリマサさん作曲とのこと
素敵なメロディーでした。
外の光景とピッタリ

松井五郎さんとのノンフィクションの曲はまだ全て紹介されてないとか、またアップしてくれるのでしょうか?
聴き放題になるのは、なんか勿体ないような気がしてしまうけど ありがたやー
ノンフィクション!感じられたことを曲にするって素敵☺️

また八ヶ岳に来れますように
お願いします。
『#八ヶ岳高原音楽堂』 : ノリマサ(藤澤ノリマサ) 公式ブログ
ノリマサです。昨日は八ヶ岳高原音楽堂でのサマーコンサートでした。今年に入り新型コロナウイルスの影響で次々とイベントやコンサートがなくなってしまい、昨日も、開催できるからわからない状況でしたが、ソーシャルディスタンスんを保ち、皆様にもご協力頂きなんとか開催
lineblog.me

ノンフィクション三部作
松井五郎さん作詞
藤澤ノリマサさん作曲 編曲

手紙
東京でデビューを目指して頑張ってる頃 に貰った母の手紙…
帰り道
子供の頃の学校から一緒に帰った友人との出来事
Song is my life
最後は説明はいらないですね
歌はノリマサさんの人生そのものなんだと思わせる内容 今までもこれからも
その思いは変わらない全てを歌に注いで行く決意のような意味も込められているのかなと感じます

松井五郎さんの詩とノリマサさんの作曲
今までもいいな〜と思う曲は大抵このおふたりでした。
短いセンテンスとセンテンスの間で聞き手の思いがめぐります。
そしてノリマサさんの綺麗な声、歌とコーラス。

ノリマサさんはポップオペラというジャンルで活動してるけど
この三曲は声を張り上げない曲
最初はノリマサさんの歌い上げる声に
魅了され、グイグイ惹き付けられたけど、聞けば聞くほど、張り上げない、どちらかと言うとポップスの声に惹きつけられる自分がいて、もう離せない〜と思うくらい
両方好きなんですけどね。このメリハリ感が良いのですよ

まだ叶えられてない夢のひとつが
もっと多くの楽曲を世に出すこと
とか
『#Song_is_my_life』 : ノリマサ(藤澤ノリマサ) 公式ブログ
ノリマサです。昨日のLINELIVE、ファニコン生配信ではお聴き苦しいところが多かったと思います。失礼いたしました。さて、先日僕をこの世界でメジャーデビューさせてくれたプロデューサーであり恩師と久しぶりにお逢いし、色々お話しをさせていただきました。デビュー当時か
lineblog.me
期待が膨らんでしまいます。

↑このページのトップへ