最近思うんです。


自分にないものを
埋めようと努力しすぎて空回りしてしまう人が世の中にとても多いのではないかと思うのです。


マスコミ広告などのメディアは私たちに情報を与えますが

過度に不安にさせられたり
価値観を植え付けられ振り回されるようになることも多いようですね。


情報に振り回されて、 
本来持っている自分らしさや個性を活かしきれずに
自分を大事にできてないこと、ないですか?




「私」をちゃんと生きていますか?

それは本当のあなたでしょうか?



人や世間のいう価値と
「私」自身が思うことが違っていたら
どうしますか?

合わせることばかり考えいてはこれからの時代は歓迎されません





私は昔から自分のことがわかりずらい人でした。

アレもコレもしたい、
方向性が定まらない

_var_mobile_Media_DCIM_100APPLE_IMG_0510.JPG

誰かに これが向いてるからこうしたら?と言われれば鵜呑みにしてしまいがちで、小さい頃から周りの大人の意見に流されやすく、やや混乱ぎみでした…


漠然とやりたいことはあっても、
本心からしたいことを選択していないかぎり、一定のところから前には進んでいけない、
またはストップがかかる


そんな日々が日常となってしまっていました。

腰のヘルニアも、
長年の思い癖などが関係しているようです。


腰をわずらってから、

本当に求めている方向性や自分にしかない価値基準を見つめるきっかけになりました。


自分のルーツを知りたくて、
占いに行ったりいろんな事をしてきたけれど

結局のところ、よく分かりませんでした。。


自分のことがわかりずらい

それには理由があったのです!


リンクを貼りましたので、

ライトコンパスシート無料体験版のダウンロード

創設者天河りえ先生による解説動画を合わせてご覧ください



今日はリハビリに行ってきました。


股関節の緊張をとるのと、
脚全体、背骨の湾曲の歪みを調整をしてもらっています。


姿勢は

耳の穴、肩、腰の骨、踝(くるぶし)までが一直線になっているのが自然なのですが

私の姿勢は肩が後ろに引き気味で、

元々猫背気味で首が前に出やすいから肩甲骨を引き寄せたまま立ち姿勢をキープしようと無理をする(*^^*)


姿勢を良くしようとすればするほど腰が反り気味になり負担がかかってしまうらしいのです。



背中は猫背で丸まりすぎも良くないですが、

丸みが自然にあって良いものです。

_var_mobile_Media_DCIM_100APPLE_IMG_0507.JPG

いつもリハビリの先生から言われている運動は腹筋。

腹筋は
骨盤底筋を締めながら
背中をギューっと丸めます。


背骨がしなやかに動くことで
腰への負担を軽減。


_var_mobile_Media_DCIM_100APPLE_IMG_0506.JPG

スマホを使ったり、
前傾姿勢が長いと肩や首が疲れて
上半身にばかり意識が向きがちですが

背中全体、足裏から大腿(ふともも)の張り感にも目を向けてあげたいところです。



ふくらはぎをオイルで下から引き上げると痛みはどれくらい感じるか

触ってみたり動かしてみないと疲れに気付きずらいかもしれません。


〜腰椎ヘルニア改善に必要な
ケアの考え方〜


・疲れの原因に目を向けて

・疲れを溜めない生活スタイル

・無理をして運動ではなく
負担のかからない動きを考える 
(無駄な動きは減らす)

・その上で足りない筋肉は増やしていく

とのことでした。



思考も一緒。

繰り返し出てくる葛藤や怒り、不安、苦しむような感情などは

ちゃんとどこかへ吐き出してみる


原因はどこからくるか

また出てきた時どうするか、
ちゃんと向き合って

同じことを繰り返したくないなら、
手放したらよい!
_var_mobile_Media_DCIM_100APPLE_IMG_0407.JPG


痛みとの向き合い方は、
思考の修正にも通じていました


身体と向き合うリハビリと、
考えかた生き方の学びは続きます

↓  ↓  ↓


☆   ☆  ☆
NE運命解析士  による講座が

10月に西東京で開催されます。


「まちゼミ」

テーマは2つ☆

"あなたらしい生き方とは!?
ー本当の自分を知るためのファーストステップ"
_var_mobile_Media_DCIM_100APPLE_IMG_0508.JPG


もう一つは、

"子育てが楽になるヒントを知る
ー目からウロコ!子供の見方が変わります。"
_var_mobile_Media_DCIM_100APPLE_IMG_0509.JPG

気になった方は是非行かれてみてください!

各回4名迄。少人数なのもいいですよね♪

詳細はこちら↓

[関連記事]

自分のことがわかりづらい人!

身体に無理は良くない、
頭でわかっていてもなかなか気づきにくい体の声。

ボディーワークの仕事を始めて1年が経つ頃に異動がありました。

元気に働けているありがたい環境がありながら
今のところよりも家の近くの職場へ異動して、もう少し沢山働いてみよう、
近ければ便利なはず、と今思うとかなり安易な気持ちで異動を受理しました。


慣れ親しんだ職場を去り、新しい場所へ。



すると、見る見るうちに状況が変化して、

お客様には喜ばれる機会が増えても職場の人間関係が機能不全状態。。

行動すればするほど空回りして。。



___________________________

本当にやりたいことが他にある
今いる世界は本意ではない
(要は不満である)←×


×…超超NGな思考!

補足)
仕事は好き、
だけどしっくりこないのはなぜか?

ここを見ずに逃げ場があると認識していることはダメですね。
見なきゃいけない思考の癖から逃げています
___________________________

同じ職場で働くスタッフやお客様へも大変失礼な心の持ちようで働いていたのだと思います。


急に発生した腰の痛み。

腰椎椎間板のヘルニアは、


足を引きずってしまったり
靴下を履く事も困難な状態でした。


痛みが続くと心も麻痺状態、
どうにか痛みを止めないと気がおかしくなる気がして、
ペインクリニックを受診しブロック注射を打ちました。


月1で3回くらいブロック注射を受けましたが、なかなか痛みはひかず、、

メッセージ、なのだろうな〜。


メッセージなら受けとる!
何がいけないのかとことん追求するから、早く痛みよ消えてくれ!


ただただ懇願、涙しました。


「いい加減、地に足つけないと大変なことになる」


「自分をちゃんと見つめ直して自分自身を生きなさい」


そんな風なメッセージがこの腰に込められているのだと、知っていく事に

CWtsyl6rzK.JPG
去年箱根で撮った写真。 
今気づいたんですが、真ん中に鍵が引っかかってるように見えます(^^)


現在腰のヘルニアは
リハビリと鍼を中心に治療してきて、大分安定してきていますが

痛みが減ってくると逆に無理をしてしまうので、今はどう過ごすかがかなり大事な時のようです。

このままの状態で仕事するのは危ないと本能的に感じるようになりました。
病気になり、
身体と心の声を聞くこと、向き合う事が自然にできるようになってきたのかもしれません。


せっかくご縁したお仕事でしたが、
腰が治るまでしばらく休職することにしました。

腰の痛み、一年は長いです。
まだまだ気づけって事かと。



長年引きずってきた心理的なもの、いわば課題。




おんなじ所をグルグルしてまた同じ壁に戻ってしまう癖


わかりやすい病気(痛み)というお知らせ



実は壁じゃなく扉で、「鍵」あったでしょ!


Wow!


とてもわかりやすいメッセージ。
だけど、見えてない時は
気づかないし見ようともしない。


まずは自分を良く知る。
ここがスタートになる!



↑このページのトップへ