「超特急のバックボーカル」という自覚を持って、8号車のために何ができるか。



自分の想いを、仲間を信じて。
たくさんの人と考えて、行動をしてきた。



未来をみるために。
僕らしかできないことで、みんなを笑顔にするために。

僕は、超特急と生きてきた。



超特急はほんとに素敵なグループです。
メンバーもほんとに最高におもしろい。
8号車のペンライトが、僕をいつも励ましてくれた。


支えてくれたメンバーとスタッフと8号車には感謝しかない。






夢の東京ドーム、7人で、8号車を連れて行きたかった。





楽しかった。
ほんとに楽しかった。
大変なこともあったけど、ほんとに楽しかった。
幸せだった。



6人と8号車と一緒に過ごした時間、見てきた景色、感じてきたこと。

それは、1人じゃ見れなかった世界。
大事な大事な宝物です。



じゃあ、なぜ?って思うよね。


ひとことでは言えない。


でも、言ってみると、


超特急が大好きで、突き詰め過ぎたから。「僕の超特急」と「現実の超特急」が、ズレてしまったから。







「脱退発表」から今日まで、僕の言葉で伝えることができなくてごめん。

僕から何を言えばいいのかなって、超特急と過ごした日々を思い返しながら、すごく、すごく考えた。


まだ、受け止めきれていない8号車がたくさんいると思う。

「ふざけんなよ」と、思う人もいると思う。

「嘘つき」だと思う人もいると思う。

「考え直して欲しい」という人もいると思う。



僕も、実感するのはもっと先だと思う。
胸張ってみんなにまた会えるように、一日一日を大事に生きていきます。






最後に。


ありがとう。