#1
#2





彼女は毎朝 希望に満ちている。


「ねぇままっ🙈❤

ももか、おおきくなったかな?!😍💦

はかってぇっ!!😳♥️」

ダダダダダーッ!!!!と、まで走り

ピッッと気を付けをしながら

まだ布団から出られない私のことを
少しも急かすことなく
ただただキラキラした眼差しで
わくわく気長に待っている

まるで子犬のような、可愛い子。


年少の頃からずっと
クラスで1番小さくて
測っても測っても
ちっとも伸びちゃいないのに

毎朝すごくワクワクしながら
嬉しそうに柱の前で立っている。

_var_mobile_Media_DCIM_137APPLE_IMG_7365.JPG

この子は本当に落ち込まないし、
諦めない。


すぐに大きくなれると信じて
苦手なものでも頑張って食べてるのに
次の朝に全然伸びてなくても、
2秒しか落ち込まない。


「あ!!ほらママ!😳
年少さんのときよりのびてるよ!!」


そう言って飛び跳ねながら喜んで
いつだって、前向きなのだ。
_var_mobile_Media_DCIM_137APPLE_IMG_7364.JPG


「そろそろ寝なかんね、モモおっきくなりたいんやろ?😚」と声をかけると

「そうか!( ॣ•͈૦•͈ ॣ)そうだね!!
わかったっ!!」って

それまでどんなに何かに夢中になってても
自分でじょうずに切り替えて

彼女が"寝る!"と決めたらなんと
ほとんど3秒で眠りにつく。



大好きなばぁばに会える日の前日も

「ねぇまま、あとどんくらいでばぁばにあえるの?😳❤」

「今日寝て、起きたら会えるよ☺️」

「じゃあねるっ😍!!!」

そう言って
なんと夕方の16時に颯爽と布団に潜り込み
ものの3秒で寝た。

そして案の定
夜中に目が覚めて
さすがに少しがっかりしていた。笑





子供からは、学ぶことが沢山ある。




私達はいつからこんなに、
心折れやすくなったのだろう。

きっと小さい頃はもっと前向きで、
わくわく探しの天才だったはずだ。

目標に向かって努力することを
もっともっと楽しんでいたはずだ。




そうだった

ちょっとぐらい
思うようにいかなくたって

自分の人生を振り返って見てみれば

こんなところまで 歩いてきたんだよね☺️