今回はキュレーションについてです。


キュレーションとは?▶情報を選んで集めて整理すること。(Weblioより)
例)bemool、WEAR、iQON など

実はTwitterのタイムラインの表示の形式も(設定により)キュレーションされている。
_20191103_151632.JPG
Twitterのホーム画面で赤枠の部分を押すと、時系列順もしくは人気順の投稿に分けることができる。(1枚目が時系列順、2枚目が人気順)
_20191103_151720.JPG
_20191103_151751.JPG
やってみた結果、少しだけ変わったのが分かる。

またTwitterでは広告もキュレーションされていて、ツイートの合間合間で、自分に合わせた広告が表示される。

私の場合、Twitterだと平均9.7ツイートのペースで広告が表示され、Instagramだと平均6.4投稿のペースで広告が表示されていた。

正直これ程多いとは思わなかったが、無料でSNSを利用しているので、無料維持にはそれだけ必要なんだなと思った。


ちなみにニュースなどのキュレーション方法はYahoo!とGoogle間でも違いがある。

Yahoo!ではニュースのうち、多くの人が興味を持つと予測される記事を買い取ってトップに掲載している。
一方Googleでは、ニュースサイトから自動的にロボットがキュレーションしている。

おそらくGoogleのキュレーションは、自分のこれまでの検索の傾向などからキュレーションされていると思うのだが、私が毎週楽しみにしている漫画のネタバレサイトが表示されてしまい、私が読む前に展開をバラされることが幾度となくあったのでこの機能を私は少し微妙に思った。



前回も述べたが、私たちには自分でまとめて言語化する力が求められている。

便利なまとめサイトはアクセスが高い。
Twitterでは、Togetterまとめ、モーメント機能(2018年10月23日からスマホを使ったモーメント作成はできなくなっている)など。
サイトでは、2ちゃんねる、NAVERまとめなど。
(NAVERまとめのアクセス数には陰りが見える)


私は今回の授業で、まとめる力がほんとうに必要とされている時代なんだなと思った。
また、まとめる力を持ってなにかを纏められたら世の中の役に立つだろうなと思ったので、よいまとめサイトを見て勉強してみたいなと思った。



今日もありがとうございました。






今回はスマホの普及、課題についてです。


_20191027_003942.JPG
_20191027_004016.JPG


私の場合は初めての携帯電話がスマホだったので、「そうだっけ?」と思う部分が多いのですが、たしかに意識してみるとSNSは片手で大抵の操作ができたし、Webページもバナーかリンクかボタンかどうかもわかりやすいなと思ったし、小さめのリンクやボタンが少なかった(指だと小さいリンクを押しづらい)ので、本当に意識して作られているんだなと感じました。


_20191027_004053.JPG
iPhoneにはあってandroidにはないアプリがあることを知っていたので、初めは私は逆だと思っていました。

_20191027_004211.JPG
私もTwitterはほんとによく見るので、情報リテラシーで書くレポートのような長文はとても苦手でしたが、今回の講義で少し危険だなと思いました。
長文に慣れられるようにしたいです。



5回目も、ありがとうございました。



※講義内で、女の子のiPhone率がすごく高いという話があったのですが、私も私なりにその理由を考えてみました。

① 始まりはよくわかんないけど、周りのみんながiPhoneだから
② スマホケース(カバー)はiPhoneの方が種類があるしかわいいから(実際私はandroidですが、ほんとにスマホケースの種類も少ないしかわいいものも少ないです)
③ アプリが安全
④ ギガ(容量)が多い
⑤ 形がかわいい(androidはどちらかというと四角っぽい)
⑥ airdropで共有が簡単にできる

私が思いついたのはこれくらいですが、1番有力なのは②、次点で①だと思います。
ほんとに周りの友達にはiPhoneユーザーしか居なくて少し肩身が狭いですね。笑


国内で利用されているソーシャルアプリ(1部)ですが、画像以上にたくさんあって驚きました。
_20191020_010118.JPG
 
次にTwitterとFacebookの主な違いです。
_20191020_010157.JPG
私はFacebookはやっていないので、Twitterのように見たい人だけフォローしておくことができないのは初めて知りました。

不特定多数の人間に見られる可能性が低いという点では安心ですね。
_20191020_010235.JPG
まさかSNSで国民性が現れるとは思いませんでした。
ちなみに、海外の人がSNSをする目的は、自分から発信していくことだそうです。

私がFacebookをやらないのは、Facebookは大人がやっている印象がとても強いからですが、もしかしたら日本人特有の性格が理由かもしれないですね。

日本は長らく島国として暮らしてきて、他の国の人が来るには昔なら船か漂着するかのどちらかになってしまいます。
世界では陸続きになっていることが多いように思うので、昔から他の文明と関わることが日本より多くなっているのではないでしょうか。
日本はそれがとても少ないので、身内に連絡する用だとか、ただ一方的に見る用、というような使い方が多いのかも知れません。

言葉が通じる人間が多いのは安心できますが、関係を閉塞的にしてしまう部分もあるようです。





短いですが、今日もありがとうございました。

↑このページのトップへ