月別アーカイブ / 2019年10月

フェイスブックで、キレイなアメリカ人女性から友達申請があった。

普通に連絡していたら、ライン教えてということで教えたら、

ラインでアクセスできた。
いろいろ話ししてシリアのNATOのドクターとのことでしたので、
ははー、詐欺だと思って、そう連絡したら、

じゃ電話しろと言うので、電話すると誰も出ない。

そのうちに、いい話があるっていうので、聞いていたら、

シリアで大金手に入れたので、これを貴方に送りたいとのこと。

ああ、こりゃ詐欺だということで、即ブロックしました。

英語でやり取りしていたので、面白かったですが、これは外交官に現金を貴方の家まで運ばせるので、一緒に事業したいというような話、

途中にどこかの空港で外交官の荷物が止められて、税金払わないと、現金持ち出せないので、

いくらか、すぐ送金して欲しいと言われる。

外国人の米軍とか、中東とか詐欺多いので気をつけてください。


男は、米軍のヘリコプターで、アリゾナ砂漠の中にあるクレーターから救出された。

それからアリゾナ州フェニックスの大きな病院の最上階に入院させられた。部屋の外には米軍のガードマン2人が監視していた。

男は、不明となった円盤の強奪容疑がかけられていた。

男は、ここ数日起こったこと(円盤を点検しに中に入ったらいきなり宇宙空間にいた)を正直に話ししたが、誰も信じてくれなかった。

その夜、男は夢の中で、円盤を操縦していた。とにかく猛スピードで宇宙空間をワープしていた。

すると、途中から2機の円盤に追いかけられ、攻撃された。ちょうど月の真裏で、その円盤2機をレーザー砲で撃破した。

男は目覚めると、身体中汗だくだった。異常な脈拍で身体の異常なアラームが出ていた。看護婦が飛んで来ると、鎮静剤の点滴を打たれた。

誰も気がつかなかったが、いつの間にか男の左腕には円盤を操縦する時計型のコントローラーが巻かれていた。

定年退職して、起業上手くいかず、再就職しましたが、

日本のネット求人制度は、実に、原始的な紙文化を、そのままネットに載せただけで、個人情報を登録しても、

積極的に仕事を探してくれないばかりか、結局自分で求人見て応募してくださいという制度です。

せっかくネットで電子情報登録させるのに、求人情報と応募者の組み合わせを自動でやったり、活用するところは以外に少ないのです。

したがって、年寄りは、手を上げてもほとんど応募要件に合わす、面接にも、いけない状況です。

若ければ、それだけでチャンスはあるのです。

年寄りは、清掃や交通整理、警備など安い単純労働はありますが、夢や希望はほとんどない感じです。

せっかくの経験やキャリアを生かせる仕事がないと、残りの人生をつまらなくしてしまいます。

年寄りにもアメリカンドリームをください。

↑このページのトップへ