月別アーカイブ / 2019年08月

タレントのマツコの発言に、政党の後ろにたくさんの有権者がいると言って、テレビ局に押し掛ける。

たまたま参議院議員になったからと言って、政治家先生がタレントの知名度目当てに議論吹っ掛けるなんて、しかも出待ちするなんて、身の程知らずの恥知らずではないでしようか。

ネットで票を固めて当選する、自分たちの主張を展開するのは勝手ですけど、権力や権威を傘に動かない方が良いのではないでしようか。

トランプのように勝てば良いとか、あるかも知れませんが、トランプはなんだかんだ、れっきとしたビジネスマンです。この党首とは比較になりません。


何年か前に、太陽光発電機の訪問販売をやつたことがあります。池袋で面接うけたが、試用期間は山梨県で勤務して欲しいと言われて、富士山の見える富士山駅近くの事務所で勤務した。
毎日、出発前に、仲間同士が訪問販売のトーク練習をしてから、車で出発、コンビニで休憩、それからその日の訪問するエリアに行って、訪問販売開始、

一軒ずつドアホン鳴らして訪問して行きます。全く対応してくれない場合が多いので、結構疲れます。人間否定されたような気持ちになります。体力勝負です。しかし、とにかく、落ち込まないでどんどん訪問することです。

結局、1か月で2件のアポしか取れませんでした。でも、何か今の自分の役に立っていると思っています。

お釈迦様が天国にある蓮池のほとりで、池の中を見ると、遥か下の地獄にカンダタと言う男が見えた。この男は大悪党だけど、以前にたつた一度だけ蜘蛛を助けたことがある。

お釈迦様はこの時のことを思い出して、蜘蛛の糸をこの男に向けて落とした。カンダタは目の前の蜘蛛の糸に気がついて、これをよじ登って行く。これで助かった。そう思って下を見たらたくさんの悪党たちが、蜘蛛の糸を登って来る。カンダタは、これでは蜘蛛の糸が切れてしまう。そう思って、下から登って来るたくさんの悪党に向かって、降りろ、これは俺様のものだ、降りろと叫んだ。

途端に蜘蛛の糸が手元から切れて、カンダタは元の地獄に落ちて行った。

お釈迦様は、蓮池から悲しそうにこの様子を見ていました。


この刹那さは、世の中にたくさんあるのではないでしようか?

↑このページのトップへ