ある晩、知り合いの家に招かれて、ミルクテイをご馳走になっていました。

そこの主人が魔術を見せてあげると言って、テーブルクロスの花柄をつまみ上げると、本当の花が出てきた。

今度は、テーブルクロスに描かれた金貨をつまみ上げると、古いヨーロッパの金貨が出てきた。

主人は次々にたくさんの金貨を私の前に積み上げて、どうぞよろしければ持って帰ってくださいと言う。

私は喜んで持ってきたカバンにそれを詰め込んでいました。

不意に誰かに肩を叩かれて、目が覚めると、ミルクテイから暖かい湯気が上がっていました。


なんか昔、芥川龍之介が、こんな短編書いています。細かいことは忘れてしまって、内容が分からないですが、

もう少し、魔術の中に居させてください。