まだ若い頃にロンドンに仕事で行った。アパートと言っても、一軒家の半分を借りてグループで使っていた。

食事は中華料理のテイクアウトが多かっが、たまにインドカレーを食べていた。

そこそこ安いのと、カレーは間違いないので、駅からアパートの帰り道にあるインドカレー屋に寄って食べた。もちろんインド人が料理している。

ある時、色んな種類のカレーを食べてみようとなって5種類頼んで食べたら、

どうやら一つだけ、みんなが食べないのがあって、食べて見ると、いわゆるドリアン系の匂いのするカレーだった。

味は美味しいのに、匂いがすごく厳しい。ドリアンやパクチー等の日本人の馴染みがない匂いは、慣れるまで時間がかかる。仕方なく俺一人頑張って食べた。

ドリアン、パクチー、臭豆腐、今では全く平気ですが、
あの頃は若かったし、ただ残さないように食べていた。



サラダバーが有名なレストランがある。

平日だとランチセットで比較的安く食べられる。よく一人でランチ食べに来るおじさんがいる。

開店前に駐車場でストレッチしたり、くるくる駐車場を歩いたりしている。食べてから運動した方がいいんじやないかと思うけど,よく見かける。

いつも平日ランチを一番で食べに来ている。野菜をたくさん食べに来ている。腹が出たおじさんなので、良いかも知れない。

なんか不動産屋さんかも知れない。時々携帯かかってくる。

うちは年取ってから、ここ数年は、ランチセットで、2枚の皿で食べる。

それでも野菜やパン、スパゲッティやカレー、スープ、ケーキ、アイスクリーム、飲み物で十分腹一杯になる。

この間、うちの奥さんが抗がん剤治療の検査の帰りに、坊主頭に帽子かぶったスタイルで行ってみた。

もう何年も通っているので、知り合いのウエイトレスは、いつも通り顔を見るとランチセットですねと声をかけてくれた。

気持ち良く腹一杯です。

男はホテルのロビーに座っていた。黒い背広にノーネクタイ。日焼けした細面の顔。

さっき頼んだブルーマウンテンコーヒーを香りを楽しみながら飲んでいた。

遠くからスリランカ航空のカバンを持った太った男がやって来る。男を見つけて、向かいのソファーに座った。

カバンから小さい箱を取り出すと男の前に置いた。男はすぐに箱の中身を確認して、背広のポケットにしまいこんだ。

太った男は、携帯電話でどこかに電話して、品物を無事に渡したことを報告した。

それから、2時間後、男は羽田に直結した川の川岸で、クルーザーに乗って客を待っていた。

数分後ベンツの3ナンバーに乗って背の低いサングラス男とその部下2人がやって来て、クルーザーに乗った。

5時間後、クルーザーは遥か沖に浮かんでいた。男はクルーザーからセメント詰めのドラム缶3個を海に投げ捨てた。




↑このページのトップへ