わたくし、ブログを3つ運営していたのですが、完全に1つに絞ることに決めました。

Ameba ブログです。

理由は文字や文章構成を作成する時の自由度が自分に合ってると感じるからです。

今度はこちらからよろしくですー‼️

Amebaブログ
https://profile.ameba.jp/ameba/hanari-inc/

「新たな"村システム"が、未来へのカギとなる」
_var_mobile_Media_DCIM_102APPLE_IMG_2969.HEIC
_var_mobile_Media_DCIM_103APPLE_IMG_3159.JPG
どこぞのジャパニーズマフィアと化するPEY氏(前段右)

7/15,16と友人のPEYくんに誘いを受け、「ポジティブ町(*1)」の住人たちとグランピング(*2)に参加した。※僕もポジティブ町の住人であり、いわば財務大臣とマスコット大臣を兼任している。(*1)ポジティブ町…Twitter上に存在する仮装の町(*2)グランピング…グラマラス×キャンピングの造語。快適さを兼ね備えた新しい体験型旅行そこで2日間とにかく酒にまみれハイテンションで突っ走った結果、今の今まで体力を使い果たしたのか体が謎の激痛を襲っているのだが、感想は楽しくて仕方なかった、に尽きる。そこで楽しいだけでなく、「やはり"ある考え"に間違いではなかった」と掲示も勝手に受けていた。いま日本は「世界イチ、子育てのしにくい国」とか「世界イチ、赤ちゃんに優しくない国」だと言われるのをご存知だろうか?枝葉の話でいえば、「子持ち家庭(シングル家庭含む)に対する国や地方の支援制度が良くない」などいわれるが、僕はまず根幹に近いところでいうと「地域社会と家族の解体」にあると考えている。「地域社会と家族の解体」と聞くとなんじゃそれ?と思う人もいるかもしれないが、これはれっきとした第二次世界大戦後のアメリカGHQ(*3)の日本の弱体化への政策だ。※戦争に負けた国が辿る一般的な流れ。(*3)GHQ…日本で占領政策を実施した連合国軍機関日本は古来から天皇をある種、神とし結束の強い珍しい國であった。「御国のために命を全うする」という思想は、天皇を絶対とする国の考えから来るものだ。だから戦後、天皇は裁判で裁かれるのをGHQが防いだしその思想を利用して日本への支配をコントロールしたとも言われる。そして日本を弱体化するのに行ったのが「家族の解体」である。それまでの日本は2世代、3世代が1つ屋根の下で暮らすのは当たり前のようにあり今は珍しいくらいで地方ではどんどん過疎化が進む要因ともなる。例えば子育てだったり子への教育はこれまで先代から受け継がれてきた大切な教養となってきたのだが、それを分断することにより家族の繋がりなども切る役割も果たしている。※絆という言葉を使いたくないのは、絆には「奴隷の鎖」という意味があるから。グランピングを通して確信したのは、「子どもにとって最適なのは親だけと暮らすことではない」ということだ。みんなが1つ屋根の下で暮らすのはいまプライバシーの問題からも最適ということではないが、ひとつの集合体として村のように「ひとりの子どもといろんな人が接して繋がり、両方が学び教えあい、支え合ってひとりの子どもを育てていく」環境こそが最適だという意味だ。先住民族の言葉には「ひとりの子どもを育ているのには、村全体でなければならない(出来ない)」というものがあるが、その通りだと思う。それは2人の幼い子を持つ親として感じるし、シングルマザー/ファザーの友人の話や状況を見ていて強く感じる子どもに関する問題にも通じる。シングル家庭は特に他人からの支援(それがお金であれ、繋がりであれ)に対して非常に不十分であると強く感じている。グランピングを経験し、いままさに堀江貴文さんの「これからを稼ごう 仮想通貨と未来のお金の話」を読んで強く思う。
これからを稼ごう: 仮想通貨と未来のお金の話
これからを稼ごう: 仮想通貨と未来のお金の話
www.amazon.co.jp

いま考えの中で、すべての人には得意な分野や役割があると考えていて

①HotSpot/Anchor(待ち合わせ場所/心の拠り所)
②SoftWear(コンテンツ/データを生み出す/作る人)
③HardWear(人が集まる機会を作る人(イベントを作成する等))
④Applist(ソフトとハードを一体化させたモノを開発/生み出す人)
以上に必ず誰しも該当すると考えます。

例えば、
①HotSpot(待ち合わせ場所)となる人は
居るだけで人が集まり"待ち合わせ場所"になってしまう、ぼくの友人であるPEYくんが該当し、Anchorとは船のイカリという意味ですが"心の拠り所"という意味もあります。

②SoftWearとなる人は、これまたぼくの友人であるハルさんが依頼者のドキュメンタリーをつくることに該当します。

ぼくは現在この中では
③HardWearに該当していて
[うつみん大学]、[ニシノ万博☀︎]、
[BBQ/"Snack Beeach Snack!!!"]

イベントを作って、
「人が集まる機会をつくる人」
となります。

人が集まる機会や場所をつくることで
人と人が繋がる運動をしているのですが、ただこれには弱点があり

「イベント主催者の価値が上がりにくい」ことにあります。

ぼくだったらイベント主催者よりも、イベントの講師や演者、コンテンツ内容に重きを置き、そこに価値を置いて
さらにその価値が高まりますし、イベント主催者はあまりというかほとんど興味が向きません。

中には興味持ってくれる人もいますが価値は相当低く見積もられています。
(たくさんイベントをした実体験として)

そこで、
かなりハイリスク/ハイリターンになるのですがぼくが目指したいのは

④Applistです。
名前の由来は、ぼくが大好きな
Apple社にあります。

また書籍など読んでもらえたら
もっとなるほどなー!となると
思うんですが、Apple社の強みは
ハードもソフトも両方開発し
相互にベストな形で起動することです。
(iPhone,iPod,iPad,Mac,Apple Watch,iTunes,App Store,Apple music...)

だからこそぼくは浮遊国家を
建国したいのであり、ハードとソフトが相互に起動するようなコンテンツを
作らなければならないと考えます。

いまぼくの恩繋(オンライン)サロンでは、そういったハードとソフトを兼ね備えたアイディアを投げて実現に向けて動いています。

もしご興味ある方はぜひご参加ください。

恩繋(オンライン)サロン
https://m.facebook.com/groups/2097257073820620
UOGVIQVU8X.jpg

↑このページのトップへ