昨日ZEPP NAGOYAにて卒業ライブを
行った名古屋大須のアイドルOS☆Uの
一期生で絶対的キャプテン『清里千聖』
グループ創設時からのメンバー
残念ながら昨日のライブには参加できません
でした、でもなんかそれで良かったと
思っています、特別な理由はないけど
彼女には『卒業』の二文字が似合わないから
まあその辺のことはどうでもいいとして
名古屋で活動している彼女たちと私の
接点なんか普通に考えればあまりないわけで
その奇跡が起こったのも2013年私が
とある公共放送のキャンペーンの
プロジェクトの一員として全国のご当地
アイドルを48組選出するというものでした
その時点で名前も知っていたしどんな感じの
グループかも知っていました、感想としては
「よくある制服アイドルを真似た感じ」
1/48の1グループがそのキャンペーンの
ランキングバトルを制するとは夢にも
思いませんし参加した他のグループは
メジャーデビューしていたり知名度も
高いアイドルもたくさんいました。
そんなランキングの発表をする
2013年12月1日事件は起きました。
その頃私がパーソナリティをしていた
ネットTVとランキングバトルの番組の
コラボをするという企画で発表の番組に
参加するグループが私の番組に訪れて
発表前の心境を聞くという内容でそもそも
お祭りのような企画でましてやその日自分の
番組は24時間生放送の途中というのもあって
めちゃくちゃテンションが上がっていたのを
覚えています。
そんな中ベスト3のグループで
唯一出演してくれたのが「OS☆U」でした
ファンの方の投票が熱いとも聞いていて
実際どんな子たちかも気になっていました
_var_mobile_Media_DCIM_123APPLE_IMG_3143.JPG
その番組に出演してくれたOS☆U
清里千聖は真ん中です

そして実際に合ってなぜファンから
愛されるのか応援されるのかが
すぐにわかりました
なんだか「応援したくなる」のですね
理由になってないかもしれませんが
番組中にもし1位になったら曲書きます
の言葉に素直によこんでくれたというのも
あります、ここ昨今曲書くぐらいまあ
誰でもできるのでちょっと知った子なら
リアクション薄いのも知ってましたので
彼女たちの反応にはなんだかピュアさを
感じました、なので全力で楽曲面を支えよう
とその時なんだか思った気がします

そして見事優勝しました!!
その後の場所を移動してライブを行った
のですがそこでも素直に喜んでました

さらに彼女たちを応援しようと思った
エピソードがありました、私は
まだ番組が24時間まで3時間ほど残って
いたのでスタジオに戻って番組を続けました
でもなんだかテンション高くてダメ元で
彼女たちの出演をお願いしました

すると本人たちは「出たい」
と言ってくれたのです

もうこれは応援決定ですね

なんでしょう素朴というかピュアというか
実際そうでもないところもあったのですが
そんな感じでした・・・
_var_mobile_Media_DCIM_123APPLE_IMG_3142.JPG
その番組が終わったすぐあと

このメンバーも先日のAKB渡辺麻友さん
卒業で私が提供した曲でのMVでの
神7最後のメンバーといいましたが今年
いっぱいでこの写真のメンバーみんな
いなくなっちゃいますね・・・

話かなり脱線しましたが
その話の中で人懐こく話をしていたのでが
千聖でしたね、そして意外なのがYoutubeで
掘っていくと彼女は最初は中心メンバー
というよりサイドでって感じで
ちょっと地味だったりしました
もう出会った頃はそんな感じでは
なかったのでなにがあったのかも興味
ありました、そんな中楽曲プロデュースで
絶対にしようと思っていたのが東京に
呼び寄せるのではなく大須に私自身が
行って大須商店街にOS☆Uの中に入って
何かを感じながら制作するということでした

なのでまずはキャプテンである千聖と
いろいろ話しました、その時から今後の
ことも話したと思います

何かあると「どんな感じ?」と聞いていた
気がします、自分のことだけでも大変なのに
大所帯になってゆくグループの新メンバーにも
気を利かせてバランスをとっていたのも
すごく印象に残りました

そして何よりも思い出深いのが
まさに清里千聖ソングな
「ちゅるんちゅるんに気が付いて」
の製作時の思い出ですね
当時東京にドラマの撮影なんかがあって
そうとう多忙だったと思います
一気に千聖に重圧というか期待が高まった
瞬間でしてその中で強行軍であの曲を
レコーディングしました、で実はその前に
東京に別の用事で来た時に名古屋に帰る
前にプリプロ(事前にレコーディングの予行
をすること)を私の自宅スタジオでやりました
朝ホテルがある場所に迎えに行き
普通に電車乗ってうちに来て
作業したのも覚えています
まあなんだか変な光景でしたが・・・

そんないつものレコーディングより
丁寧に作り大須でのレコーディングも
何度も何度もやり直して明日早いのに
最後まで付き合ってくれました
_var_mobile_Media_DCIM_123APPLE_IMG_3158.JPG
その完成直後のやりきった千聖

そして振り付けにもこだわってリクエスト
しまくって最高の一曲ができました
あの後何曲も作りましたがやっぱり
OS☆Uでのベストソングはいまでも
「ちゅるんちゅるん〜」なのは変わりません

ただ間奏のパラパラのオーダーに対して
千聖が若干いやがっていたのも今では
笑えるエピソードですがね・・・

その後の派生ユニット、別グループの活動
どれも全力でぶつかっていましたね
すべてをやりこなすのではなくやりきって
いました、どんなに疲れていても
たまに大須行った時にも「たなべさ〜ん」
といつものように声かけてくれたし

本当にいろいろ迷ったこともあったでしょうし
これからも壁にぶつかる時もあるでしょう
それも7年半の活動を思い出せば
なんてことはないでしょう、かなり濃かった
7年半だったですしね・・・まあ千聖なら
大丈夫だと思います。

そう思うとやはり千聖はOS☆Uだったとも
言えるしOS☆Uではなくたった1人の
清里千聖だったような気もします
自分をしっかり持ってこれからも
頑張ってくださいね、応援しています

最後にやっぱり「卒業おめでとう」と
言っておきますね・・・

長文読んでいただきありがとうございました

最後に2:15秒あたりの清里千聖を
ごらんください、歌い終わっての
ドヤからの若干の照れ・・・
これこそ千聖なんでしょう(笑)