どうも(・ω・`=)ゞ
新日本プロレスの最強ジュニア選手決定戦、Best Of Super Jr.、略してBOSJの2019年、つまり令和元年大会出場選手が発表になりましたね!!!!!
出場選手は以下のリンクを見てもらえると分かりやすいと思います。
やっべー…スゲー豪華…。
今の感情をジョジョ(何故?)で言えば
IMG_20190130_103355.jpg
こんな感じ。
何故かと言えば、俺Jr階級の選手が好きなんです。
俺、身長が平均より大分低いのがコンプレックスでして。
まぁ中学高校の頃から背の順で並べば前から三番目とかそんなもん。
でもJr階級の選手たちはヘビー級に比べて身長が低かったり体重が軽くてもヘビー級の自分より大きな人たちにガンガン真っ正面からぶつかってくわけです。
それで、「あ、身長差あっても、要は自分の気持ちなんだ。」と気付かされました。
プロレスには色んな事教えてもらいましたよ…、プロレスなくして今の俺なし。

そして!
5月18日、19日の二日間!!!
俺が住んでる山形市に来るわけですよ!!!!!!
拍手~👏👏(*’ω’ノノ゙☆パチパチ👏👏
何故か二日間、19日は仕事なので18日しか見に行けません、クソァ!!!
今までからだの調子が悪く見に行けなかったお袋は両日とも参加、初日は俺、二日目は親父に託し、家族で楽しむこととしました、お袋羨ましい🤤
昔から女子プロレスの試合を見に行ったりしていたお袋も新日は初参戦、実家に帰ると「サイン会誰かなぁ」とか「写真撮影誰かなぁ」とか話が盛り上がります。
ちなみにお袋はCHAOS好き、特にオカダ選手、YOSHI-HASHI選手、石井選手のファン、親父は柴田勝頼選手のファン、家族で生放送を視聴し、アホほど盛り上がります。

話を戻しましょう笑
今回期待する選手はズバリ3人!!!!
そこ!多いとか言わない!!
選手名鑑-15-392x523.jpg
The Dragon
鷹木信悟選手(新日本)
DragonLee_2018122_4-1-392x523.jpg
暴走マッスルカー
ドラゴン・リー選手(CMLL)
Osplay_20180522_1-1-392x523.jpg
ジ・エアリアル・アサシン
ウィル・オスプレイ選手
(新日本)

かなり迷いましたがこの三人にしました。

体重が比較的軽いJrヘビー級の選手の中でも異彩を放つパワーファイター、鷹木信悟選手、去年から新日本プロレスに参戦していますね。
正直思いましたよ、「Jrでこれは反則だろ…」と。
でも飛んだり跳ねたりだけがJrではない、とファイトで納得させる男、それが鷹木選手の良いところだと強く思わされました。

CMLLのドラゴン・リー選手は現在のIWGPジュニアヘビー級チャンピオン。
つまり、現在の新日本プロレスジュニアヘビー級の中で一番、となってるわけです。
基本はルチャの本場、メキシコのプロレス団体CMLLで活躍するドラゴン・リー選手ですが、なんと今年で24歳!
俺と同い年!!
そりゃあ応援したくもなるでしょう。
また、ドラゴン・リー選手は生粋の新日本ファンとしても知られており、試合中新日本の選手が使う技を使ってみたり、カタコトで「イッチャウゾバカヤロー!」と小島聡選手の真似をしてみたり、「シバタサァーーーン!!」と柴田勝頼選手の名前を叫んで柴田選手の技を使ってみたり、好きが溢れています。
ライバルの高橋ヒロム選手が出ていないのが少し残念ですが、いつか二人の試合をまた見たいものです。

そしてイチオシ、ウィル・オスプレイ選手。
今年の1.4東京ドームでNEVER無差別級ベルトを戴冠し、ヘビー級の選手と戦いまくって良い結果を残していたので、「BOSJには出ないのかなぁ…、残念。」と勝手に残念がっていました。
そんな予想を良い意味で裏切っての参戦!
嬉しいのなんの。
正直2m超えの選手に勝ったりしてるので、誰に勝ってもインパクトはどーしても薄くなる気がしますが、そんなこたどーでもいい、オスプレイ選手らしいトンでもねーファイトを期待しています。


やっぱりこれにKUSHIDA選手がいないのがとっても残念でなりません。
ですがKUSHIDA選手もNXTでのデビューが決定しましたから良いニュースは続いています。
「日本のジュニアが最高峰!!!」
ってところを、選手の皆さんに期待しております。

あと個人的に、山形での最高のファイトをとっっっっても期待してます、お願いします。


どうも。
今回はお久しぶり、コトダマンの話。
もう少しで一周年を迎えるコトダマン、かなり力を入れてイベントを実施しています。

二ヶ月前は進撃の巨人とのコラボ、少し前まではペルソナ5とのコラボイベントを実施しており、今月末からはなんとエヴァンゲリオンとのコラボを予定しており、こんだけ短期間に多くのコラボイベントを実施することで、多くの新参プレイヤーを獲得しております。

そこで今回は、一周年以降のコラボで何を期待するか、僕の希望を並べていきたいと思います。


①北斗の拳
f9bdc_80_6b3b2ecb_e33457e7.jpg
説明不要、少年ジャンプで連載していたアクション漫画。
時は世紀末、核戦争後の荒廃した世界を舞台に行方不明となった婚約者、ユリアを探す主人公ケンシロウの冒険譚です。
さて、、実際にコラボしたときのキャラクターですが。
ガチャ
☆5「け」ケンシロウ   ☆5「と」トキ
☆5「ら」ラオウ
☆5「し&ふ」ジュウザ&フドウ
☆4「れ」レイ    ☆4「し」シュウ
降臨
  魔級☆5「か」カイオウ
  上級☆5「さ」サウザー
  上級☆5「し」シン
  中級☆4「ゆ」ユダ
  中級☆4「し&あ」ジャギ&アミバ
配布☆5「ゆ」ユリア(回復)

みたいな感じでしょうか。
現在コトダマンには「技によって相手の防御力を弱体化させる」というのがありますから、北斗神拳と非常に相性が良さそうに見えるのですけれども。
出してみたら文字も使いやすいし。


なんかこーゆー妄想するのとっても楽しいですね、次にいきましょうか。


②機動戦士ガンダムシリーズ
99b0ce46b8509ddf9c105301408071ab.png
シンカリオンとエヴァンゲリオン、2つのロボットアニメとコラボをしているコトダマンですが、ロボットアニメならガンダムでしょう!!!
いやただの僕の好みですけどね、勿論エヴァも好きなんですがガンダムには思い入れが強くて…。
シリーズ多すぎてどれを選出しようか迷いましたが、ここは「宇宙世紀」シリーズということで是が非でもお願いしたい!!
そんなわけでキャラ、もとい機体ですが。
ガチャ
  ☆5「に&か&あ」vガンダム&アムロ
  ☆5「せ&か」Zガンダム&カミーユ
  ☆5「ゆ&は」UCガンダム&バナージ
  ☆4「た&し」ZZガンダム&ジュドー
  ☆4「か&あ」ガンダム&アムロ
降臨
  超級☆5「さ&し」サザビー&シャア
  上級☆5「し&は」ジ・O&パプテマス
  上級☆5「し&ふ」シナンジュ&フロ                     ンタル
  中級☆4「き&は」キュベレイ&ハマ                      ーン
  中級☆4「え&ら」エルメス&ララァ
配布☆5「は&ろ」ハロ
出してほしい奴はもっとたくさんありますが…ッ!この辺で…ッ!!
ちなみに「v」は「ニュー」、「Z」は「ゼータ」、「ZZ」は「ダブルゼータ」、「UC」は「ユニコーン」と読みます。
ハロは福によって「ろ」も使えるようになると コトダマン感出ますかね?
「ろ」はあまり需要無さそうですけど笑
コトダマンのスタッフさんは絶対ロボ好きが多い(例:ナメカタさん)ので、話には絶対上がってると思うんですけど…。


③KOFシリーズ
kyo_xiii.jpg
初社外ゲーム会社コラボはSNKでどうでしょうSEGAさん!!!!!(ゴリ押し)
結構歴史が深いSNKの格闘ゲームシリーズはそれぞれのキャラが個性的過ぎたりカッコよかったり可愛がったりで話題になります。
最近はよく他社とコラボしてるのでしやすいと思うんですよね~。
ガチャ
  ☆5「き」草薙京
  ☆5「い」八神庵
  ☆5「て」テリー・ボガード
  ☆5「り」リョウ・サカザキ
  ☆4「は」覇王丸
  ☆4「あ」麻宮アテナ
降臨
  超級☆5「お」オロチ
  上級☆5「け」ゲーニッツ
  上級☆5「き」ギース・ハワード
  中級☆4「か」Mr.カラテ
  中級☆4「き」牙神幻十郎
配布
  ☆5「し&ら&ぬ&い」不知火舞

ほらいっぱい出てきた。
ちょっと火属性多目になっちゃいましたけど、あの世界は火を使うキャラ多いんですよ。
KOF、飢狼伝説、龍虎の拳は外せないと思ってもう1作品セレクトどうしようかな、とか思いましたけど、新作復活も近いサムライスピリッツをセレクトしました。
皆アクション派手だし、コトダマンのアニメーションは絶対マッチすると思うんですけどね~。
舞さんも福によって「しらぬい」を使えるようにしたら面白いかも、モチベーション上がるし。


④新日本プロレス(第2弾)
IMG_20190407_221157.jpg
ぶっちゃけこれが本命です笑
去年実施された新日本プロレスコラボでは、新日本プロレスのファンはコトダマンを始め、コトダマンユーザーの中のプロレスに興味を持った方はプロレスを見てみたり、相互にプラスとなる事がありました。
第1弾ではオカダ選手、棚橋選手、内藤選手、KUSHIDA選手、永田選手、本間選手、ケニー選手、真壁選手、天山選手、小島選手の10人がキャラクターとして出ましたが、一年たった今、ケニー選手とKUSHIDA選手は退団、ジェイホワイト選手がIWGPヘビーチャンピオンになったりかなり動いています。
なら、今こそ!!コラボ第2弾で新規のユーザー、そしてキャラの追加を行うと良いのではないでしょうか。
そんなわけで参戦選手希望。
ガチャ
  ☆5「い」飯伏幸太
  ☆5「う」ウィル・オスプレイ
  ☆5「い&さ」EVIL & SANADA
  ☆5「し&よ」SHO & YOH
  ☆4「こ」後藤洋央紀
  ☆4「た」田口隆佑
降臨
  超級☆5「し」ジェイ・ホワイト
  上級☆5「た&ふ」鷹木信悟&BUSHI&                   高橋ヒロム
  上級☆5「た」タマ・トンガ&タン                       ガ・ロア
  中級☆4「す」鈴木みのる
  中級☆4「な」中西学
配布☆5「お」オカダ・カズチカ

正直結構無理矢理だなぁとは自分で感じてます笑
ですが現在の新日本プロレスでジェイホワイト選手というヒールは輝いていますし、それにはオカダ選手で対抗させたく思い、水属性にしました。
あとロスインゴのメンバーは全員出したかった…!だから無理矢理三人くっつけました笑
複数文字を持つコトダマンも出たことから、タッグも組ませやすく、妄想がはかどりましたよ。


いかがでしょうか。
ただの一個人の妄想及び希望なので、まぁ通らないことは分かってますけどね。
でも望んでいるファンは俺だけじゃないはず!!!!!!!

運営さんに!
届け、この思い!!!!!!!
コトダマーのみなさぁぁぁぁぁん!!!!
あぁぁぁぁぁぁいしてまぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁす!!

ども。
プライベートが忙しく久しぶりの更新になった猿です。
今回もまたプロレスの話。
というのも4月7日、日本時間の7時30分から新日本プロレスのニューヨーク大会があったのです、この前東京ドーム大会があったばかりなのですがあまりにも豪華すぎるカードでビックラこきました。
しかも舞台はマディソンスクエアガーデン、通称MSG。
1968年に開場となったこの会場は、二万人規模を収容できる世界の格闘技、エンターテイメントの殿堂です。
昔、アントニオ猪木氏やジャイアント馬場氏等も立ったことのあるこの会場ですが、新日本プロレスがメインで試合をするのは初めてだそうです、そりゃ気合い入るわ。

当日は宿直勤務で生放送を全く見ることができず、今日の楽しみにするためにTwitterも禁止とし、先程タイムシフトを見終わったところであります。

東京ドーム大会のときにもやりましたが、今回も印象深い試合をランキング形式で3つご紹介しましょう。
正直3つじゃ足りないんですが、アホみたいに長くなりそうなので、抑えときます笑


第3位 
「第0試合 ニュージャパンランボー」
今回のこの興行、日本のプロレス団体である新日本プロレスとアメリカのプロレス団体であるROHとが共同で行う興行試合となっています。
数々のタイトルマッチに関わらない選手が総出でバトルロイヤルをするのがこのニュージャパンランボー。
敗北条件はオーバーザトップロープ、つまり一番上のロープから場外に出されたりしたらその場で脱落となります。
Screenshot_20190407-221951.png
どうですかこのワチャワチャ感!!
人が多すぎて訳分からないことになってます笑
当初、出場選手は30人とアナウンスされていました。
30人が出揃った後、何故か「プワァーーーン!」と入場の音が。
31人目?誰だ?
誰もがそう思いました。
そんなとき入場してきたのは、
IMG_20190407_220957.jpg
IMG_20190407_220919.jpg
まさかの!
東洋の神秘こと、
グレート・ムタ選手!!!
これには現地だけでなく日本で見ていたファンも大盛り上がり。
それもそのはず、だって引退を表明していたのですから。
本人隠すつもり無いので言っちゃいますけど、武藤選手はムーンサルトプレスの代償により膝が限界を迎え、昨年の3月、一度引退しました。
でもその時、
「必ず、俺はプロレスに戻ってくるよ。」
と、言葉を残しました。
ただその膝のため、ムーンサルトプレスは二度と打たないと明言していたのです。
今回も別にムーンサルトプレスを打ったわけではありません、ですが全く予想していなかった参戦に驚いたのなんの。
IMG_20190407_220949.jpg
こうやって世界の獣神、獣神サンダーライガー選手と向き合うのも、
なんと23年ぶり。
どうなったって盛り上がる訳ですわ。
結果、よく分からない終わりかたになってしまいましたが、かなり豪華な試合だったことには変わりありません。
武藤選手、及びグレート・ムタ選手のこれからの更なる活躍を期待しております。


第2位
「第8試合 IWGPインターコンチネンタルタイトルマッチ」
IMG_20190407_221445.jpg
チャンピオンは先日北海道でタイチ選手から防衛を果たした内藤選手。
チャレンジャーはニュージャパンカップ2019において一回戦で内藤選手を下している飯伏幸太選手です。
新日本プロレスのファンなら何度も見たことがあるこのカード。
なにせ二人は同い年、良きライバルなのです。
二人とも、お互いを「あの人との試合は楽しい」っても言ってますしね。
飯伏選手、このインターコンチネンタルのベルトに相当な思い入れがあるらしく、実は4年前から狙ってました。
結局一度も腰に巻けたことはなかったのですが、なぜそんなに思い入れがあるのか。飯伏選手曰く、
「僕にとって、神と呼ぶ二人が巻いていたベルトだから」
だそうです。
選手名鑑3-12-392x523-1-255x340.jpg
「100年に一人の逸材」
棚橋弘至選手
と、
show_match_icon.jpg
「キング・オブ・ストロングスタイル」
中邑真輔選手
の二人のことを指します。
棚橋選手倒した技も、「カミゴェ」ってつける位ですからね。
マディソンスクエアガーデンの数ある試合の中で唯一の日本人対決は、予想以上に素晴らしいものでありました。
内藤選手は自分のペースに持ち込むのがとても上手な選手ですので、どうなるかなぁ~とかは思ってたんですけど。
終盤。
内藤選手がグロッキー状態のときにコーナーの側で、ゆらーっと。
ほんとに、ゆらーーーっとしたんですよ。
どうしたと思ったら間髪入れず
ボマイエェェェェェ!!
2連発ゥゥゥゥゥゥゥゥ!!
これには内藤選手もビックリ。
「2発目はVトリガーだ!!!!」という方もいらっしゃいましたが、両足折ってるし海老ゾリだし、どちらかというとボマイェに近いのではないのでしょうか。
IMG_20190407_221149.jpg
結果、勝利したのは飯伏選手。
二人の神が巻いたベルトを見事戴冠しました。
個人的に写真右側の飯伏選手にうるっときました。
心の底から欲しかったのが自分の力で手に入ったときって、きっとこんな感じなんでしょうね。
お二人とも、激闘お疲れさまでした。


第1位
「第10試合 IWGPヘビー級タイトルマッチ」
IMG_20190407_221237.jpg
この力を入れまくった興行試合のメインイベントは、IWGPヘビー級チャンピオンのジェイ・ホワイト選手対ニュージャパンカップ2019優勝者であるオカダ・カズチカ選手のタイトルマッチでした。
以前オカダ選手にだけ書いたときも言った気がしますが、チャンピオンでなくなったオカダ選手は、なんとなく今までよりも試合を楽しんでいるように見えました。
なんでかなぁと思ってたんですけど、感情を隠さずに出すようにしたからかな、と思いました。
あまり言葉にはしません、ですがどれだけ新日本プロレスを愛しているのかはファイト中の顔やモーション、感情で充分伝わります。
オカダ選手の入場時、当時実況の野上慎平アナウンサーはこう実況します。
「愛してますと口にしたことはないけれど、その気持ちは同じです。」
「いろんな人がアメリカに行ったけど、俺はこの新日本のリングが、世界一だと思っています。」
「誰の異論もありません!!レインメーカーよ!!MSGの中心で!!今こそぉ!!俺たちの新日本を世界に見せ付けてくれぇ!!!!」
IMG_20190407_221106.jpg
ビックマッチでよく実況する野上アナウンサーの良いところは、ピンポイントで観客の思ってることを代弁して叫んだり、選手の立場になって台詞のようなことを言ってみたり、とにかくプロレスへの愛がデカ過ぎるところです。
俺は大好きです。
チャンピオンのジェイ選手もオカダ選手も、共通する点は多いです。
顔良し、スタイル良し、センス良し、カリスマ性も高い。
ですが、実況や解説でもなぜそんなに「格が違う」と言われるのか。
俺個人は「ファンにチャンピオンとして認められているか」だと思っています。
勿論経験の差もあると思いますが、それでも「チャンピオンはこの人でなければ!」ってのは誰しもあると思います。
なんてったって団体の顔ですからね。
先程も言いましたが、別にジェイ選手は弱いからだめだとかそーゆーのじゃありません、むしろ滅茶苦茶強いと思います。
でも本人が誰の指示に従ったにしろ、一番好きな選手の退団試合に水を刺されたら、嫌いになりますやん。
本人が嫌われるような行動をたくさんしている「ヒールレスラー」ですから、ヒールとしては素晴らしいと思いますし、俺は堂々とブーイングを送りたいと思います。
試合中はなんとなくジェイ選手のペースで試合が進み、でもそれに乗った上でオカダ選手も負けじと攻め、最終的にはお互いの必殺技を一発ずつ相手にかけたのです、でも試合は終わらない。
どちらも「一撃必殺」と言われるような技ですから、会場も生放送も衝撃。
オカダ選手のレインメーカーを喰らってフォールされても返すジェイ選手、ジェイ選手のブレードランナーを喰らったがフォールされなくて助かるオカダ選手。
その隙をオカダ選手は逃しません。
ドロップキック、ローリングツームストンパイルドライバー、ジャーマンスープレックス、レインメーカー連発。
これでもかというほどのオカダ選手全力のフルコース。
そんなことされたら耐えれるわけもなく、オカダ選手が勝利しました。
IMG_20190407_221157.jpg
IMG_20190407_221028.jpg
「平成最後の東京ドームでのIWGPヘビー級チャンピオン」は棚橋選手でしたが、
「真の平成最後のIWGPヘビー級チャンピオン」はオカダ・カズチカ選手
となったわけです。
個人的には最高の結果となってくれました。
間違いなくこの写真は新日本の伝説になると思います。



三試合語るだけでこんなんなっちゃいました。
次のシリーズからはまた、新しい景色を新日本プロレスさんには見せてもらえそうです。
もっと語りたいことはあるんですよ?
俺が好きなオスプレイ選手は負けちゃうし、ドラゴンリー選手はカッコいいし、その他諸々です。
でも今日はこの辺にして、またの機会とさせていただきましょう。
See you !!
Next time !!!!!!

↑このページのトップへ