_var_mobile_Media_DCIM_100APPLE_IMG_0460.JPG
韓国2日目。

昨日の疲れのせいか二人で爆睡。

珍友を起こし、用意をしていざ出陣。

寒い。とにかく寒い。

この日も気温は-16度。

とりあえず朝ごはんを食べようとなり

近くのパン屋さんに入る。

おしゃれなごまかし方でいうと二人でブランチをした。

私が支払いしてるときに何やら珍友が誰かと話している。

パンとコーヒーを受け取り席につくと隣にカップル。

男性は韓国生まれ、女性はルクセンブルグ生まれ。

だと思う。

_var_mobile_Media_DCIM_100APPLE_IMG_0315.JPG

名前はイヴァンとマリー。

気さくに話しかけてきてくれた。

のちのち話して行くと二人は結婚してるみたい。

素敵。

韓国に旅行に来ていること、

2泊3日の短い旅であること、

を話したら昨日はどこに行ったの?と聞かれた。

ミョンドン、トンデンモン、あとは忘れた。

(名前表記がまじで覚えられない。)

と告げると「は?そこしか行ってないの?バカなの?」

的なことを言われた。たぶん。

バカはいってないと思う。

そう、怒られた。ナイスなスマイルで怒られた。

きっと東京でいう原宿とか渋谷にしか旅行してないの!?

みたいなニュアンスだと思う。

そしたらイヴァンがオススメのスポットを沢山教えてくれた。

伝統的な建物や、ミュージアム、市場、などなど

私たちのグーグルマップに印を沢山つけてくれた。

なんて優しいんだ。

二人でそのルートを回ることを決めた。

オススメを聞きながら、お互いに色々な話をした。

マリーは韓国でスノーボードの先生をしている。

イヴァンは何をしているのか聞くの忘れた。

マリーは日本の自然やカルチャーが大好きみたいで、

日本でスノボーをしたいらしい。

ちゃんと乗鞍を宣伝しておいた。

イヴェアンはとにかく食べ物の話になると止まらないらしく、

日本の寿司を沢山食べたいって嬉しそうに話してた。

とくにウニが好きみたい。

マリーはクールでスマートなイメージ。

イヴァンはおちゃめで、元気、たまに話を聞いてない。

その二人の関係性が絶妙だった。

平昌オリンピックで見たい競技。

マリーはスノーボード。

イヴァンはフィギュアスケート。

「これが結婚問題なの。」

ってマリーが言ってて面白かった。

そんな話を延々とした。

多分4人で1時間半くらいくっちゃべってたんじゃないかな。

東京に来た時はみんなでまたお茶しようって約束してグッバイ。

二人に癒されながら、私たちも散策の始まり。

外に勢いよく飛び出す!

凍る。とにかく凍る。

話の続きはまたのちほど。

チョンマルマシッソヨ!


2月6日は「ぐでんぐでん」@中目黒楽屋!
植松陽介と稲泉りんと三人で、
ぐでんぐでんしながら歌います。
まだお席あるみたいです。
ご予約、詳細はこちらから!

http://rakuya.asia/cgi-bin/rakuya/miwadiary_schedule.cgi?date=20180206&post_id=4389&job=this#4389