韓国旅行2日目の続き。


都会で、雪がない世界でマイナスの温度を体験するのは人生初めてなのでどうしていいか分からなくなる。


しかし人間というものは順応することには長けてる。


2日目にしてだんだん慣れてきていた。


外に滞在していられる時間も長くなってきた。


セブンイレブンを見つけるまでは。


見つけたら入っちゃう。そりゃ入っちゃう。


さて、バスにのって私たちは景福京という場所に向かった。


到着するとすぐ何やら賑やかな音と、


鮮やかな旗が伝統的な建物の向こうでチラチラしてる。


中に入ってみると、王宮守門将交代儀式という伝統ある儀式をしていた。

_var_mobile_Media_DCIM_100APPLE_IMG_0490.JPG


朝鮮時代に王宮で門の開閉や警備を担っていた「守門軍(スムングン)」の交代の様子を再現した

ものだそう。


太鼓を叩き、楽器を鳴らし、武器を持って行進する姿がとてもかっこよかった。

京福宮はビルと山に囲まれ、その中で歴史的建造物はすんと建っていてとても不思議な世界だった。

_var_mobile_Media_DCIM_100APPLE_IMG_0480.JPG_var_mobile_Media_DCIM_100APPLE_IMG_0397.JPG

韓国に行った際は是非に。


儀式が終わり、建物を見学。


チマチョゴリを着ているガールズが沢山いた。


が、みんなその上から分厚いダウンを羽織ってた。


写真を撮る時だけさっと脱いでポーズをとる。


れを彼氏が撮る。友が撮る。


そりゃそうだわな。寒いもんな。


って珍友と完全防備でその光景を眺めた。


建物には龍と虎とかの絵が描かれてた。


やはりお隣の国。


日本とどことなく似ている部分もあってとても興味深かった。


韓国の普通のお家もそうだけど、レンガで作られている部分もあって少し洋も感じられた。



_var_mobile_Media_DCIM_100APPLE_IMG_0494.JPG


そして敷地がすごく広い。ものそい広い。


歩くたび同じような建物が次々と現れる。


そろそろ寒さの限界がきた頃、目の前に博物館が現れた。


よし、歴史を知ろうではないか!


という中途半端な理由でたまたま見つけた博物館に入る。


中では韓国の人々が昔どんな暮らしをしていたかを知れる資料が沢山あった。


しばらく、歩き回って、展示品や資料を眺めた。


文化は違っても、やっぱり日本と似ている部分が多々ありすごくほっこりした気持ちになった。


韓国は、極寒を生き抜く術を備えているので、ふるさとの乗鞍を思い出す瞬間も。


博物館にあるカフェで温かいものを飲んで、


体が温まったところで探検再スタート。




誰一人いない静かな広場にてきゃぴきゃぴしながら珍友と二人でしばらくこれで遊んだ。


そして、そろそろ飽きてきたところで


イヴァンが教えてくれた現代美術館へ移動。


現代美術館久しぶりに入ったけど面白かった。


みんな頭の中おかしい。変態。天才。


_var_mobile_Media_DCIM_100APPLE_IMG_0495.JPG

韓国語だから何も読めなかったけど。


どこの国もぶっ飛んでる人は沢山いて自由なんだと再確認。


素敵だった。


刺激いただきました。


そんなこんなで18時になり美術館が閉館。


そのあとは、夜ご飯を食べに市場へいくのです。


続きは後ほど。


チョンマルマシッソヨ!


_var_mobile_Media_DCIM_100APPLE_IMG_0498.JPG



2/16は最高なベーシスト大神田さんプレゼンツライブ!

私も、ガンガン洋楽歌います!かもんぬ!


2018/02/16(金)

大神田智彦 presents

OVERDOIN' IT

@元住吉POWERS2

OPEN 18:00/START 20:00  

ADV¥3000/DOOR¥3500


◾️LIVE

大神田智彦 (Bass)

天倉正敬 (Drums)

田中義人 (Guitar)

石成正人 (Guitar)

川口大輔 (Key)


★Guest Vocal

竹本健一 (Vo)

高橋あず美 (Vo)

■TICKET&INFO

元住吉POWERS2

TEL 044-455-0007

MAIL powers_two@ybb.ne.jp

WEB http://www.powersbar.com/powers2/

〒211-0021川崎市中原区木月住吉町21-5


_var_mobile_Media_DCIM_100APPLE_IMG_0460.JPG
韓国2日目。

昨日の疲れのせいか二人で爆睡。

珍友を起こし、用意をしていざ出陣。

寒い。とにかく寒い。

この日も気温は-16度。

とりあえず朝ごはんを食べようとなり

近くのパン屋さんに入る。

おしゃれなごまかし方でいうと二人でブランチをした。

私が支払いしてるときに何やら珍友が誰かと話している。

パンとコーヒーを受け取り席につくと隣にカップル。

男性は韓国生まれ、女性はルクセンブルグ生まれ。

だと思う。

_var_mobile_Media_DCIM_100APPLE_IMG_0315.JPG

名前はイヴァンとマリー。

気さくに話しかけてきてくれた。

のちのち話して行くと二人は結婚してるみたい。

素敵。

韓国に旅行に来ていること、

2泊3日の短い旅であること、

を話したら昨日はどこに行ったの?と聞かれた。

ミョンドン、トンデンモン、あとは忘れた。

(名前表記がまじで覚えられない。)

と告げると「は?そこしか行ってないの?バカなの?」

的なことを言われた。たぶん。

バカはいってないと思う。

そう、怒られた。ナイスなスマイルで怒られた。

きっと東京でいう原宿とか渋谷にしか旅行してないの!?

みたいなニュアンスだと思う。

そしたらイヴァンがオススメのスポットを沢山教えてくれた。

伝統的な建物や、ミュージアム、市場、などなど

私たちのグーグルマップに印を沢山つけてくれた。

なんて優しいんだ。

二人でそのルートを回ることを決めた。

オススメを聞きながら、お互いに色々な話をした。

マリーは韓国でスノーボードの先生をしている。

イヴァンは何をしているのか聞くの忘れた。

マリーは日本の自然やカルチャーが大好きみたいで、

日本でスノボーをしたいらしい。

ちゃんと乗鞍を宣伝しておいた。

イヴェアンはとにかく食べ物の話になると止まらないらしく、

日本の寿司を沢山食べたいって嬉しそうに話してた。

とくにウニが好きみたい。

マリーはクールでスマートなイメージ。

イヴァンはおちゃめで、元気、たまに話を聞いてない。

その二人の関係性が絶妙だった。

平昌オリンピックで見たい競技。

マリーはスノーボード。

イヴァンはフィギュアスケート。

「これが結婚問題なの。」

ってマリーが言ってて面白かった。

そんな話を延々とした。

多分4人で1時間半くらいくっちゃべってたんじゃないかな。

東京に来た時はみんなでまたお茶しようって約束してグッバイ。

二人に癒されながら、私たちも散策の始まり。

外に勢いよく飛び出す!

凍る。とにかく凍る。

話の続きはまたのちほど。

チョンマルマシッソヨ!


2月6日は「ぐでんぐでん」@中目黒楽屋!
植松陽介と稲泉りんと三人で、
ぐでんぐでんしながら歌います。
まだお席あるみたいです。
ご予約、詳細はこちらから!

http://rakuya.asia/cgi-bin/rakuya/miwadiary_schedule.cgi?date=20180206&post_id=4389&job=this#4389









_var_mobile_Media_DCIM_100APPLE_IMG_0453.JPG

2018年が始まったかと思えば1月ももう後半。

みなさまいかがお過ごしでしょうか?

私はというと今年の目標である旅を沢山するという事項を決行しておりました。

 

2泊3日で珍友と韓国へ。

 

夜中の2時に羽田を出発。

 

朝の4時45分に韓国へ到着。

 

近い。とにかく近い。

 

寒い。とにかく寒い。

 

私たちが初めて韓国で体感した温度は-15℃。

 

凍る。とにかく凍る。

 

完全ノープランで韓国にきた私たちは少し仮眠をとって

 

東京でいう原宿的なところをうろうろ。

 

日本人がすぐわかるみたいで、

 

「お姉さん、完璧な偽物沢山ある!」と声をかけられたり、

 

無料でパックを一枚渡されラッキー!


と思い手にとると、

 

「はい!お店に入りましょう〜!」と誘導され。

 

出て行こうとしたら腕をつかまれ、


行くなと行って体を叩かれまくる。

 

なにこれ。でもガサツな感じが嫌いじゃない。

 

そんなこんなから始まり、ひたすら歩いて探検。

 

ただ寒すぎて、セブンイレブンを見つけるたび

 

暖を取りに中に入っては少し休憩してを繰り返し。

 

この日は一番最後に体を温めようとなって、


スパでサウナ、アカスリ、エステのセットを

 

陽気なレイデーにうまくのせられて体験。

 

全身セクシー下着の60代くらいのレイデーに


アカをすられ、泥を塗りたくられ、

 

エステではこれでもかというほど胸をまさぐられ、

 

合計3時間もかけて少し粗めなスパ体験をさせてもらった。

 

ガサツな感じが嫌いじゃない。


二人で乳首が立たなくてよかったねって話した。

 

韓国にトルコ人のウトゥクというお友達が住んでいて、宿泊場所などとても良くしてくれた。

 

ウトゥクはバーを経営してるので遊びにいこうとしたらもう閉めるから!って皆を追い出し、1人でどこか飲みに行ってしまった。

 

お客にも「はよ帰れ〜!」いうてた。ガサツな感じは嫌いじゃない。

 

ヤンソンという陽気な韓国ボーイが私たちを気遣って一緒に帰ってくれた。

 

彼は映像ディレクターをしているそうで、フィルム撮影中らしい。

 

彼の仕事というか、彼の生き様はひたすら旅。

 

人生観とか、作品とかの話を聞くのが面白かった。

 

今度はケープタウンに行くみたい。

 

韓国1日目の感想は、極寒。そしてすこし粗め。嫌いじゃない。

 

この日の夜はこれで終了。

 

珍友と二人で同じベッドで眠るのです。

 

2日目はのちほど。

 

東京も寒いね。みなさまインフルエンザも流行ってるし、気をつけてね。

 

チョンマルマシッソヨ!

 

そして!!

 

2/26 アズヴォイス@渋谷マウントレーニアホール

 

1ヶ月を切りました!!

ご予約どしどしお待ちしております。

どんなライブになるかすでに頭の中で妄想中。

今回はカバーもいっぱいできたらいいな〜なんて。

 

2月26日平日ですが、仕事終わりの時間を高橋にいただけたら幸いです。

 

詳細、予約はこちらから♪

https://passmarket.yahoo.co.jp/event/show/detail/01qn16zb9dz5.html

 

 


_var_mobile_Media_DCIM_100APPLE_IMG_0454.JPG


↑このページのトップへ