_var_mobile_Media_DCIM_107APPLE_IMG_7624.JPG
真面目なこと語ります。

昨日は私のシングル曲「Enough」という曲のミュージックビデオを制作してくれたチームとの約2年越しの初打ち上げをしました。今頃感満載だけど楽しかった。
このチームとは初めてのMV作りでしたが、この人たちだったからこそ作れたMVだったなと改めて思いました。

わたくし、ふるさとへの愛が溢れんばかりにあるのよね。知ってる人もいるかと思いますが、私のふるさとは長野県松本市乗鞍高原という場所なんです。一応観光大使もやってます。

ずーっと思ってきたこと、これからもやっていきたいことの1つで、乗鞍高原の素晴らしい景色を私の音楽と共にお届けできないかといつも考えております。

その第一弾が「Enough」のミュージックビデオでした。
境遇の違う大切な友達2人と乗鞍高原の姿を想って書いた曲なんです。

そしてMVを作るにあたり、チームをどうしようかとずっと考えておりました。
ひょんな飲み会がキッカケでこのMVのプランナー/ ディレクターを務めてくれたKondo Tatsukiくんと知り合うのです。
一度サシで飲んで熱い想いを語り、企画が始まりました。

彼はWOWというビジュアルデザイン会社と個人での活動両立してるんだけども、彼の仕事のセンスやばいのです。もちろん人柄も。

その人から広がったチームでの撮影は、厳しい時間もありながら、本当に楽しかった。
なんというか、かっこつけるとか、違う自分になってみるとか、チャレンジすることはできるけど、やっぱりいつもの自分らしくいるのが好きなんでしょうね。乗鞍にいる私自身を違和感のあるもので残したくなかったんです。

そんな心配撮影と同時にふっとびました。
もう、チームみんなが私みたいだった(失礼になったらすみません)
空気感や、視点、感性とかなんかみんなで一つのものを感じれた気がしています。私だけかもだけど。

だから出来上がりも本当に気に入ってます。
乗鞍高原の素晴らしさも、私はこんなふうに育ってきたよ感もなんか伝えられている気がしていて、たまに見返したくなります。

EnoughチームはEnoughすぎました。満足!!

この制作自体本当にたくさんの方に力をいただきました。
私は個人で活動してるので事務所にもレーベルにも所属しとりません。
そう、一応自分で動かない限り何も始まらない人間やらせてもろてます。
お金の面でも、精神の面でもほんっっっと疲れるときあるんだけど、動けば動くほど素晴らしい人に出会えるし、深くなれるし、支えてくださるし、本当に大切なものだけに削ぎ落としてくれるし、苦しいことに耐える免疫もつくし、いいことしかないんです。

負担かけたり、迷惑かけたりしてしまってるのに受け入れて、何かを一緒に作り上げてくれる皆様にはいつも感謝しております。

そんな熱い気持ちになった飲み会でした。
ちゃんちゃん。

長文失礼しました。

Enoughのミュージックビデオもみてちょ。
「Enough」

作詞 高橋あず美
作曲 高橋あず美 / ArmySlick
編曲 ArmySlick
A.E Gt 黒田晃年
Mixed by 甲斐俊郎
Mastered by ルービン・コーエン

■Planner / Director : Tatsuki Kondo
(http://tatsukikondo.com/)

■Cinematographer : Yoshiro Hayakawa
(http://yoshiro-hayakawa.com/)

■Assistant camera : Keiko Harada
(http://www.tatami-haradakeiko.com/), Rentaro Miyamoto

■Drone : Seth McAllister
(http://www.beautifulnorikura.com)

■Stylist / Makeup : Rise Sato

■Project manager : Haruna Watanabe

MVに映ってる景色、人すべてが私のふるさとにあります。みんなにも遊びにきてもらいたいなあ。

2月に突入です。
みなさま風邪が大流行していますが
大丈夫??

私は気を紛らわせながらなんとかやってます。
インフルエンザとか、のど風邪とか気をつけるのよ!

さて、2月に入ったということは
来月は3月。
3月ということは
9日がやってくる。

ってことはアズヴォイスがやってくる。

昨日は今回のバンドリーダー
小西遼くんと新曲作りしてました。

ちょっと今までにない歌い方とテンションで挑戦したくて手伝ってもらったのです。

いい感じです。
ライブで初披露。楽しみにしていただけたら。

2月中にリハがあるのでどこかでインスタライブとかできたらいいなと思ってるよ。

他の私の曲たちもどんな風になるか本当楽しみ。

サンキューの日。
青山月見ル君ヲ想フで待ってるよ!

_var_mobile_Media_DCIM_107APPLE_IMG_7328.JPG

2019年3月9日(土)
アズヴォイス2019
@青山 月見ル君ヲ想フ

open 18:00
start 19:00
charge ¥4000(+1d ¥600)
学生¥1000off

member
Vo. 高橋あず美
Gt. 井上KB幸法
Ba. 越智俊介 from CRCK/LCKS, Shunské G & The Peas
Key. 宮川純
Dr. 髭白健
Tp. 堀 京太郎
Tb. 高井天音
Sx. 小西遼 from CRCK/LCKS, 象眠舎


青山 月見ル君ヲ想フ
〒107-0062 東京都港区南青山4−9−1シンプル青山ビルB1F
moonromantic.com

予約はこちらから
https://passmarket.yahoo.co.jp/event/show/detail/01icms100taa6.html

_var_mobile_Media_DCIM_107APPLE_IMG_7226.JPG
おひさしブログ。

年が明けまして、はや1月ももう後半。

今年はスノボー沢山する!

っていっといて全然行けてないし、

このままだともう冬も終わってしまう。

と焦りながらみかんを食べてのんびりしている高橋です。

最近の私といえば、

1月19日からスタートしたCharaさんのツアーで

幸せを沢山頂いております。

1月25日からは広瀬香美さんのツアーがスタート。

楽しみで仕方ありません。

なんていったって私の幼少時代のスノボー中

香美さんの音楽が響きわたっていたのですから。

そんな楽しい時間を過ごしながら3/9のワンマンのことも考えてます。

今日はワンマンの想いを綴れたらとおもとります。

今回のライブは青山月見ル君ヲ想フにて。

スタンディングでのライブになります。

いつも席つきの場所でライブする私。

私自身、ライブ座ってゆっくり眺めるの好きなんです。

それに、ほら、あたし、147しかないでしょ、身長。

だからだいたい見えないんです。しくしく。

だからみんなも座って観れた方がいいかな~って思ってたんですが

2019年あんまりしたことないことしようと思って

思いっきりスタンディングにしてみました。

それにともない、あまり立って騒ぐ系ではない私の楽曲たちを

バンドリーダー小西遼に頼んで、最高にちゃらくてエモい

乗れる曲にアレンジをお願いしております。

彼は私の2ndアルバム「ひとり言」に収録されてる

「ながいよる」という曲に携わってくれております。

CRCK/LKCSという超絶かっこいい方々に作ってもらってて

こにやんはクラクラのメンバーです。だから私の曲たちが今までにないくらいおしゃれになりそうです。

これが楽しみすぎて。わたしの2019の最初のチャレンジでございます。

ちょっとずつどんな感じになるかお届けできたらいいなと思っております。

とりあえず、年に1、2回しかしない大所帯でのライブ、

是非来て欲しいです。待ってるよ!!

またちらほらワンマンのこと書きます。

詳細はこちら!
https://passmarket.yahoo.co.jp/event/show/detail/01icms100taa6.html









↑このページのトップへ