いつからか忘れたのですが、Facebookが何日連続更新してます!みたいなのを教えてくれていたので楽しくなって毎日更新するのが習慣になりました。

同じように、Instagramも、登録している情報サイトのここりんくいわきさんと連動したから、こりゃいいやとほぼ日更新するのが習慣になりました。

ここだけです。更新ぜんぜんしてないのは(笑)

今月に入ってから、以前より多い回数、インターネットで見て連絡したという、電話問い合わせを頂くようになりました。

こちらから訴えかけるには、やはりお金をかけた大声のような宣伝でないと、最初は耳目を集めませんが、ぼそぼそ喋りみたいな淡々とした更新は「えっ?何?」って感じに興味を引くのかもしれません。

そんなことで、お客さんの期待に応えなければなりません。
来て下さったお客様が「あー、これこれ!」と言ったあと
「あっ!こんなのもあるよ!」とお喜びになっているとき、

一番喜んでいるのは僕です

大言壮語、大風呂敷、何かを変えるため。
そんな真夏の日射しのような情熱で何かに立ち向かう高揚感とは違う、小さな承認の喜び。
春の花の萌芽は冬の終わりに始まる。

タイトルの割に、爽やかな終わり方をしてみたりして。

今年、5月の母の日の次は7月に、イオンモールのオープンとJヴィレッジが一部再開という、最高の商機が到来します!
ご周囲で胡蝶蘭や観葉植物、季節の花のご利用がありましたら、僕に言ってください!
一生懸命お応えします。

今年最高傑作の胡蝶蘭5本立ち

J4QnYLg7cj.03.53 1.jpg
BavIPX8TK3.03.54 1.jpg

辛い時間の方が、多かった今年、皆様には大変お世話になりました。
皆様との出会い、お言葉や食事のお誘いにどれほど救われたことか…

昨年からの店の前での水道管工事のため、店内に入れないお客様が大量に出てしまい、春から夏には来客数は例年の半分以下、3ヶ月連続の大赤字という地獄を経験しました。
その後、運送代の値上げ、シンビシュームの不作による仕入れコスト増大。

不安に継ぐ不安の9ヶ月でした。
そこから驚きの大逆転劇が始まり、逆流性食道炎になったりしながら3ヶ月休まず働き続けるわけですが(病欠1日)…

そんななか、笑顔を絶やさずに最後の最後に逆転を目指して闘えたのは皆様のおかげです。

昨年12月も、僕が花屋を初めて最高の売上でしたが、今年も及ばずながら10万円差ほどまで肉薄し、利益率はむしろかなり上げることが出来ました。

工夫や遊び甲斐があるので、基本的に逆境が大好きなのを思い出しましたw

こんなに苦しいことは、今後はオリンピック後まで無いことでしょう(と思いたい)。
今年、命懸けの二年間が始まるといったのはそうした背景にもよります。

来年、再来年へ向けての計画と中途目標への予習と復習をしつつ、きっちりと闘える自分にしていく所存です。

引き続き、ご指導ご鞭撻の程、よろしくお願い致します。

仕事、商売、大好きです!!!

#おおきに

DSC_0449.JPG


ありがたいことに、遠方への配達のご依頼が、過去最高件数となったこの1ヶ月。

車の運転に大変時間を使い、今週に限っても、花の市場への往復を込みで40時間もの時間を、最低でも運転した。

運転の時間は、花屋としての他の仕事が出来なくなるため、仕事としてはかなりの時間のロスなのだけど、スマホ時代に自分の時間までロスする必要はない。

教養を深めたければYouTubeやダウンロードで音楽を聴いたり、文学の音読を聴いたり、講演会や落語やお笑いを聞いてしゃべり方やボキャブラリーや知識を増やせばいい。

とかいいつつ、安全運転が前提だから、個人的には興奮もせず眠くもならないように、アニメから落語から音楽から、熱中しすぎないように気を付けて運転を楽しんでいる。

なにせ長時間なので、真面目に運転してるとただただ飽きて眠くなるので、安全運転のコツは、飽きずに、集中力は切らしても注意力を切らさない環境作りと悟った。

意外と天敵なのは光で、太陽光や夜のヘッドライトによる刺激が、蓄積すると大きなストレスと疲れになり、運転中に眠くなる。
反面、夜はそのせいで神経が昂って寝られなくなるし、狂暴性が出るのだ。車のなかで発狂しかけた経験が何度もある。

なので、長時間運転は他の事もしたくなるものの、無駄にしたと思ったことは特にない。強いて、お笑いと落語とアニメに至ってはしゃべり方や声の抑揚、ボキャブラリーに間の取り方、話題の多様さが仕事と私生活で余りにも役にたっている。

メール系の連絡は赤信号で停止した隙に読み(スマホは固定してあるので手にしない)すぐに記憶し目を離し、運転中返事を考えコンビニでまとめて返信すればいいので、そっちの仕事にも支障はない。むしろその習慣で、記憶力が子供の頃に戻ってきた気がする。

運転中は、注意力を乱さず同時に3、4つくらいは出来ることがある。むしろ、パソコン仕事のほうが集中しなきゃいけないので他の事が出来なくて好きではない。

体力的にも、長時間運転のあとスポーツジムに行って軽く運動するようになり、回復の定義が『横になり何もせずゆっくり休む』から『適度な運動で筋肉と神経をゆるめて適切に睡眠する』に変わった。

忙しさと共に仕事のために使わなければならない時間は増えたが、同時に体力や教養も増えた。これがデスクワークだとこうは行かなかったに違いないと思う。

安全運転のためにはあまりな無理は出来ないのだけど、その意味でも本当に自動運転車の世の中になって欲しい!
そしたら、いよいよ寝てても読書してもよくなって、少しは頭良くなるかも、よ?

_20171031_173500.JPG

↑このページのトップへ