寝惚け眼を擦りつつ、自分に酔いながらブログを更新するのが、安らぎの時間となりつつあります。



誰かをぜんぶ好きでいるのが、歳を追うごとに難しくなってきた。かわりに、誰かをぜんぶ嫌いでいるのはもう絶対にできない。
自分自身、そういう生き方の方がやりやすいのでそう進化したのかなと受け止めているが、長く関わっている人ほど「この人のこういう所、なんか合わねえなあ。」というのが見えてくる。逆に、一人に一つずつもれなく「ここが凄いなあ。」と感心というか尊敬するところがある。

こんな夜中に自分の脳みその一角を高々とネットに晒しあげて快感を味わってしまう自分、改めて控えめに言って超玄人だな。Twitterにも拡散しちゃお。

あたしが大好きな、すごく尊敬してる、先生と呼ぶ職業の人に

「○○をするの、あなたには難しいんじゃない?」
と言われました。

怒るでもなく、憐れむでもなく、いつものように諭すような口調でした。


もしかしたら無理なのかもしれない。でも、きっと裏切ってみせますよ、先生。先生のおかげで、あたし、強くなったんです。





ひたむきに、ただひたすらに、いたずらな恋を君にあげたい。

↑このページのトップへ