月別アーカイブ / 2011年05月

violin.JPG

私のダーリンことヴァイオリンは、1763年、イタリア生まれ。
ハイドンやモーツァルトの時代、
ベートーベンが生まれる前に作られ、
今年でなんと248歳!

それはそれは、私には想像も出来ない程の、
いろんな歴史を見てきていると思います。。

様々な人が弾き、
様々な国を渡り
様々な時代を超え、

今こうして、私の手に渡ってきた。
ありがとう・・・。

私のところに来てくれて、ありがとう・・・・と改めて思います。

この時代のダーリンのパートナーとして、
この楽器の魅力を最大限に引き出せるよう

もっともっと、
大切に
愛情を持って

真正面から向き合い、
接したいと思います。

長所も短所も全部ひっくるめて、
大好きです♪


Ayako


******************
石川綾子へのメッセージはこちら♪       
******************

after-concert.jpg
↑先日のコンサート後にピアノ・ゆかさん(左)と♪


一音一音に意味があるのと同じように、
ひとつひとつの出逢いには、必ず意味があると思っています。


出逢い。
少ししかお話出来なかった方でも、
顔や話し方はずっと胸の中に残り、
また会いたい。という気持ちにさせてくれます。


再会。
何度も会える人は、私にとって「運命の人」と 勝手に決めています(笑)


そして、そんな方々と音楽で繋がっている時間は、
私の中で幸せの鐘がずーっと鳴り響いています!


一人一人との出逢いに、今日も感謝♪


Ayako


******************
石川綾子へのメッセージはこちら♪       
******************

Asuka-Concert-.jpg


飛鳥II 『2011世界一周クルーズ』から、無事帰国しました!
今年も船内で、素晴らしい出逢いと再会があり、
ケープタウンで下船し、お別れするのが寂しかったです。。

コンサートは全公演、100%のエネルギーを出し切って、全力でお送りさせて頂きました!
そして全コンサートを通し、改めて「ステージとはみんなで作り上げるもの」と痛感しました。

大きな歓声と拍手で盛り上げて下さる温かいお客様・・
信頼できる共演者・・
音響、照明、MC、進行、バックステージの方々の妥協のない努力・・
船の揺れや空調に気を配り、演奏し易いようにステージ上の環境を作って下さる方々・・


ギャラクシーコンサート1.jpg


私はただの一部であり、そういう素晴らしい方々がコンサートの成功の為に、
見えない所で最大限の努力をして下さっているお陰で、思いっきり演奏させて頂く事が出来ます。
心から感謝しています!


海の上の生活について、お話したい事がいっぱいです♪


Ayako


******************
石川綾子へのメッセージはこちら♪       
******************

↑このページのトップへ