月別アーカイブ / 2016年01月

1月24日(日) より「ひかりTV」にて放映されます、
『ひかりTV 4K オリジナルドラマ 伝染る物語 ~KADOKAWA 怪談実話~』第4話、
『バス停の女』という作品に、和服の女役で出演させていただきました。

こちらの作品の監督は、『和楽・千本櫻』のPVでお世話になりました、
株式会社らくだスタジオの田村大監督です。

ある日、田村監督から「この作品に出演してもらえないか」と連絡があり、
詳細を拝見して、驚きました。
原作が掲載されていた雑誌は、以前、怪談短歌賞でお世話になりました怪談専門誌『Mei(冥)』の母体である『幽』。
そして、原作者は、Twitterでもご活躍を拝見していた、怪談作家の黒木あるじさんでした。

これは何かのご縁を感じずにはいられないと思い、そのことを監督にお伝えしたところ、
監督も「『奇妙な縁』で、こちらのお仕事をすることになった」とおっしゃいます。
「目には見えない世界」との向き合い方を考えていた最中のお話でしたので、
自分にできるのか不安な気持ちもありましたが……お引き受けすることにした、そんなお仕事です。


特設サイトの開設と共に、予告編も公開されております。



放送は、1月24日(日) からで、隔週の放送とのことです。
テレビからのほか、パソコンやスマートフォンなどでも視聴が可能とのことですので、
ホラーがお好きな皆さま、ぜひぜひご覧くださいませ

 ひかりTV 4K オリジナルドラマ 伝染る物語 ~KADOKAWA 怪談実話~ 
http://www.hikaritv.net/sp/utsuru/




先日、家族で日野市の高幡不動尊さんへ初詣に行ってきました!
皆の予定がなかなか合わず、少し遅めのお参りとなりましたが、
近所のお社へは三が日の間に行ったので、焦らずに出発!
「さすがにもう空いてるかな〜?」と思っていましたが、
あにはからんや、境内にはテントや屋台がたくさん出ており、
とっても賑わっておりましたよ!

去年、土方歳三さんの最期を描いたオリジナル曲『心は清き水かがみ』を発表したことから、
今年の初詣は高幡不動さんと決めておりました。
予想以上にいいお天気で、着物に袴、羽織という格好にストールを羽織っただけでしたが、
全然寒くありませんでしたよ!

 img161102
土方さんの銅像も相変わらず凛々しくて…(//▽//) 
\キャー!歳サーン!/

 しっかりとお参りをさせていただき、境内を散策し、
「歳三まんじゅう」を買って帰りました!

初めて高幡不動さんに行ったのは、中学生の頃。
「土方さんに失礼のないように!」なんて気持ちで着慣れない着物を杏ノ助と着て、
 ドキドキしながらの参詣でした。
当時はまだ、着物を着て遊ぶ若者が今よりも少なくて、
道ゆく年輩の方々に声を掛けられたのもいい思い出です。
「土方さんが、新撰組がとにかく好きで来ました!!」と、お土産物屋の旦那さんに伝えたら、
「これを着て!土方さんの前で写真撮ったげるから!」と、
新撰組の羽織を貸して下さった時は嬉し恥ずかしかったなぁ!(笑)

またふらりと遊びに行きたい町のひとつです。
そして遊びに行く時は……やっぱり着物を着て行きたいなと思うのでした。

img161101
杏ノ助と!

 

osn0032-049
2016年になりましたね!
遅ればせながら、昨年中は各方面の皆さまよりご支援、ご声援を賜りまして、
誠にありがとうございました。

昨年は、念願だった日本史系のお仕事のひとつとして、
『徳川家康公顕彰400年記念』と『パンパカパンツ』のコラボ曲、
『家康公といっしょにパンパカパンツ』の作詞を担当させて頂きました。

 


また、『しずぷろ』の第二弾であります「魁乙女逆風くん」では、
台詞&歌で構成された曲の作詞を担当させて頂き、
台詞と歌のレコーディングに参加させて頂く等、貴重な経験を致しました。





さらに、上記のお仕事を通してお世話になっておりますDLE様の作品であり、
脚本も一部担当させて頂きましたアニメ『ぱんきす!』と、
静岡県磐田市のゆるキャラ『しっぺい』くんのコラボソングの作詞を担当させて頂きまして、
磐田市の歴史や風土、良いところを沢山知ることができました。
『パンパカパンツ』『しずぷろ』『家康公』、そして『しっぺい』くんと、
静岡と大変ご縁のある1年でした。
秋には、『SHIZUOKA COLLECTION 2015』という大きな舞台で、
『絶対輪廻退夢ちゃん』のお披露目が決定し、静岡に行くことができました。
浅間神社や駿府城にはご挨拶をすることができましたが……
安倍川餅を食べ損ねたので(´°̥̥̥̥̥̥̥̥ω°̥̥̥̥̥̥̥̥`)、次回こそは食べようと思います…!


シナリオの方面では、コンシューマーのお仕事やモバイルのお仕事を頂き、
勉強させて頂くと同時に、楽しく執筆させて頂きました。


また、個人の活動と致しましては、
『短歌』と『イラスト』のコラボレーションに可能性を感じ、
女性誌やWEBコンテンツでのお仕事のほか、展示会へのご参加など、
精力的に活動されております、イラストレーターの天野綾乃さん(WEB) と、
Instagramにおいて『月と三角』という企画を開始致しました。
こちらは、「女性性とは」という問いを根底に据え、
現代かなづかい・口語で歌を詠んでいます。
綾乃さんはシンプルなタッチで、レトロかつモダンな線を試みて下さっており、
ふたりとも、とても楽しくアレコレと相談しながら進めております( ˘ω˘ )

 『月と三角』|Instagram 


そのほか、佳館杏ノ助(WEB) とのユニット・萬月邸(ばんげつてい)として、
新撰組副長である土方歳三の最期を描いた曲、『心は清き水かがみ』を、
youtubeとニコニコ動画に投稿し、お陰様で累計4万再生を突破致しました。



歌詞に関してお話ししますと、この動画では、試みとして、
日本語での歌詞と同時に、英訳した歌詞を記載することに致しました。
重層的な翻訳文は、兼ねてよりお世話になっております、
英語講師のジャスティン・スミスさんが担当されました。
翻訳文のお陰で、海外の方からもご感想を頂戴する機会が多くなり、
佳館共々、大変嬉しく思っております。

12月は、新たな表現にも挑戦させて頂き、緊張の連続だったのですが…!
お陰様で、無事にお仕事を終えることができました。
こちらに関しましては、追ってお知らせできるようになるかと思います。

年末は、佳館の主催したトーク&ライブイベントに急遽(!)出演させて頂き、
トークアシスタントをつとめさせて頂きました。

a543675b-s

和気藹々とした温かなイベントとなり、
ファンの方から差し入れも頂戴致しました…!
いつも本当にありがとうございます。+゚(゚´ω`゚)゚+。

IMG_7753

また、こちらのイベントでは、物販時に、
2014年のコミックマーケットで頒布致しました、
短歌&イラストのオリジナルポストカードセットを置かせて頂きました。
繊細なタッチで心の揺れをしっかりと描いてくれたのは、
萬月邸のCDジャケットや動画絵などをお任せしている、
鮎ヶ瀬春之(Twitter)です。春ちゃん、本当にありがとう!
こちらに関しましては、以下の記事で詳しくご紹介しております( ´ v`)

 

tanka_cardsample

こちらのポストカードセットは、Alicebooks様にて通販を行なっております。
お手に取って頂けると嬉しいです!

 萬月邸|Alicebooks 


元日は、2014年の1月に開始いたしましたメルマガが無事に50号を迎え、
これを機に、noteさんに移行し、新たに配信を開始いたしました。

 綾部ふゆ|『宵花』|note  

内容は、引き続き『短歌・近況・季節』をメインテーマにしたものです。
秀歌の鑑賞や、それに伴うエッセイ、告知などを書いていきたいと思います。


昨年は、新たな出会いも沢山あり、不可思議で嬉しいご縁も沢山感じられた年でした。
そうした出会いを通して、「書くこと」「表現すること」と向き合った1年でしたが、
今年は「表現すること」により重きを置き、邁進していきたいと思います。

本年も、綾部ふゆをどうぞよろしくお願い申し上げます。

↑このページのトップへ