月別アーカイブ / 2014年03月

先日、Twitterでもお知らせさせていただきましたが、
佳館杏ノ助フルアルバム『飛兎竜文(ひとりゅうぶん)』が完売いたしました!


htrbn_jk.jpg
<佳館杏ノ助フルアルバム『飛兎竜文』(萬月Records)>


2012年の12月に頒布した分が完売になり、
その後再販をしたのですが、その分も完売ということだそうです。

こちらには、ニコニコ動画で人気の和風曲やオリジナル楽曲など15曲が収録されており、
その内の6曲の歌詞(文語アレンジ含む)を提供させていただきました。

再販は現時点では未定とのことですが、
4月26日、27日の『ニコニコ超会議3』内『ニコつく』ブースにて、会場頒布用の在庫を持って行くそうです。
また、公式サイトでの通販ページに「再販希望」ボタンがあり、
再販をご希望される方はそちらを押していただけますと、
再販される可能性もあるとのことでした。


>> 萬月邸:通信販売ページ『飛兎竜文』<<


沢山の方に聴いていただき、本当に嬉しいです。
ありがとうございます。
更に良い作品をお届けできるように頑張りますので、
佳館杏ノ助と綾部をよろしくお願いいたします!

 
さてさて。前回のブログと日付が前後いたしますが、
2日の日曜日は、Zeppダイバーシティ東京で行われたライブイベント
「『【急募】Zeppに立つだけの簡単なお仕事です』の集大成!」に参加してきました。

こちらのイベントは、
ニコニコ動画で人気のゲーム実況ありライブありの盛りだくさんなイベント。
「パラッパラッパー2」のPRも兼ねており、パラッパくんが出演したり、
各ステージを丁寧に実況されたりと濃い時間でした!パラッパラッパー、ファンキーだったぜ…!


ライブでは、バンド演奏の他に、ニコニコ動画内で行われたオーディションで勝ち抜いた方々のステージがあり、
杏ノ助はそちらに出演しました。
今回歌ったのはアキバヲタPさんの名曲「びんた」。
沢山のご声援ありがとうございました!


今回、1番最初に出演されたのは、綾部も杏ノ助も大変お世話になっている三味線演奏家の杵家七三先生!
素敵な袴をお召しになって、ギンギンに!三味線を弾いていらっしゃいましたー!
\キャー!七三センセー/
黒兎ウルさん&すぴりっとさんのヴォーカルも会場を盛り上げていました。
やはりライブは良いですね…( ˘ω˘ )+*


そんなこんなで、物販スペースには手妻師の藤山さんもいらっしゃったりと、
和気藹々な時間でした。
思えば、七三先生、藤山さんにお会いするのは去年の夏以来。
皆さんお変わりなくて何よりです(*´ v`人*)

終演後は、出演者の方々が物販スペースに来るとのことで、
綾部も物販のお手伝いに立ち、ちゃっかり写真を撮ってもらいましたよ!


32zepp.jpg
<左から、杏ノ助・ふゆ・七三先生・藤山さん(写真:りんのすけさん)>


32zepp2.jpg
<七三先生と( ˘ω˘ )♡ 会場に放たれた風船をゲットしました(`ω ´)!>


おお、そう言えばね、イベントの前日に髪を切ったんです。
ショートカットは大学1年生の時にしたっきり……。
ずっとロングだったので、なんだか新鮮な気持ちになると同時に、
こんなにもお手入れが楽でいいの!?と驚愕しております(((´ω゜)))
ブログやサイトの写真も変えねばと思いつつ……。


次回のイベントは、4月26日・27日の「ニコニコ超会議3」ですね!
頒布・リリース予定のものなど、現在鋭意制作中です。
春以降もライブなどなど企画を練っていますので、お楽しみに!
 

 
歌人である稲葉京子氏の短歌に、次のようなものがあります。


後ろより誰か来て背にやはらかき掌を置くやうな春となりゐつ
(『宴』)



春の柔らかな陽射しや春風の暖かさを、柔和かつ瑞々しい感性で詠まれた歌ですね。
窓を開けて春の匂いを吸い込んだ時、この短歌を思い出すことがしばしばあります。

なぜこの歌を挙げたかと言いますと……、
昨日は、そんな『やはらかき掌を置くやうな』時間を過ごした日だったからです。


人とのご縁は、本当に不思議ですね。
私は、もしも「縁」というものが目に見えるものだとしたら、
絹糸のような形なのではないか、と思っています。

今回は、ひょんなことからご縁を感じ、
丸ノ内線にゴトゴト揺られ、「新宿占い館バランガン」に向かいました。
目的は、こちらに在籍されているJuicy☆先生の占いです。

Juicy☆先生は、オネエなタロット占い師さん。
新宿二丁目で流しの占い師として活動されていた経歴を持つ方です。
現在は、個人鑑定の他に雑誌やイベント、ニコニコ生放送やラジオ番組へのご出演など、
様々な方面で活動されています。


ふんわりとしたウェーブのロングヘアーに、
キュートなコーディネートでいらした先生とご挨拶を交わし、
これからのことを占って頂きました。

占ってほしいテーマに合わせて、
先生がタロットカードを静かに並べたり、めくったり、重ねたりしていきます。
カードを裁かれる手つきが格好良くて、思わず見とれてしまいました。
なんと言うんでしょうか、先生の腕とタロットカードの間に、
小さな宇宙のようなものが存在している感じと言えばいいのかな。
ミッドナイトブルーの空間に、キラキラした小さな星々が瞬いているようでした。
重ねたカードに先生が手を置かれるんですけど、
その時の所作を見て、冒頭の短歌を思い出したんです。


そして、穏やかに、丁寧に結果を伝えてくださる先生のお言葉を聞いて、
驚いたり納得したり、自分の内側に垂れる糸に触れたような気持ちになりました。
先生の、体験談を交えて話される言葉には重みと暖かさがあり、
時間が足りない……!という思いで占いを終えました。
帰ってからも、頂いた言葉をゆっくりと反芻して、
こうしていこう、ああしていこうと考えたりしています。


とにもかくにも、今回のハイライトは「ポカリスエットのような魂!」(笑)
「自分と親友になりなさい」と言ったのは、西洋占星術師のジョナサン・ケイナー氏だったでしょうか。
「自分自身を、あなたの宗教になさい」と言い切ったのは、レディ・ガガちゃん。
私が彼・彼女の言葉に惹かれる理由は、
「自分に『よくできました』のハンコを押してあげてね」という先生のお言葉に集約されていました。


ガキン、と、錠前がひとつ、開いた音を聞いた三月の午後。
少しずつでも、確かに歩いて行こうと、改めて思ったのでした。


>> Juicy☆先生のブログはこちら! <<
Tarot Fortune Teller Juicy☆

↑このページのトップへ