この度、シナリオライターとしての筆名を変更することに致しました。
新たな筆名は、

出雲 ゆき弥 (Izumo Yukiya)

となります。

音楽活動においては変わらず『 芙雪(Fuyu)』ですので、
どうぞお好きなようにお呼びくださいませ🌸

また、出雲個人のサイトを夏頃から開いております。

『うたつばめ』

個人での経歴のほか、短歌や、ちょっとした文章等を載せております。
シナリオ・作詞等のお仕事は随時受け付けておりますので、
お問い合わせの際は、併せてサイトをご覧いただけますと幸甚です。


今後とも、何卒よろしくお願いいたします。


連日の雨が上がり、東京は久し振りに太陽が顔を見せてくれました。
湿度も良い感じに低くて、過ごしやすかったですね。

ブログの更新にまで手が回らず、日々あたふたとしておりますが、
どうにかこうにか、空を見上げる余裕が出てきました。
先日は中秋の名月でしたが、その日はバリバリと執筆しており、
手を止めて窓から空を見上げた程度でした。
余裕がなくなると季節の行事も飛び越してしまいがちですが、
そうした日々もまた、振り返った時に大切に思えることもあるかもしれません。


そんなこんなで、あと数日で九月が終わってしまう……わけ……なのですが!
九月上旬は萬月邸として『第五十五回政宗公まつり』にてライブをさせて頂くという、
大変光栄な機会に恵まれました。
当日お越しくださった方々、お声をかけて下さったり、
ネット上から応援してくださった皆さまに、改めて御礼申し上げます。

政宗公が多感な時期を過ごした宮城県大崎市岩出山。
緑ゆたかで穏やかな町でした。

当日まで&当日はTwitterで状況をツイートしていましたので、
こちらでもご紹介( ˘ω˘)✨




『闢蓮抄』をリリースする際に「政宗様所縁の地でライブをする!」という目標を立てたのですが、
ひょんなことからご縁が生まれ、目標が叶って本当に嬉しかったです。
岩出山の皆様、大変お世話になりました!

そして、帰宅してから休む間もなくシナリオのお仕事をだだだだっとさせていただきまして、
それは現在も継続中でして、うおーー燃えるぜーーー!という感じなのですが、
「歴史上の人物をテーマにしたアルバム第二弾」も、着々と制作が進んでおりますよ!
先日のツイキャス(毎月17日にやってます)でもちょっとご報告したのですが、
「黒田官兵衛&竹中半兵衛」モチーフ曲が届きまして……届きまして!
いよいよ作詞の作業に入ろうとしているところでございます……!わーー!!!

早く皆さまにご報告したい!という気持ちもあるのですが、
まずは気合を入れて、心の兜の緒を締めて、ことばと向き合っていこうと思います。


この度の北海道胆振東部地震の被害に遭われた皆様に心よりお見舞い申し上げます。
一刻も早く、被災された皆様の生活に平穏が訪れることを願っております。





いよいよ明日から、宮城県大崎市岩出山にて『第五十五回政宗公まつり』が開催されます…!
今回、ご縁がありまして土曜日の宵まつりのステージに「萬月邸」として出演させていただきます!

翌日の本祭りでは、僭越ながら甲冑行列に参加させていただきますよー!
行列開始の鬨の声は、杏ノ助が担当させていただけることになりました!
宵まつり、本まつりとお招きいただき、大変嬉しく光栄に思っております。

当日はお天気が少々心配ですが、皆さまにお会いできますことを楽しみにしております!

ご来場を心よりお待ちしております。
何卒よろしくお願いいたします!


政宗公まつり表.png


2018年9月8日(土)
「第55回 政宗公まつり」ステージイベント
場所:有備館の森公園特設ステージ(JR陸羽東線 有備館駅の斜め前辺り)
時間:16:45~(予定)
チケット:入場無料
物販:商工会青年部のぼりの隣を予定(萬月邸の物販は8日のみ)
★当日は萬月邸うちわを無料配布いたします!


small.jpeg


裏面のQRコードからはYoutubeの『昇竜に月立つ』MVに飛べるようになっています!
携帯電話やスマートフォンで読み込んでみてください
それ以外の方は是非「萬月邸(ばんげつてい)」で検索していただけますと嬉しいです!

うちわは限定100枚となっておりますので、配布終了の際はご容赦くださいませ!

物販のラインナップはこちらー!

CD
 闢蓮抄 2,000円
 Luna Piena-色- 1,200円
 Duaroot 1,500円

グッズ
 萬月邸缶バッチ 300円
 杏ノ助ハート缶バッチ 500円
 扇子 2,000円
 家紋ストラップ(江戸紫・新橋色) 各500円
 丸缶ミラー 700円
 トートバッグ(萬月邸黒・杏ノ助紫・芙雪紅) 各3,000円

書籍
 闢蓮抄外伝 1,800円
 ★闢蓮抄の歌詞の現代語訳、萬月邸インタビューやカラーイラストなどが掲載

※なるべくお釣りのないようにしていただけると大変助かります!

↑このページのトップへ