公式WEBやTwitterでは既にお知らせしておりますが、
この度、ご縁がありまして以下のイベントに出演させていただくことになりました!

『真夏の夜の奇妙な話。』
【日時】2017年7月27日(木) OPEN 19:30 / START 20:30
【会場】新宿ネイキッドロフト(NAKED LOFT)[
地図]
【出演】角由紀子(tocana編集長)、原 昌和(the band apart)、芙雪(萬月邸)他
【チケット】:前売¥2500 / 当日¥3000 ※要1オーダー(¥500以上)
       ※前売券はe+にて7月19日(水)12:00より発売開始 !
       
◆e+販売ページ◆




出演されるお二人とは初めてご一緒させていただきます!
怪談・不思議なお話のエキスパートでいらっしゃるので、今からどきどき!

私自身、「あれってどういうことだったんだろう……?」という体験をしたり、
不思議な話を聞いたりすることが多いので、
そうした中から、夏の夜に相応しいお話をさせていただければと思っております。

ただいま、チケット好評発売中です。
お席の数に限りがありますので、ご予約はどうぞお早めに✿✿

会場でお待ちしております!

先日、愛犬の散歩をしていたら、しっとりとした布を撫でたような、なんとも良い香りが漂ってきました。
なんだろうと思って香りの元を探してみると、真っ白い花が細長い花弁を広げて咲いています。
既に満開を越え、枯れ始めているような具合でしたが、香りはとても鮮やかで、散歩をする度に花の前を通ることを楽しみにしていました。

勿論、この便利なご時世、調べようは色々とあるわけですが!こういう時は諸兄姉のお力をお借りしよう!
と、思い切って以下のようなツイートをしたところ……


ものの数分で名前が判明
複数の方から即座にリプライをいただきました。ありがたいことです✨

花の名は、『梔子(くちなし)』。

花の盛りは今月から来月だそうで、私が見かけた花たちは、少し早めに枯れているようでした。

『梔子』と言えば、和歌や短歌、俳句に度々登場する歴史ある花。
平安時代の文献にも登場するもので、染料や医薬品にも用いられていたとか。
よく知られている由来としては、「果実が熟しても割れないために『口なし』」……というもので、歌集などを開いてみると、「秘めたる気持ち」や「奥ゆかしさ」、あるいは「密やかな恨み」をイメージさせる花として登場します。

国語便覧だとか、それこそ手元にある花の図鑑などでも幾度か見ていた花だったのですが……
ううーん、実際に咲いていると、案外分からないものなのですね。

今回の寡黙な花との邂逅は、TVでお見かけしている芸能人の方を町中で見かけたような感覚。

言葉は少ないけれど匂い立つ存在感がある、そんなたたずまいの梔子が、大好きになりました。


kuchinashi

『宵のくちなしの花を嗅いで君に見せる』
(尾崎放哉『尾崎放哉句集』彌生書房 1997年12月25日)


土曜日に行われました『杏ノ助・芙雪生誕之宴』、無事に終了となりました!
改めまして、ご来場いただきまして誠にありがとうございました✿✿

お陰様で満席となり、温かく和やかな空気のなかイベントを終えることができました( *´ v `*)✨

イベントは、杏ノ助のソロライブコーナーから始まりました!
2曲をお届けした後、私もステージに上がらせていただきまして、2月22日にリリースされましたアルバム『闢蓮抄(びゃくれんしょう)』のなかから3曲をご披露いたしました!

その次はトークコーナー。
あらかじめスケッチブックにお題を書いてきまして、それに合わせてお話を進めていきましたよ。

0617_talk.jpg

お題は『1年を振り返って』や『兄妹トーク』、『影響を受けた作品』などなど。
それと、会場の皆さんに書いていただきましたアンケート内の質問に答える時間も設けまして、
やや駆け足となりましたが、たくさんお話をさせていただきました!

そしてそして、誕生日ケーキでおめでとうのコーナー✨
会場の皆さんとお祝いできる嬉しさをひしひしと感じながら蝋燭の火を吹き消しました。
嬉しかった~!

0617_cake.jpg
(写真入りのケーキでした!)

ネイキッド・ロフトさんからもお花を頂戴しまして!“嬉しびっくり”でした~!

そして、その後は抽選会!
事前にお知らせしておりました通り、景品はCDやオリジナルグッズのほか、私物を2点ずつ用意しました。
私は硝子のアクセサリー入れと、柴犬模様のブックカバーでして、中にメッセージカードを入れましたよ✨
当選された方、おめでとうございます!
使っていただけましたら嬉しいです(・ω<)★

終演後は、物販&サイン会となり、皆さんとお話をさせていただきました( *´ v ` *)
この日も全国から駆け付けてくださり、感無量でした。
いつも応援して下さる方、初めていらして下さった方、「やっと来られました!」とおっしゃって下さった方、皆さんの元気な笑顔を見ることができて、とっても嬉しいですし、パワーを沢山いただきました。
プレゼントも、抱え切れないくらいでした!
ありがとうございました!

また、今回は、『闢蓮抄』のジャケット写真を撮ってくださいましたカメラマンのRikoさんに写真を撮っていただきました。
Rikoさんの素敵なお写真1枚1枚がプレゼントです。

0617_2shot.JPG

皆さまからいただいた気持ちを力にかえて、次の作品をお届けできますよう、
杏ノ助と一緒に頑張っていきますので、引き続き、応援の程よろしくお願いいたします。

トークイベントを開催したのは初めてだったのですが、とっても楽しかったので、
また色々と企画してみようと思います!

本当にありがとうございました!


↑このページのトップへ