3月10日夜
誕生日ケーキの予約の電話を受けました
電話をくれたのはお母さん
予約日時は
3月11日(日)夕方16時ころ
チョコプレートにお名前と
「7さい
たんじょうびおめでとう!」
と書いて下さいとのご依頼…
電話をきってから…
予約伝票を見つめ…
ビクッ!としてしまいました
7年前に産まれたの…
なにがどうとゆうことではなく
理屈や能書き関係なく
ただただ涙が…
このご予約の電話を受けたことが
うれしかったです…


今日…
お引き取りにいらっしゃったのは
主役の男の子と妹ちゃんとお父さんでした
お父さんにこっそり聞きました
今日が誕生日なんですか?
実際は2、3日先らしいのですが
今夜がお家でお誕生日会のようです

7歳になるその男の子

初対面だし繋がりもありません
でも
彼が生まれて7年
その時間が
とても素晴らしいものに思えて
胸が苦しくなりました
そして…やはり涙がでそうです
彼に
わたしの心に
なぜか喜びをくれた彼に
なにかしたくて
「お誕生日おめでとう」
と声をかけ
数字の7のロウソクをプレゼントしました

彼よりも…
お父さんが嬉しそうに笑ってくれました…


今日は…
ありがとうの日でした