支店長に思いの丈を
電話で伝えようと
これとこれを言おう…みたいに
メモ書いてから電話した


結論から話すと、

これも何かの縁です、
僕は昨日着任したばかりで
まだ店の様子もわからない
その閉鎖的な空間に僕も少し入れてください
彼女がどんな様子なのか、
皆さんを知りたいので
少しそんな時間を頂けませんか?
もう少し一緒に
仕事させてください


と、
なんだかんだ言いくるめられてしまい、
挙句の果てに
着任したばかりで
今の私の職務を解除する手続きは
なかなか困難なようで
そんな本音をしっかり漏らされた笑
それは会社に対して体裁が悪いってことじゃんか💢
とも思ったけど
色々話してると
面白い支店長で
そんなチラッと見える本音も
私の意志を弱らせた
なんだかんだいっても
お世話になった会社だしな…
とそう思ってしまう自分にも
強烈に腹が立つ笑


はぁ〜😩
どーすんだよ💢あたし
啖呵切っときながら
カッチョワル💀


もう全て会社に送るべきものを準備していたのだが
とりあえずまた振り出しに戻ってしまい
また新たな策を練らねばならない…と
思ったのでした


トホホ💀

支店のTOPが昨日から変わり
簡単な挨拶から
昨日の仕事は始まった

来年引っ越すから辞める
ということは
前TOPにも話したから引き継がれてるとは
思ってたけど、
違うことも伝えたくて

お話があるのでお時間頂けますか

と着任初日に伝えることにした
もうTOPの着任初日などぶっ飛んでるくらい
息苦しさMAXになってた…


新しいTOPは
とても話しやすい方で
前支店長とは雰囲気が違い
この人の下でも働いてみたい
って思える人だった😊


帰りの駐車場で
今の職務の仲間の1人に
もう1人の仲間が
どうしようもなく息苦しくて
限界だということを初めて伝えた
悔しくて涙が止まらなかった

その時同僚が、
他の職場でも
皆とうまくやってるように見えたけど
実は彼女と合わなくてね、
皆苦労してる…
と話してくれた



それと同時に同僚と話しながら
そんな彼女が
そこに居座れる理由を探った…

彼女は人一倍仕事ができた
そして彼女がいなければ支店が回らなかった…
だから皆頼らざるを得ないし
文句も言えないという状況であった
それらを理解しつつ
会社の雰囲気を想像すると
納得がいった…


ならそれ以上勉強して
彼女の上を開けばいいじゃない

って思うかもしれないけど
その仕事だけで生きてるわけじゃなし、
他の色んな環境を抱えながら
上記のことをするのはとても困難…


そう思った時に
その同僚に
今月から人が減ってすごく大変な時だけど
失礼な辞め方をするかもしれない…
と伝えた

同僚は
体が1番大事だから
気にしないで…と
言ってくれた


帰りの車中、
色んなことを考えながら走った



もうここにはいられない…


今の職務から前の店に戻ったとしても
もうこの会社自体で
働けないな…

なんか変な腹がくくれた


今月いっぱいで辞めさせてください


と話そうと決めた。

祖母の49日法要が
本日
実の子供達だけで行われた
本当は私達も参加だったんだけど
コロナの関係で
子供達だけでやると
母から言われた


いよいよ、
本日仏様になるのね…🙏✨


ねぇ
おばーちゃん、

私の夢枕に立たれてないんだけど

どこ行ってんの?

もぉ😙

待ってるんだけど💦

↑このページのトップへ