前回の続きです。

セトリ
①北極星
②さよならだけが人生だ
③雨ニモ負ケズ
④帰ろうよ、マイホームタウン〜追想〜
⑤magic music(アカペラでサビの一部)



①北極星

一曲目だったからか少し緊張気味に見えたけど、スタートから力強いギターの音で始まった。


歌の途中で、


今日はギターがプラスされてすごく楽しいー!と言いながら歌う歌詞太郎さん。


ギターの音もすごくキレが良い♬

もう陽は落ちて暗くなっていたので、照明が歌詞太郎さんの背中を照らしている。
私が座っている場所からはまるで後光が差しているようにライトが当たっていてきれいだったな。


力強い歌声はまるで空高くまで届くような、真っ直ぐで澄んだ声でした。
野外だったし自然の空気の中、聴いていてすごく気持ちがよかった。



②さよならだけが人生だ

出だしのギターのコードを聴いた時点で、
大好きな曲の中の一曲なので、気持ちが高まりました。

明るかった照明も静かに落とされ、曲の世界観をステージ全体で創り出しています。

歌詞太郎さんのそっと語りかけるような優しい歌声が、会場を包み込みました。
ギターのコードが切なくてきれい。

時々目を閉じて、感情移入して歌っている歌詞太郎さん。

心に染みる。

優しさでこちらの心を溶かすように、静かだけど激しく訴えかけてくる感じ。

サビに向かって盛り上がっていく所では胸が熱くなり涙が出ました。



どんな君でもそばにいさせて


曲を聴き終わった後これ以上ない位癒された気がした。

歌ってくれてありがとうって、何回も心の中で繰り返した。



③雨ニモ負ケズ

この曲を歌う前に、

生きていると色んな辛い事があるけど、そんな時僕はこの曲を歌って今まで乗り越えてきたんだと、改めて気づいた。(ニュアンス的な内容です)

こんなお話をしてくれて、歌詞太郎さんの正直に語ってくれる言葉一つ一つにじんとしました。


僕は僕のままでいたいのに


の所が、歌詞太郎さんの気持ちが伝わってくるようで、心に響いてしようがなかった。
悲しさが込み上げてきました。

歌詞太郎さんの激しく切ない感情が歌からダイレクトに訴えかけてきて、忘れられない曲になりました。




④帰ろうよ、マイ ホームタウン〜追想〜


最後の曲となったからか、歌詞太郎さんの表情が解れてほっとしている感じです。

一緒にららら〜♬って歌って楽しかったなぁ


曲の間奏で時折ふっと笑顔になったり、曲を歌い終わった後も、ライブでするようにいつもの笑顔になっていました。

下を向いて思わず笑みが溢れている歌詞太郎さんを見てこちらも、

やっといつもの笑顔を見れた。
無事に終わってよかった。

と、ほっとしました☺️

 

そして、最後にアカペラを披露してくれました。


⑤magic music

ギターをそっと置き、ステージの前ギリギリまで出てきて、
そして、客席に向かって大きく両腕を広げ響き渡る声量で。

歌いながら、途中感きわまったように声が微妙に震えて、歌詞太郎さんが歌詞に込めて発してる想いをより強く感じました。


(歌えなかった時)すごく歌いたかったんだ
又会えて嬉しいよ
歌が歌えて幸せだ


そんな歌詞太郎さんの心の声を強く感じました。
聴いていて心が震えた。


気持ちには気持ちで


こちらこそ又会えてよかった
戻って来てくれてありがとう
ずっと会いたかった
そしてあなたの歌が聴きたかった


こうやって又目の前で歌う歌詞太郎さんを見れて本当によかった。
これからも何があってもついていきたい

心の中でこんな言葉を繰り返し、改めて、帰って来てくれてありがとうと感じずにはいられませんでした。

心からじんとする本当にいいライブでした。


アカペラを歌い終わり、歌詞太郎さんが舞台を下りた後、周りから
「すごくよかった!」
「歌上手い。よかった〜!」
という感動の声が聞こえてきました。
初めて歌詞太郎さんの歌を聴いた人達らしくて、それを聞いてとても嬉しく思いました。


そして、フィナーレのステージ。

出演者全員が舞台に集合。
客席もラララ〜♬と一緒に歌い大合唱。
皆んなの心が1つになり、心地よい空気が流れました。

そして、今日は音楽というものを再認識した1日になったな、と思いました。


これでこの日のフェスは終了です。



今回の出演は、歌詞太郎さんにとってはチャレンジだったと思います。
ツアー真っ最中の忙しい中、本当にお疲れ様でした。

滅多に見れない弾き語りする歌詞太郎さんを見れた貴重なライブに来れてよかった。


歌詞太郎さんの生き様、魂、発する言葉や音、一つ一つにいつも勇気づけられ元気をもらっています。
心に響く歌を歌う歌詞太郎さんこそ、真のシンガーソングライターであり、最高のロックスターです。

沢山の感動をありがとうございました(^^)

これからも色んな景色を一緒に見たいです。



最後まで読んでいただきありがとうございました(^-^)
_var_mobile_Media_DCIM_101APPLE_IMG_1292.JPG