伊東歌詞太郎様、
8周年おめでとうございます㊗️🎉

沢山の方達のコメントやメッセージや素敵な絵を拝見させてもらい、お祝いムードに溢れていて、こちらも温かい気持ちになりました。


歌詞太郎さんと出会って丸3年と少し。
以来あなたの歌や人柄に触れる度に、勇気や元気をもらい続けてきました。
改めて感謝の気持ちが溢れます。


私事だけど、

最初の出会いは近所の公園でのイトヲカシの路上ライブ。


第一印象はすごく後々に残ってます。
普段の生活の中でたまたま近所で出会ったという事もあってか、何か親近感を感じるというか
(私の勝手な思い込み)

歌詞太郎さん自身がリラックスして楽しそうに歌っていたように見えたのもあって、

歌が上手くて好青年のカッコいい近所のおにいちゃん!という印象でした!(笑)

でもこの時初めて歌を聴いた時、何か引っかかるというか惹きつけられるものがありました。

その時は全く知らなかったので、初対面にもかかわらずライブ後の握手会に参加させてもらった際は緊張しなかったのですが、後々色々とわかっていくうちに、
"こんなにすごいんや〜!"
と気づき、知らないうちに夢中になっていました。

人柄、歌、そして音楽に対する真っ直ぐで熱い信念。
全てに心をうたれました。

人生そのものを音楽に捧げている生き方は本当にかっこいい。
すごく自分自身の人生観にも影響されています。
出会えて本当によかったといつも思います。

ライブの他に、ツイキャス、動画、FCなどで生歌を披露してくれたりと、いつも心に沁みる素敵な歌を聴かせてくれています。
(ありがとうございます😊)

歌を聴く度に、同じ曲でもその時々で発信する表現が微妙に違うなって感じたり、まさに今のこの瞬間にしか出来ないものを創造し魅せてくれて、 歌詞太郎さんの豊かな感性は、こちらの心も豊かにしてくれます。
歌えば歌う程どんどん進化しているあなたを見て、すごいな!と心が震え、音楽ってやっぱりいいなといつも感動させてくれて本当に感謝です。

これからもどんな風に音楽を表現されるのか楽しみです(^^)

歌詞太郎さんの
「自分が表現するものには自分そのものが全て出る。」
という言葉はとても説得力があります。
どんな小さな事でもそこには自分が宿るというのは真実だと思うし、自分が自分に恥ずかしくない生き方をしたいと思わせてくれて、私も肝に銘じています。

とことん何事にも誠実に向き合い、音楽という愛してやまないものに全身全霊で取り組む姿勢は心底尊敬させられ、そんな姿を見ているだけでいつも背中を押されます。

優しすぎて時には誤解をされたり傷ついたりする事もあるだろうけど、そんな優しい所が大好きです。
今まで紆余曲折あったと思いますが、積み重ねて来た時間と経験がこれからの音楽との絆をより一層深められることに繋がりますように。

まだまだ分からないことばかりだけど、これからもずっと応援し、信じてついていきます。

歌詞太郎さんは今日という日をどんな気持ちで過ごしたんだろう。
初心を思い出し、又新たな気持ちでいつものように音楽に向き合っているんだろうな。

毎日お忙しいと思いますが、時には歩を緩め自分を開放し、歌と共に充実した日々を過ごしてほしい。
これからも歌詞太郎さんの幸せを願っています。




2019.11.17豊洲PIT「君住む街へ」ライブに行って来ました。

特に印象的だった事などを記憶から拾い上げ、書き残しておこうと思います。
拙い文章ですが雰囲気だけでも伝われば、と思います。

個人的な感想メインで書いています。
MCの文章はニュアンス的な内容です。



この日の東京は快晴。秋晴れ。
気候もよくて気持ちのいい日。
こんなに過ごしやすくてさわやかな日に歌詞太郎さんのライブに行けるなんて幸せだ。
しかも今日はツアー最後のライブ。
久しぶりの東京だし、ワクワクと少しの緊張感の中東京に到着。

先に宿泊するホテルに荷物を預けてライブ会場に向かった。
無事に辿りつけるかなと思いながら何とか到着。
(途中色んな人に道を聞いて教えてもらいました)

ライブ会場には開場時間間近に着いて、既に沢山の人が集まっていた。

外で待っていて、自分の番号が呼ばれたので会場へイン。
今回整番がかなり後ろの方だったけど、いざ中に入ると、あれよあれよと思っていた以上に前列に行く事が出来ました。

会場内は横にも縦にも広くて、照明器具が沢山あった。
どんなライブになるんだろうなと、よりワクワクして気持ちが高まる。

そして、遂に開演時間。
会場内からは緊張が。
先ずバンドメンバーの皆さん、その後で歌詞太郎さんの登場!
客席からは待ってましたとばかりの大歓声と拍手がわき起こった。

いつもながらステージに姿を見せてくれる瞬間が一番ドキドキするなぁ。

この日のセトリ(他の場所のライブもそうだったけれど)一曲目の「北極星」から始まり全ての曲が聴きたかった曲ばかり(*´꒳`*)

特に印象に残った曲☆

「さよならだけが人生だ」

個人的に大好きな曲で、今回行った公演で何度も聴く事が出来て嬉しかったなー!

この日曲を聴いた時、ちょっと歌い方を変えたのかな、今までの歌い方と違うような、と思ったのと(個人的な感想)
今までに聞いた中で一番、優しさが滲み出ているようでいつにも増して感情込めて歌ってくれた気がした。
歌詞太郎さんの芸術性が溢れていた。
歌いながら時折目を閉じる仕草や静かに包み込んでくれるような気を感じて、心が震えて涙が出ました。
心の深いところまで気持ちが届いた。
聴く度に表現力が増しているように感じてすごいなぁと感動しました。


「365」

ステージバックのスクリーンには花弁が静かに降りてくる画や歌詞太郎さんの表情が大きく映し出されたり、観ていると映画のワンシーンをみているようで曲の雰囲気にのまれて思わず涙が出た。

歌詞の中の、

「愛してる」

と何度も繰り返し歌う歌詞太郎さんの声がとても暖かくてじんとした。


「からくりピエロ」

身体を揺らしてメロディーに酔いしれてるように歌う歌詞太郎さんは歌そのものに溶け込んでいるようだった。
高音を効かせてジャズっぽくアドリブで歌う所は毎回聴く度に微妙に違っていて、この日は特に聴かせてくれたと思う。
大人の雰囲気が漂う歌い方で魅了された。
ピアノの音もすごくきれいだった。
流れるようなメロディーや繊細なタッチに、うわー、はたっぷさんすごーい!と感動した。


「革命トライアングル」

赤い照明に照らされて激しく歌う歌詞太郎さんの姿に圧倒された!
響き渡る声量と、真っ直ぐでどこまでも伸びる力強い歌声に心を釘付けにされた。
いつ息継ぎするんだろうと思うようなスピード感のある曲だけど、歌詞の言葉1つ1つがしっかりと耳に届き声の安定感だけじゃなくて腹筋の強さも伝わってくる歌声に、本間すごい!と感動でした。
肺活量すごすぎる!まだ倍位行けそう!


MC

・僕は私生活でもいつ何時声を掛けてかけられても恥ずかしくない自分でいたい。
プライベートは別だからという人もいるけれど、僕はそうは思わない。
(自分が表現する)音楽そのものに自分の全てが出ると思うから。

(物販の事も心配していました)

・物販の方は大丈夫だった?!潤沢だった?

その後の客席からの、

〝買えたー!″
〝買えなかったー!"

という声に、

〝よかった〜″
〝買えなかったのー!?ごめんね!"

とちょっと慌て気味に(笑)応えてくれました。

掛け合い、聞いていて楽しかったな☺️

・今回自分の中の色んな芸術に触れたり気づく事もあったツアーだった。
(ニュアンス的に)
このツアーを礎に次に繋げていきたい。
そして、もっと最高のライブを更新出来るよう僕自身これからも頑張っていきたい。
皆んなついてきてほしい。

最後に、

来年もいい曲つくって、いいライブして、もっといい景色を皆んなで一緒に見たい。

と来年へのメッセージも聞かせてくれました。


今回どの公演もそれぞれ違った味、感動を経験させてもらいました。
歌詞太郎さんから発信される音楽を通して、芸術とは、表現するとはなど、私自身も色んな気づきがありました。

歌詞太郎さんの、人生をかけて音楽に向き合って行くという信念も今まで以上に感じたし、歌に対する哲学、ポリシーは貫いていて、表現者としても人としても心底尊敬します。

歌えば歌う程歌詞太郎さんのその気持ちはより強くなっているように思えたツアーでした。

歌詞太郎さんがライブでいつも言っていた言葉、
「最新が最高のライブになるよう常に更新し続けたい。」

努力無しでは到底実現できない事だと思うので、有言実行されているのは本当にすごいと思います。

そして、最後のお帰り編のライブは今までにない舞台設備や企画ですごく楽しませてもらいました。

ライブではいつも、
「今日は来てくれてありがとう!」
と言って客席に向かって何度も深く頭を下げてくれたり、

ファンの皆んな1人1人を楽しませるため、一生懸命色んな事を考えたり気を配ってくれるその優しさに本当に感謝しています。

歌詞太郎さんが表現する音楽をずっと大切にしていきたい。

これからもいいライブ、心に響く歌を楽しみにしています。

今まで見た事のないような素晴らしい景色を見に連れて行って下さいね。


最後まで読んでいただきありがとうございました。



_var_mobile_Media_DCIM_101APPLE_IMG_1350.JPG

豊洲ピットから駅までの帰り道、夜景がすごく綺麗だったから思わず撮った(^-^)
_var_mobile_Media_DCIM_101APPLE_IMG_1343.JPG




前回の続きです。

セトリ
①北極星
②さよならだけが人生だ
③雨ニモ負ケズ
④帰ろうよ、マイホームタウン〜追想〜
⑤magic music(アカペラでサビの一部)



①北極星

一曲目だったからか少し緊張気味に見えたけど、スタートから力強いギターの音で始まった。


歌の途中で、


今日はギターがプラスされてすごく楽しいー!と言いながら歌う歌詞太郎さん。


ギターの音もすごくキレが良い♬

もう陽は落ちて暗くなっていたので、照明が歌詞太郎さんの背中を照らしている。
私が座っている場所からはまるで後光が差しているようにライトが当たっていてきれいだったな。


力強い歌声はまるで空高くまで届くような、真っ直ぐで澄んだ声でした。
野外だったし自然の空気の中、聴いていてすごく気持ちがよかった。



②さよならだけが人生だ

出だしのギターのコードを聴いた時点で、
大好きな曲の中の一曲なので、気持ちが高まりました。

明るかった照明も静かに落とされ、曲の世界観をステージ全体で創り出しています。

歌詞太郎さんのそっと語りかけるような優しい歌声が、会場を包み込みました。
ギターのコードが切なくてきれい。

時々目を閉じて、感情移入して歌っている歌詞太郎さん。

心に染みる。

優しさでこちらの心を溶かすように、静かだけど激しく訴えかけてくる感じ。

サビに向かって盛り上がっていく所では胸が熱くなり涙が出ました。



どんな君でもそばにいさせて


曲を聴き終わった後これ以上ない位癒された気がした。

歌ってくれてありがとうって、何回も心の中で繰り返した。



③雨ニモ負ケズ

この曲を歌う前に、

生きていると色んな辛い事があるけど、そんな時僕はこの曲を歌って今まで乗り越えてきたんだと、改めて気づいた。(ニュアンス的な内容です)

こんなお話をしてくれて、歌詞太郎さんの正直に語ってくれる言葉一つ一つにじんとしました。


僕は僕のままでいたいのに


の所が、歌詞太郎さんの気持ちが伝わってくるようで、心に響いてしようがなかった。
悲しさが込み上げてきました。

歌詞太郎さんの激しく切ない感情が歌からダイレクトに訴えかけてきて、忘れられない曲になりました。




④帰ろうよ、マイ ホームタウン〜追想〜


最後の曲となったからか、歌詞太郎さんの表情が解れてほっとしている感じです。

一緒にららら〜♬って歌って楽しかったなぁ


曲の間奏で時折ふっと笑顔になったり、曲を歌い終わった後も、ライブでするようにいつもの笑顔になっていました。

下を向いて思わず笑みが溢れている歌詞太郎さんを見てこちらも、

やっといつもの笑顔を見れた。
無事に終わってよかった。

と、ほっとしました☺️

 

そして、最後にアカペラを披露してくれました。


⑤magic music

ギターをそっと置き、ステージの前ギリギリまで出てきて、
そして、客席に向かって大きく両腕を広げ響き渡る声量で。

歌いながら、途中感きわまったように声が微妙に震えて、歌詞太郎さんが歌詞に込めて発してる想いをより強く感じました。


(歌えなかった時)すごく歌いたかったんだ
又会えて嬉しいよ
歌が歌えて幸せだ


そんな歌詞太郎さんの心の声を強く感じました。
聴いていて心が震えた。


気持ちには気持ちで


こちらこそ又会えてよかった
戻って来てくれてありがとう
ずっと会いたかった
そしてあなたの歌が聴きたかった


こうやって又目の前で歌う歌詞太郎さんを見れて本当によかった。
これからも何があってもついていきたい

心の中でこんな言葉を繰り返し、改めて、帰って来てくれてありがとうと感じずにはいられませんでした。

心からじんとする本当にいいライブでした。


アカペラを歌い終わり、歌詞太郎さんが舞台を下りた後、周りから
「すごくよかった!」
「歌上手い。よかった〜!」
という感動の声が聞こえてきました。
初めて歌詞太郎さんの歌を聴いた人達らしくて、それを聞いてとても嬉しく思いました。


そして、フィナーレのステージ。

出演者全員が舞台に集合。
客席もラララ〜♬と一緒に歌い大合唱。
皆んなの心が1つになり、心地よい空気が流れました。

そして、今日は音楽というものを再認識した1日になったな、と思いました。


これでこの日のフェスは終了です。



今回の出演は、歌詞太郎さんにとってはチャレンジだったと思います。
ツアー真っ最中の忙しい中、本当にお疲れ様でした。

滅多に見れない弾き語りする歌詞太郎さんを見れた貴重なライブに来れてよかった。


歌詞太郎さんの生き様、魂、発する言葉や音、一つ一つにいつも勇気づけられ元気をもらっています。
心に響く歌を歌う歌詞太郎さんこそ、真のシンガーソングライターであり、最高のロックスターです。

沢山の感動をありがとうございました(^^)

これからも色んな景色を一緒に見たいです。



最後まで読んでいただきありがとうございました(^-^)
_var_mobile_Media_DCIM_101APPLE_IMG_1292.JPG









↑このページのトップへ