前回の続きです。

セトリ
①北極星
②さよならだけが人生だ
③雨ニモ負ケズ
④帰ろうよ、マイホームタウン〜追想〜
⑤magic music(アカペラでサビの一部)



①北極星

一曲目だったからか少し緊張気味に見えたけど、スタートから力強いギターの音で始まった。


歌の途中で、


今日はギターがプラスされてすごく楽しいー!と言いながら歌う歌詞太郎さん。


ギターの音もすごくキレが良い♬

もう陽は落ちて暗くなっていたので、照明が歌詞太郎さんの背中を照らしている。
私が座っている場所からはまるで後光が差しているようにライトが当たっていてきれいだったな。


力強い歌声はまるで空高くまで届くような、真っ直ぐで澄んだ声でした。
野外だったし自然の空気の中、聴いていてすごく気持ちがよかった。



②さよならだけが人生だ

出だしのギターのコードを聴いた時点で、
大好きな曲の中の一曲なので、気持ちが高まりました。

明るかった照明も静かに落とされ、曲の世界観をステージ全体で創り出しています。

歌詞太郎さんのそっと語りかけるような優しい歌声が、会場を包み込みました。
ギターのコードが切なくてきれい。

時々目を閉じて、感情移入して歌っている歌詞太郎さん。

心に染みる。

優しさでこちらの心を溶かすように、静かだけど激しく訴えかけてくる感じ。

サビに向かって盛り上がっていく所では胸が熱くなり涙が出ました。



どんな君でもそばにいさせて


曲を聴き終わった後これ以上ない位癒された気がした。

歌ってくれてありがとうって、何回も心の中で繰り返した。



③雨ニモ負ケズ

この曲を歌う前に、

生きていると色んな辛い事があるけど、そんな時僕はこの曲を歌って今まで乗り越えてきたんだと、改めて気づいた。(ニュアンス的な内容です)

こんなお話をしてくれて、歌詞太郎さんの正直に語ってくれる言葉一つ一つにじんとしました。


僕は僕のままでいたいのに


の所が、歌詞太郎さんの気持ちが伝わってくるようで、心に響いてしようがなかった。
悲しさが込み上げてきました。

歌詞太郎さんの激しく切ない感情が歌からダイレクトに訴えかけてきて、忘れられない曲になりました。




④帰ろうよ、マイ ホームタウン〜追想〜


最後の曲となったからか、歌詞太郎さんの表情が解れてほっとしている感じです。

一緒にららら〜♬って歌って楽しかったなぁ


曲の間奏で時折ふっと笑顔になったり、曲を歌い終わった後も、ライブでするようにいつもの笑顔になっていました。

下を向いて思わず笑みが溢れている歌詞太郎さんを見てこちらも、

やっといつもの笑顔を見れた。
無事に終わってよかった。

と、ほっとしました☺️

 

そして、最後にアカペラを披露してくれました。


⑤magic music

ギターをそっと置き、ステージの前ギリギリまで出てきて、
そして、客席に向かって大きく両腕を広げ響き渡る声量で。

歌いながら、途中感きわまったように声が微妙に震えて、歌詞太郎さんが歌詞に込めて発してる想いをより強く感じました。


(歌えなかった時)すごく歌いたかったんだ
又会えて嬉しいよ
歌が歌えて幸せだ


そんな歌詞太郎さんの心の声を強く感じました。
聴いていて心が震えた。


気持ちには気持ちで


こちらこそ又会えてよかった
戻って来てくれてありがとう
ずっと会いたかった
そしてあなたの歌が聴きたかった


こうやって又目の前で歌う歌詞太郎さんを見れて本当によかった。
これからも何があってもついていきたい

心の中でこんな言葉を繰り返し、改めて、帰って来てくれてありがとうと感じずにはいられませんでした。

心からじんとする本当にいいライブでした。


アカペラを歌い終わり、歌詞太郎さんが舞台を下りた後、周りから
「すごくよかった!」
「歌上手い。よかった〜!」
という感動の声が聞こえてきました。
初めて歌詞太郎さんの歌を聴いた人達らしくて、それを聞いてとても嬉しく思いました。


そして、フィナーレのステージ。

出演者全員が舞台に集合。
客席もラララ〜♬と一緒に歌い大合唱。
皆んなの心が1つになり、心地よい空気が流れました。

そして、今日は音楽というものを再認識した1日になったな、と思いました。


これでこの日のフェスは終了です。



今回の出演は、歌詞太郎さんにとってはチャレンジだったと思います。
ツアー真っ最中の忙しい中、本当にお疲れ様でした。

滅多に見れない弾き語りする歌詞太郎さんを見れた貴重なライブに来れてよかった。


歌詞太郎さんの生き様、魂、発する言葉や音、一つ一つにいつも勇気づけられ元気をもらっています。
心に響く歌を歌う歌詞太郎さんこそ、真のシンガーソングライターであり、最高のロックスターです。

沢山の感動をありがとうございました(^^)

これからも色んな景色を一緒に見たいです。



最後まで読んでいただきありがとうございました(^-^)
_var_mobile_Media_DCIM_101APPLE_IMG_1292.JPG









大阪城野音で行われたシンガーソングライター☆フェスに行って来ました。

レポというには程遠いレポですが、ライブの雰囲気だけでもシェア出来たらなと思います。
MCについての内容はニュアンス的なものです。
正確ではありません(^^;
感想については、あくまでも個人的主観で書いております
(^-^)





ライブが開催される大阪城公園は、JR森ノ宮駅の大阪城方面改札口を出て、すぐ目の前の所にありました。

公園内はとても広大な敷地で、森林や芝生、噴水広場があり、自然を満喫出来る都会の中のオアシスになっています。
マイナスイオンいっぱいで癒される⛲️

噴水広場の周辺にはスタバやローソンもありました。

そこでは沢山の人がのんびりと過ごしていて心が和む平和な光景。

こんな気持ちのいい空間でライブを観れるとはなんとも贅沢です。

 空は雲一つない快晴で、外の空気も過ごしやすく最高のライブ日和☀️
(晴れ男歌詞太郎さんのおかげだな☺️ちなみに前回のフェスは土砂降りの滝のような雨だったそうです)


ライブ会場は噴水広場を通り抜けた森の奥の方にありました。

歌詞太郎さんの出演は18時〜だったので、早い目に行こうと思って16時過ぎに会場内へイン!

ここの会場は、ステージ自体が高かったし、客席も段々になっているので舞台が見えやすい造りになっていました。

歌詞太郎さんの出番まで他のアーティストの方達の歌を聴いていましたが、
皆さん音楽への愛が溢れていました♬
思い思いに自分の色を最大限に表現して歌っているのが印象的でした♪



そして、ついに歌詞太郎さんがステージに登場。
登場するなり客席からは大きな歓声が♡

一瞬で空気が〝歌詞太郎さんワールド″に一変し、客席の視線が釘付けになりました。

やっぱりオーラが半端無い。
惹きつけるパワーがすごい!!

この日の歌詞太郎さんは、黒のシルクのような柔らかい素材のシャツと黒のスキニー。
細身のスタイルにすごく似合っていて素敵でした。


歌詞太郎さん、先ずは音のチェック♬

誰もが息をのんで聴き入ってる。

そんな張り詰めた空気の中。

歌詞太郎さん、突然「君が代」を歌い出す!?

誰もが想定外の選曲に、客席からは
「え〜〜!(笑)」
という声が上がって、和やかな雰囲気に包まれました。

今日も歌詞太郎さんの声は絶好調です。


声量もたっぷりで、堂々たる歌い方はとても風格があって素敵だったな〜。

今までで聴いた君が代の中ではダントツ1位で感動しました。


歌い終わった後、
「オリンピックで歌いたいー!」
と叫ぶ歌詞太郎さん。

ほんま、歌ってほしいですー!!
すごいよかった♬
今もしっかりと耳に残っています。


そしてサウンドチェックも済んで一旦舞台袖にはけ、又直ぐに登場。

待ってました!とばかりに客席から歓声が上がり、テンションも一気に上がります。


セトリ
①北極星
②さよならだけが人生だ
③雨ニモ負ケズ
④帰ろうよ、マイホームタウン〜追想〜
⑤magic music(サビの一部をアカペラで)

続きは次回へ


_var_mobile_Media_DCIM_101APPLE_IMG_1303.JPG

大阪城公園内の景色
_var_mobile_Media_DCIM_101APPLE_IMG_1305.JPG

噴水広場
_var_mobile_Media_DCIM_101APPLE_IMG_1304.JPG




















岡山でのライブ行ってきました。

記憶の1つ1つを拾いながら、いつものように個人的感想メインで書き残しておこうと思います。


「君住む街へ」のツアーももう中盤ですね。
歌詞太郎さんのツイートなどから伺い知ると、全ての公演が順調にいっているようでなによりです。

広島のライブにも行きましたが、岡山のライブも歌詞太郎さん熱かった!

岡山でのライブは、、だいぶ後ろの方だったんだけど、熱気がすごく伝わってきました。

ツアーが始まる前から、
歌詞太郎さんの今までの音楽に対する考え方にプラスして、歌詞太郎さんの中で何かが変わって来ているように感じていましたが、先ずは広島でのライブで、そしてこの岡山でも、
生の歌を聴いてそれを確信しました。

曲ごとに表現の仕方が全く変わり、曲が変わる度に会場の雰囲気や空気の流れも全く違ったものに。

そんな歌詞太郎さんのオーラに魅了されました。

歌い方にもアドリブやアレンジを効かせたりと、それがとても自然体で心から表現するのを楽しんでる感じ。

見ていてとても心地よく、こちらものれました♬

歌っている時は全員と目を合わすように、1人1人に語りかける様に歌ってくれました。




MCでは、

とにかくこのツアーは不思議に思う事が沢山ある。

ライブの途中で、ふっと新たに芸術の本質に気づいたり。
とにかく予想外の展開が起きたりする。

歌っている自分をもう一人の自分が別の視点から俯瞰して観ている様な感覚になる。

少し前からだけど、歌っていると〝降りてくる"のを感じる事がある。
など…

今の歌詞太郎さんを見ていると、

〝降りてくる"という言葉がぴったり当てはまるな、と感じます。


そして、もっともっと歌詞太郎さんの中にある芸術性を知りたくもなりました。


そんな歌詞太郎さんの歌う姿にライブの間ずっと釘付けだったし、会場の雰囲気もそう感じました。

皆んな一曲一曲すごく真剣に聴き入っていた様でした。
会場がそんな雰囲気で、この場にいる全員の心が歌詞太郎さんの方を真っ直ぐに向いて1つになっている様な、不思議な感覚にも。

そして前日は名古屋に泊まったそうで、駅ではBUNP OF CHICKENのファンの方に沢山遭遇したと。

広島ではカープファンが沢山いてとにかくカープ愛がすごかった!広島は地元愛がすごい!
と広島でも岡山でも熱く語っていました。

確かに広島ライブがあったその日は試合があったみたいで、広島駅は赤のユニフォームを着たカープファンの方々が沢山歩いてました。
タイガースファンの方達もちらほらといて(黄色と黒のトラトラ模様のユニフォームやトラトラの着物を着てる女性の方もいた!)
普段馴染みのない光景に、ちょっとワクワクした!(^^)






そして、アンコール。

歌詞太郎さん、烏龍茶を持って登場!

伝説の烏龍茶2リットル。

烏龍茶は喉の脂分を洗い流すからよくないという、ボーカリストの間違った思い込みを解き放つ!そんな事は無い!ということを証明するための運動?!だそう。(そんなニュアンスだったような)

自ら身体を張ったチャレンジ!

暑くて汗をすごくかいていたからというのもあったと思うけど、
曲の途中でもぐいぐい飲んで(笑)、アンコールの2曲を歌い終わるまでに2リットルを飲み干す歌詞太郎さん。

やっぱり何かが違う歌詞太郎さん(笑)

飲みきったあと会場から、おー!!という歓声と拍手!

ライブ後のラジオのインタビューで話されていましたが、本当は2リットル一気に飲むのは流石にきつかったそう(笑)

そりゃそうです( ̄▽ ̄;)
お腹は大丈夫だったのかな?!


泣いたり笑ったり楽しかったり感動したり、様々に心を動かされた中身の濃い時間でした。

この場にいれた事を本当に幸せに思います。

広島でのライブも岡山も、私にとってはかけがえのない大切な宝物になりました。

今までとは違った、とても感動的で忘れられない様な場面が沢山ありました。



この日お昼過ぎに岡山に着きましたが、小雨が降っている程度で、移動なども無事に出来てよかったです。

自然現象は予測がつかないし、もし何かあれば責任を問われかねない状況の中で、台風の影響が心配されて開催するかしないか、
やはり安全が第1だとすれば苦情の中での決定だったと思います。

無事に終わったあと、歌詞太郎さんのパワーと、そして皆の気持ちが1つになっていい方向に背中を押したんだと思えてなりませんでした。


この後の各地でのライブも大成功される事を祈ってます。
又進化した新しい歌詞太郎さんに会いに行きます☺️

毎日お忙しいと思うので体調にはくれぐれも気をつけて乗り切って欲しいです。

最後まで読んでいただきありがとうございました(*^_^*)

_var_mobile_Media_DCIM_101APPLE_IMG_1108.JPG会場入口の近くに貼ってあったのでパチリ📱













↑このページのトップへ