どうも、中田敦彦です。
先日お伝えした9月22日の中田敦彦オンラインサロン限定イベント「中田プレゼン塾」はおかげさまで募集人員達成しました。
楽しみですね。

9月19日には新刊「僕たちはどう生きるか」が出ます。

中田さんってプレゼン上手いですよね。とか、説得力ありますよね。とか。
言われたうえで「どうやれば上手くなりますか?」とよく聞かれてきました。
(しくじり先生とか都市伝説で頑張ったおかげですね。)

とはいえ、自分でも蓄積した何かを体が放出しているだけだと考えていて、ノウハウなんてあるか?と思っていたのですが、文章にまとめるとすごく面白くなりました。
自分でも、なるほどなー、と納得する本になりましたね。

僕は文章を書くのを面倒くさがるタイプなので、どちらかというと喋る方が好きで、前回出した本「天才の証明」(才能論の本)は語り下ろしなんですよ。僕が喋って、ライターさんに描いてもらう形。

今回もそれで行こうとしたのですが、なんだか途中で「これは自分で書かないと伝わらないかもしれない」という気がして、一気に書き上げました。

正直な話。。
過去最高傑作になってると思います。
本として。
プレゼンとか喋り方の本として「長い年月の淘汰に耐えうる教科書」になってるはずです。

自信がある!
なので、前書きである「はじめに」の部分を全文公開させてもらいます。
読んでみて、心が動いたら予約してみてください。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

「僕たちはどう伝えるか」

はじめに 
〜大プレゼン時代の到来と、生き残るための英知〜

この本を読めば、思い通りの人生を生きていける。

それはなぜか?
今から40秒だけ使って簡単に説明しよう。


われわれ人類は、超能力をすでに持っている。
しかしそのことに気づいている人はほとんどいない。

人類は、すでに地球を制している。
しかしいかにして地球を支配しているかを意識している人間はほとんどいない。

人類の武器は核兵器やミサイルなどの「武力」ではない。

人類の本当の武器。
それは「伝達能力」である。

人類は単体で生きるにはあまりにも非力にできている。
虎や鮫には1対1で敵うべくもないが、似たような種類の動物の中でも人間は最弱だ。
素早さは猿に劣り、力はゴリラに劣る。

「人間は、頭がいいから勝った」と理解している人が多いがそれは厳密ではない。
単体で言えば、生きる知恵にたけた動物なら他にもいるだろう。

人類は「連携できたから勝った」のである。
仲間を作る。組織を作る。すると人類は単体の数千倍の力を発揮する。

人類は地球最強の「群体生命体」なのである。

誰もが人間関係に悩むのは心が弱いからではない。
それが、もっとも重要な「生存競争」だからだ。

日本人はくしくも、小さな島の中で、長いこと同じような種類の人々と連携してきた。
それは小さくて濃いコミュニティを産んだ。

「以心伝心」

言葉にしなくても伝わることを美徳とした。
空気が読める人間が、重宝されて来た。

だが、時代が変わった。

グーグルが、アップルが、あらゆる新しい技術が、日本をもう一度開国させた。

空気を読む人間が、衰退していく。
時代を読む人間が、台頭していく。

以心伝心してくれるのを待っていたら、もう連携できない。
多様な価値観が交じり合う時代がやって来た。

そんなむき出しの、野生の時代にもう一度、人類はその最大の武器を使うことになる。

伝達能力だ。

時を経て、その「伝達能力」はこう呼ばれるようになった。
「プレゼンテーション」である。

変わりゆく時代を生き残ろうとする国民に告ぐ。
どうかこのプレゼンの力を身につけて、ともに生き残っていこうではないか。

この本を読めば、必ず「人に伝わる話し方」ができるようになる。
そして必ず、自分らしく人生を生きることができる。

時代が我々に問うている。
「僕たちはどう伝えるか」と。

その答えは全て、この本に書いた。
最高の本に仕上がっている。

あとは読むだけだ。
大丈夫。30分で、読破できる。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さあ、いかがでしたでしょうか。
ちなみに、中田敦彦オンラインサロンでは「はじめに」以外の全章を全文公開しています。
中身を全部読んでもらっても、きっと買いたくなる本です。

「僕たちはどう伝えるか」刊行記念の講演会主催権の販売や、プレゼン塾の参加募集もオンラインサロンで行なっています。

本の予約をしたら、中田敦彦オンラインサロンへの入会を!