私は🎻の弓を製作しています。  ãƒ´ã‚¡ã‚¤ã‚ªãƒªãƒ³ã‚’弾く時に右手側に持っている あの細い棒の様なものです。
その弓には馬の尻尾🐎から取られた馬毛が使われています。

弓は一本の木材から削り出して作るのですが、その作業は ほぼ削っている様なものです!😅
やっていることは 100年前、200年前の先人たちがやっていたことと 今でもそれほど変わっていません。
ただし、工房内の電気照明や電動工具が使えるのは、現在の利点であると思います。
yQMTLeyJF4.jpg
この様にカンナで削って、必要な部分だけを残して削り出していきます。

面白いことの一つには、製作者は皆さん同じ様なことをしている様ても、太さの残し方やカーブの持たせ方。  ä¸¸ã‚„八角形の出し方などは微妙に異なってくるところでしょうか。
その様なまとめ方にも、その人の個性が宿ってきます。

決められた数字に合わせるだけでは無くて、自分が感じ持っている感覚も頼りにしながら、全体のバランスを整えていくアナログな仕事が今でも続いています。

もちろん、機械生産技術の助けも借りながら量産体制で作られている弓もたくさんあります。
または木材では無く、カーボンやグラスファイバーなどのケミカル素材を使った弓も登場しています。

しかし、クラシック音楽の歴史とともに歩んできたクラシック弦楽器🎻の音が必要とされる限り、これらの製作、修理、メンテナンスという世界共通な仕事は、これからも並行して行われていくことでしょう。