私は🎻の弓を製作しています。  ãƒ´ã‚¡ã‚¤ã‚ªãƒªãƒ³ã‚’弾く時に右手側に持っている あの細い棒の様なものです。
その弓には馬の尻尾🐎から取られた馬毛が使われています。

弓は一本の木材から削り出して作るのですが、その作業は ほぼ削っている様なものです!😅
やっていることは 100年前、200年前の先人たちがやっていたことと 今でもそれほど変わっていません。
ただし、工房内の電気照明や電動工具が使えるのは、現在の利点であると思います。
yQMTLeyJF4.jpg
この様にカンナで削って、必要な部分だけを残して削り出していきます。

面白いことの一つには、製作者は皆さん同じ様なことをしている様ても、太さの残し方やカーブの持たせ方。  ä¸¸ã‚„八角形の出し方などは微妙に異なってくるところでしょうか。
その様なまとめ方にも、その人の個性が宿ってきます。

決められた数字に合わせるだけでは無くて、自分が感じ持っている感覚も頼りにしながら、全体のバランスを整えていくアナログな仕事が今でも続いています。

もちろん、機械生産技術の助けも借りながら量産体制で作られている弓もたくさんあります。
または木材では無く、カーボンやグラスファイバーなどのケミカル素材を使った弓も登場しています。

しかし、クラシック音楽の歴史とともに歩んできたクラシック弦楽器🎻の音が必要とされる限り、これらの製作、修理、メンテナンスという世界共通な仕事は、これからも並行して行われていくことでしょう。


っと言っても 夏の暑さの本番ではなく、🎻音楽コンクールなどの本番のことです!🎻
p2ChJAqo1m.jpg
ジュニア〜大学生たちの皆さんが夏休みに入ると。  å„地域の一次審査、二次審査からの音楽コンクールの全国大会が始まります。
jDDfF_WKaQ.jpg
これまでの練習の成果を自分の音楽にのせて、全国から選ばれて来た音楽仲間たちが競い合う🎻音楽コンクールの全国大会。 
hncXRmiGjD.jpg
皆さんの諸々の環境の違いはあれど、この夏休みという共通の期間でしか行えない音楽コンクールもあります。
一次審査、二次審査、三次審査を経て、選ばれし強者達の集いとなる本戦大会へ。

これまでに蓄えた、音楽への情熱と音楽表現での晴れ舞台にかける熱い想いを音色の響きに曲にのせて。

・8月25日(日)〜8月30日(金)まで、日本音楽コンクールの一次、二次、三次審査の予選大会が行われます。
場所はトッパンホール

アトリエハーモニーでは、その一週間前となる8月14日(水)〜8月18日(日)も営業いたします。
出場される🎻学生さんたちの弓の毛替えや準備のサポートも致します。
(ご利用の方はご予約を願います。)

本番前になって慌てない様に。 せめて一週間前には、弓の毛替えなどの準備も整える気持ちの余裕も持って、本番への準備を整えてください。 

みんながんばれ!👍

アトリエハーモニー・工房入口のご案内です。
_var_mobile_Media_DCIM_111APPLE_IMG_1360.JPG

外壁は白いタイル張りの3階建の建物。1階です。
外側にステンレス製の丸いカバーが付いています。

JR代々木駅からは徒歩2分。
・🚃JR山手線(代々木駅)
・🚃JR総武線(代々木駅)
・🚇地下鉄Ⓜ️大江戸線(代々木駅)
・🚃小田急線(南新宿駅)・徒歩3分
・🚇地下鉄Ⓜ️副都心線(北参道駅)・徒歩6分

交通機関は5路線をご利用いただけます。

🚗お車の方は、近くに🅿️コインパーキングが3ヶ所あります。

代々木の住宅街の中にあります。
来る途中で分かりにくい時にはお電話をください。

基本 ご予約をいただいています。
☎︎ 03-5351-1191
📧 mail@atelierharmony.jp

アトリエハーモニー どうぞよろしくお願いします。


↑このページのトップへ