多十郎殉愛記の舞台挨拶に出演させていただきました。

中島貞夫監督をはじめ、豪華キャストの皆さんと共にこの日を迎えさせていただいたことが本当に光栄でした。

_var_mobile_Media_DCIM_101APPLE_IMG_1162.JPG

現代の様に文明の力が進むにつれ、色々な事が希薄になってしまっているのかもしれませんが、時代劇というのは人と人が思い合うことの真髄を教えてくれる素晴らしい日本の文化だと思います。

この映画が時代を超え、世代を超えて多くの皆さんに届いてくることを願います。