昨日奄美パークにて、夜ネヤ島ンチュリスペクチュ!!が無事終了しました!


昨日は時折雨のぱらつくこともあったけど、大きく崩れることもなく天気にも恵まれました!


僕はカサリンチュと共に、‘アタリンチュ’として出演しました!



タツヒロのギターとコウスケのヒューマンビートボックスに合わせてとい姉の‘サンゴ十五夜’を唄い、‘やめられないとまれない’のイントロのフレーズと奄美のシマ唄‘豊年節’を唄ミックスしたアレンジでお届けしました。




そして最後に、沖永良部高校のエイサー隊の皆さんが僕の‘花’でエイサーを踊ってくれているという話を聞いたので、是非コラボレーションさせていただきたいと思い、素晴らしいコラボレーションが実現しました!


その沖永良部高校エイサー隊の皆さんとのショットです!



みんな本当にいい笑顔で踊ってくれました!


ありがっさまありょたー!


僕はこの夜ネヤ島ンチュリスペクチュ!!には第一回目の時から出演させてもらっていますが、最初は名瀬のライブハウスASIVIで、こじんまりと始まったこのイベント。


それがどんどん大きくなって、10年前、奄美大島本土復帰50周年の時に奄美パークで大々的に行われ、その時にもそのステージに立たせてもらいました。


あれから更に10年。


とい姉の後を追うように、僕もシマ唄を通してたくさんの人たちとの出会いがあり、自分の新しい音楽と出会い、その後カサリンチュがまたシマを拠点にデビューし、そして今回の夜ネヤでは10年前よりも更にシマの若い唄者やミュージシャンもぐっと増えていて、その光景が素晴らしいことだと思いました。


イベントの立役者である麓憲吾さんを中心に、‘若い世代に繋ぐ’ということをモットーに行われた今回のイベントでしたが、各島々の青年団の皆さん総出で忙しい時間をぬってイベントの準備をしたり自分達の余興の練習をしたりしてイベントを盛り上げてくれました。


僕らはその縁の下の力の上に立たせていただいてるんだなぁと思い、またその縁の下の力持ちの姿を若い世代が見て、受け継いでいって欲しいと思います。


各島々の青年団と島の未来を繋ぐ為の本当に素晴らしいイベントでした!


そして!


来月11月16日(土)には、この夜ネヤ島ンチュリスペクチュ!!が、鹿児島キャパルヴォホールで開催されます!


是非鹿児島の皆さん、そして鹿児島に住んでいる島っちゅの皆さんも是非お誘い合わせの上、島の空気を感じに来て下さい!


昨日もイベントの成功を祈ってくれた皆さん、そして来てくれた内地の皆さんも島っちゅの皆さんも素晴らしいひと時を本当にありがっさまありょたー!