皆さん、10月になりましたね!


またも台風の影響で気温が上がったり下がったりな日が続いていますが、今日はまた、一気に寒くなりましたねぇ。


このまま本格的な秋に突入するのかなぁ。


昨日、浮世絵展に行って来ました。



浮世絵と言えば、葛飾北斎や歌川国芳などの絵師が有名ですが、今まで何と無く見たことがあるぐらいでした。


自然の景色や動物、美しい女性などのを描いた真面目な絵ももちろん素晴らしいんですが、面白いなぁと思ったのが、逆


さまに見ても顔に見える絵や江戸時代の政治への風刺、人々の暮らしの中で感じる不条理なことに対して、皮肉に満ちた表現で描かれている絵でした。


江戸時代の人たちの生活の中にごく普通にあったものだったんだなぁと改めて感じました。


そして、この浮世絵が出来るまでの行程を見てみると、その細かい行程を知って、本当に細かい作業を重ねて描かれているんですね!

この浮世絵も、正に日本の素晴らしい文化ですね。