今日放送の家事ヤロウでは、炊飯器と戦いながら、ハンバーグを作ります。勝敗はいかに!

だからってわけじゃないんだけど、昨日は子どもたちにハンバーグを作ってもらいました。

インターネットでレシピを選ぶところから始まり(わたしのレシピではないのである笑)、買い出しリストを書いて、買い物も3人で行かせました。

以降、わたしは調理台の反対側で「絶対に手を出さない」という修行をしておりました。いや、あれは修行だったよ。自分で作るより300倍疲れたよ。

玉ねぎのみじん切りが難しかったようで、もはやざく切りになってて、うまく成形できるかなぁと。でも「あめ色ってどんな色だ?」と議論しながら、3人が交代で根気よく炒めたことで、肉によく馴染んで全く問題なかったし、むしろ玉ねぎの甘みをしっかり感じられる仕上がりに。わたしもこれからはみじん切りにすんのやめよう、と思いました。

はじめ焦がしちゃって、2回目はどうすれば焦げないか話し合って。ひっくり返すところが難しくて時間がかかったんだと気付き、火を止めてからひっくり返す作戦に。2回目はいい焼き加減でできてました。失敗は成功のもとだね。ちなみに末っ子は「焦げたところカリカリでうまい!」ってスーパーポジティブを発揮。

ハンバーグだけじゃさみしい、ってことで、ブロッコリーのオイル蒸しとキノコスープも作ってくれました。どっちも味見で半分ぐらいなくなってたけど。まあいいです、見てるだけで母はおなかいっぱいだったので😇笑

大人から見たら失敗に見えることも、子どもにしたらOKだったりして、そうか、それでもいいのか、って、凝り固まってた頭のカバーが外れて、脳みそに新鮮な風が吹いたよ🤯

ちょっとやけどもしたし、喧嘩もしたし、泣いた人もいました。たのしいばっかりじゃないけど、それは大人も一緒だよね。ただひたすら楽しく作れるようにお膳立てしてあげれば料理好きは育つかもしれないけど、危ないことも大変なこともあるんだって実感とともに料理と向き合ってほしいので、わたしは引き続きスパルタ料理長でいようと思います👹

GW後半、今日は庭でダラダラしよう〜🌴