保育園に迎えに行って、その日の給食のサンプルを見て「こんなにいいもの食べさせてくれたなら、晩ごはん、カンタンなものでいいか…」グラッとくる日、正直結構あります。子どものからだを作り、私の気持ちを軽くし笑、給食って本当ありがたや。国語算数理科社会、どんな勉強にも通じる食の普遍さを考えたら、給食の時間は1日のうちで一番大事な勉強時間、にしていけるはず🤔 …さて、この変な写真は何。何故給食の話なのかと言うと。今月26日、BS朝日で放送する給食甲子園の番組で、ナビゲーターをつとめているからです!番組を通じて、“給食のおばちゃん”でもあり 教員室に席を構える“先生”でもある「栄養教諭」という職業を知りました…私は資格をとってから今まで、仕事を通じてなんとか食育に携わってこれたけど、いよいよ究極の憧れの職業を見つけた感じがしています。小学生といっしょに給食を食べたり(牛乳パックのたたみ方が違うと怒られた笑)、給食甲子園のリポートもしていますので、よかったら見てください!

ちなみに、わたしが一番好きだった給食のメニューは、春雨と肉団子のスープ。ああ懐かし!あとはオーロラゼリー。どこら辺がオーロラなのかは永遠の謎。