皆さん、こんばんは!浅井優平です。


青春高校3年C組の卒業式が先月26日に行なわれて、
本当ならその日の終わりにブログを更新したかったのですが、
何度も書いては消して書いては消して、
を繰り返していたら今日になってしまいました。


嘘くらい誰だって自分だってつきますが、
そしてそれが悪いことだとも思いませんが、、!
今回は嘘なしでいきたいと思います。





青春高校で過ごした3年間、

何をしてきたんだろうって。


心の底から、胸を張って、これをしました!
と言えるものは何ひとつ、してません。残ってません。


同じ生徒やスタッフさん、ファンの方に
注いでもらっていた愛情と同じくらい、こちらが注ぎ込めたとは絶対に言えません。


だから、何を言っても語っても、胡散臭く感じるし、
白けるし、安っぽいのです。

3年間、ありがとうございました。
と同時に、ごめんなさい。

これくらいしか言えません。
この不甲斐なさを死ぬまで引きずってしまうことになるんだろうな、そんな日々を今は送っています。


でも、たられば話を少しさせてもらうと、


"青春高校の4期生は浅井に任せても良い"

と、秋元先生が言ってくれてたよと三宅さんに教えてもらったことがあります。時期で言うと、僕が19歳だった頃です。本当なのか冗談なのかは分かりません。


それを聞いた日に、
帰り道の電車の中で早速、勝手な計画を立て始めました。

青春高校はみんなの居場所です。
だから、ただ単に4期生をどうこうよりも、
今いる生徒と一緒の方が青春高校だと思って、
リーダーをお願いするならば、この生徒かな、、?とか。
偉そうなのですが、、そこから考えました。

...

そして、その計画を誰かに見せることがないまま、
終わりを迎えることになりました。

もしかしたら、初めて青春高校に対して
愛情をコップいっぱいに、溢れかえるくらいに注ぐことができた話だったかもしれません。足を引っ張りまくってふざけるな!と言われていたかもしれません。




浅井くんのこれからが気になると、
ずっと応援してくださっている方に聞かれるたびに
何も答えられない自分がいて。

それがこの3年間での答えだったのかな、、

そんな無力さに襲われました。



そんな自分にも目標はあります。

でも
具体的にこれ!という目標を持ってしまうと、
あくまで僕の場合ですが、、
自分の首を絞めてしまうことになると思ったので...
何より一つのことを極められるほどの能力はないので...



生き方そのものが、
朝ドラなどのドラマ原作にできるような、そんな面白い人生にすることが目標です。

どんなにマイナスなことが起きて、こころが焼け野原になってしまっても、いつかはドラマの素材へと芽吹いてくれると思えば、なんとか生きていける気がするんです。過去のことも現在のことも未来のことも。

だから、目標はこれです。



そんな感じです。


生徒としての最終日は、3月31日?

だとしても、いきなり
もう今日でおしまいです。
と言われたらおしまいになるわけですが...。

もう少しだけ、よろしくお願いします。


卒業後も、なんとか楽しみながら頑張ります。




改めまして、ありがとうございました!



SHxzC9JVJB.jpg