2021.5.16.sun
今日、LOUIS VUITTON & っていう美術展(?)みたいなのに行ってきたんじゃけどさ、そこで思ったんは突き抜けたものは常人には理解できんのだなぁってこと。正直、絵のところはほんとに楽しかってパワーを感じていいなぁ〜って思ったけど、カバンとかトランクとかを見たら、「なんだこれ、これ機能性ないじゃん、」って思うものがあったんよ。
たぶんそこに機能性を求めるべきじゃないと思うんじゃけど、まぁ、常人のぼくには理解できない感じだった。
っていう派生で語ると、ぼくは突き抜けるほどのスペックを持ち合わせとらんのにも関わらず、何故か人に理解されない感覚だったり、考え方を持っとんよね。これはどういう状況なんかいね、自分は突き抜けとんか、それともただの常識はずれの一般Peopleなんか、、?
前者で在りたいんじゃけど、現実そう甘くもないしな〜、と。

急に1人になって帰る電車の中での独り言でした。虚無感に苛まれながらの独り言は後ろ向きな言葉が多い模様。
というわけで、最後にポジティブな独り言をぼそりと残しとくー。
(大学院にいくなら、)海外大の大学院にいきまーす!なんでか?って聞かれたら、そう、突き抜けたいから。ケンブリッジ大学の大学院とか(ぼそり)